« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

「星の王子さま」サン=テグジュペリ,池澤夏樹 訳

 最近読んだ本から。
 子供の頃に、岩波少年文庫版(内藤濯 訳)は読んでいたのだが、最近新訳がいろいろ出たので、集英社文庫版で久々に読んでみた。新訳だからといって、特に大きく印象が変わることはなかったが、子供の頃にも漠然と感じていてその後忘れていたこの本に対する違和感がよみがえってきた。
 たとえば、ヘビに飲み込まれた象の絵を大人に見せても帽子にしか見えなかったけど、王子様にはすぐ分かったという逸話。これを、主人公が基本的に絵が下手であるということと、王子様が特殊な存在であることを示すための逸話として読めば別に構わないのだが、どうもこの「ヘビに飲み込まれた象」が、子供には分かるけど大人には分からないものの象徴として描かれている節があり、それが最初に違和感を覚えた点である。他人に何かを伝えるためには、土台となるなんらかの共通理解が必要である。自分の脳内にある様々な前提が相手にもあるものだと勝手に思い込んでいきなり話し出しても(この場合は絵を見せても)相手に伝わるはずがないのであって、伝わらないのは相手が大人だからではなく、自分が相手の立場を思いやることができない子供だからに過ぎない。それを、理解できない大人の方をつまらない存在であるかのように描く作者のスタンスが、子供心にも好きになれなかったものである。
 また、砂漠で故障した飛行機を必死で修理しており、それを「とても重要なこと」という主人公を「まるで大人みたいな話し方をする」と糾弾する王子様。これなどは、自分勝手な視点でしか物事を捉えることのできない、子供であることのネガティブな側面の典型だと思うのだが、物語はその後、王子様の出会ったカリカチュアライズされた「つまらない大人たち」の描写が続くことで、むしろこの王子様の主張の方が正当であるかのような流れになってしまっている。確かにここに描かれている王様やうぬぼれ男や酔っ払いやビジネスマンはつまらないことばかりを大事にしているつまらない存在だが、それは作者がそのような存在として描いたからであって、ここから読み取れるのは、自分以外の大人をこのような存在としてしか捉えることのできなかった、この作者の悲劇にほかならない。
 私自身、「子供の心を忘れないように生きていたい」と思う。しかし、ここで言う「子供の心」というのは、想像力や、世の中のいろんな物に対する好奇心を失わず、いいものはいいと思い感動する気持ちを忘れず、というようなことであって、身勝手な幼稚さのことではない。この作品が「子供の心を忘れてしまった大人のための寓話」というような評され方をしているのを見ると、それは違うだろうと思う。私がこの作品に対して感じる違和感も、多くはそのような評からくるバイアスによるものかもしれない。
 この本は、「ぼくの星はたくさんの星の中に混じっている。だから、きみはどの星のことも好きになる」という言葉に集約される一期一会の物語として、素直に読むべきなのだろう。それは、大人だから子供だからというようなこととは関係ない。

(我ながら、内容の整理されてない文章だと思うが、とりあえず。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカーの入場と子供たち

 サッカーの試合の選手入場の際に、選手が子供たちと手をつないで出てくるという演出がある。これは、真剣勝負ではあっても、基本的にはフェアでフレンドリーなスポーツのイベントであるという意思表示なのだろうが、私にはどうしても、子供たちを人間の盾にしているようにしか見えない。特に、微妙な関係を抱えた国同士の試合で、国歌の演奏時に子供たちを前に立たせて選手が並んでいるのを見ると、そんな危険な場所に子供たちをさらすんじゃないと怒りを覚える。
 サッカーは戦争だなんて言わないけど、少なくともそんなにフレンドリーなものでもない。子供を演出に使うという悪習だけは、是非やめて欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーカル特集

 昨日聴いた平原綾香と一緒にあと2枚借りていたアルバムを聴く。佐藤竹善の「Okra」と、遅ればせながら(本当に遅ればせながら)本田美奈子の「Amazing Grace」。図らずもボーカル特集となった。まあ秋だしね。

 「Okra」は、多分もう少しHappyな気分の時に聴いたら気持ちいいだろうな、という感じ。去年の引越しで手放してしまったけど、もし車を持っていたら積んでおきたい。竹善は私としては珍しく男性ボーカルで好きなアーチストだが、オリジナルアルバムもいいけど、また塩谷哲とSalt & Sugarでアルバム出してくれないかなあ。

 「Amazing Grace」...たぶん、いわゆるクラッシックの発声とも少し違うのだろうし、もちろん普通のポップスの歌い方でもないけど、まっすぐに磨き上げられたこれはこれで1つの完成形。よく「天使の歌声」と評されているけど、それは彼女の愛すべきキャラクター、前向きさやひたむきさ、暖かさが、その歌声から伝わってくるからだろう。惜しむらくは、ミュージカル曲にありがちな、英語曲に翻訳詞を付けたときの、メロディーと歌詞の微妙なずれが、一番声を聴かせる瞬間に気になってしまうこと...と、ついいつもの癖で批評的な耳で聴いてしまって、「次の作品に期待」ってことはもうないのだとあらためて気付き、せつなくなる。本当にすばらしい才能を失ってしまった。
 タイトル曲のライブ映像とサン・サーンス「白鳥」のPVの入ったDVDも付いていたが、ビデオデッキの調子が悪くビデオに落とせなかった。せっかくだから、これは買うことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カバー曲におけるリハーモナイズ

 平原綾香がユーミンの曲を歌ってるのを聴いて、気になっていたので、カバーアルバム「From To」をレンタルしてきた。彼女が出てきた当初は、この声と息遣いは心地良いけどなんかズルいっていう、へんな引っ掛かりがあったのだが、今は素直に「やっぱりいいものはいい」と受け入れている。本作はカバーということで、アレンジの問題もあり、繰り返し聴きたい曲とそうでない曲に分かれてしまったが、1曲目のユーミンの「晩夏(ひとりの季節)」とかは非常によい。彼女の丁寧な歌い方がユーミン(荒井由実)の世界とフィットしているのだろう。

 さて、その「アレンジの問題」についてだが、カバーの場合、必ず元曲のアレンジをどこまでフォローするかという問題と直面することになる。有名な曲の特徴的なイントロや間奏等が完全に曲の一部として認識されていて、カバーされた時にそこに違うパターンが来ると、違和感を覚えて醒めてしまうということはよくあるが、それはカバーである以上はある程度仕方がないだろう。(もちろん、元のパターンとどちらがオリジナルかということを度外視して比較した時、あまりにもデグレードするようなら、元のアレンジを採用してほしいとは思うが...。)また、リズムアレンジを全く別の物にするような場合は、そもそもそういう趣旨のカバーだと考えればいいだけである。ただ、いつもこれはどうしても許せないと思ってしまうのは、コード進行との組合せによって形成されているメロディーの持つストーリー性や起承転結を台なしにするような、無理なリハーモナイズ(メロディーに対して別のコード進行を当てはめること)である。もちろん、例えば単純なII→V7→Iの進行のドミナント7thを裏コードに変えて一瞬ジャジーな感じを出すとかいう程度の、コードの流れは変えないようなリハーモナイズならいいのだが、元の曲のメロディー(+コード)の流れの中で起承転結の「転」に相当するような「感情の動き」が表現されているような部分にトニック系のコードを置いて落ち着かせてしまうようなリハーモナイズをされてしまうと、ガクッときてしまう。それでは、いくらメロディーはもとのままでも、作曲者は「オレはそんな曲を書いた覚えはない」と思うだろう。元曲が完成度の高い名曲であればなおさら、このような、別の機能のコードを持ってくるようなリハーモナイズが奏効する可能性はほとんどない。もっと言えば、メロディー+コードの感情の流れに合わせて歌詞もついているはずであり、その組合せによる効果も破壊してしまうことになる。
 作曲の領域とアレンジの領域との線引きは非常にあいまいなものではあるが、その曲を口ずさんだ時には、実際にはメロディーだけではなく、頭の中ではコード進行によって色付けされたメロディーが鳴っているのであり、少なくともその色付けに相当するコード進行のキモの部分だけは、メロディーに属する部分として大切にして欲しい、と思うのである。今回のアルバムでも、いくつか「アチャー」というような部分に出くわしてしまった。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

南千住のモノリス

051119
 閉館間際のフィットネスクラブをジム付きサウナとして利用したあと、空を見上げると、南千住にそびえ立つ3棟の高層マンションがなんとも唐突な存在感を醸し出している。これで停電にでもなったら、まさにモノリス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北斎展

051116_1 外の陽射しがあまりにも気持ち良さそうだったので、仕事を放り出して上野公園に出かけた。美術館や博物館が立ち並ぶエリアに自転車で行けるという地の利を活かさない手はないので、開催されている特別展はなるべく見に行こうと思っているのだが、多忙な時期のあとジム通いを始めたこともあり、しばらくご無沙汰していたのである。公園の並木も、もうすっかり秋深しという風情である。
 今日は、何も下調べもせずに出かけたので、公園内の看板を物色する。東京都美術館では「プーシキン美術館展」をやっていたが、西洋絵画を見たい気分ではなかったので却下。国際子ども図書館という所でやっている国際絵本原画コンクール入賞作品展には非常に魅かれたのだが、残念ながら第3水曜日はちょうど休館日。この「国際子ども図書館」という存在自体にも興味があるので、次回は是非行かねば。
 というわけで、本日のコースは東京国立博物館の「北斎展」に決定。

051116_2 なんなのだろう、この圧倒的なバイタリティは。人気浮世絵師というのは、当時としては大衆娯楽の中心にいるスーパースターだったのだろうが、すごいのは90歳で没するまで約70年もの長き間第一線で活躍し続けたこと。木版画である浮世絵の原画を描く絵師であり、肉筆画を描く画家であり、イラストレーターであり、漫画家であり、プロデューサーでもあった。世俗の真っ只中で磨き続けた芸風はポップなセンスに満ちあふれており、大胆かつ繊細でヴィヴィッドな感性も、また技術的にも、齢を重ねる毎に枯れるどころかパワーアップし続けてている。「画狂老人卍」という画号を用いた最晩年の肉筆画は本当に素晴らしい。
 今回一番気に入ったのは、その最晩年の「柳に烏図」という肉筆画。風になびく柳の枝に、風の中を舞う14羽の烏を流れるように配した大胆な構図。画題からしてモノトーンな色彩だけに、なおさらその構図の素晴らしさが際立っており、絵の前に立ったときはそこから何か異世界が沸き立ってくるような錯覚を覚え、しばらく動けなかった。もちろん、構図だけでなく、ディテイルを描く繊細な筆致も素晴らしい。この作品は今回初公開らしいが、これを見られただけでも行った甲斐があった。
 晩年になっても、自らまだ成長過程であると言い続け、その通り「まだその先が見たい」と思わせるような作品を死ぬまで作り続けた北斎。この希代の大天才とは比べるべくもないが、生きていく限りは、生臭く欲を持って生きていきたい、そういう思いを充電させられた、そんな展覧会であった。

 ちなみに、今回は、出展数も非常に多く、また人気が高く入場者数も多いため、全部見るのには結構時間がかかり、夕べから寝ていなかった身には正直きつかった。これから見に行かれる方は、時間と体力の余裕のある状態で臨むことをお勧めする。なお、展示会場は大きく2つのブロックに分かれており、私は年代順の後半から先に見た。初期の作品は習作期であり、どちらかというと後半の方が面白いのだが、どうしても展示の最初の部分が一番人の流れが滞る傾向にあるので、そこで無駄に疲れてしまう前に、「富嶽三十六景」や最晩年の作品群を含む後半を先に見たのは正解であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使えない津波予報ページ

 さっき地震があったので、テレビやネットで情報の伝達の様子を観察してみた。特に今回は広範囲に渡って同程度の震度ということで、明らかに震源が海底だったので、津波情報を気にして見ていたのだが、非常に不安になったのが気象庁HP。
 地震があったのは6:39頃で、太平洋沿岸部に津波注意報が6:47頃に気象庁から発表されたらしく、TVやYahooのページではすぐに情報が流れたのだが、肝心の気象庁のHPの津波情報のページでは、「現在、津波警報・注意報を発表していません」という表示のまま、いつまでたっても更新されない。岩手や宮城では7:10頃、北海道でも7:30頃が津波到達予想時刻になっていたのだが、結局7:30を過ぎても気象庁のページでは情報を表示しないままであった。
 気象庁がネットで災害情報として公開している以上、実際の災害で役に立たないということは許されない。いつ起こるかわからない地震の情報なのだから、当然24時間態勢で情報が流せるようになっていないといけないはずである。今回は実際には被害が出るような規模の地震ではなかったので、あまり問題にされないかも知れないが、これはあり得べからざる大失態である。リアルタイムで情報を更新する能力がないなら、Yahooの津波情報へのリンクでも置いとく方がよっぽどまし。
 日本の地震や津波に関する情報伝達システムは、世界的にも最高水準みたいなことが言われているが、こういうボロを見せられると、本当の大震災が来た時に何が起こるか、不安でならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント受け付けについて

 ブログの開設にあたり、「記事は全て独り言であり、記事の内容について議論をするつもりはない。ブログを不特定多数の人々との相互交流の場にするつもりはない」ということを基本方針として、コメントは受け付けない設定にし、トラックバックも積極的には活用はしないようにしていた。理由はいろいろあるが、第1には、時間に余裕のある時期と忙しい時期の落差が極端で、忙しい時期というのがコンペ等の形で突然やってくるという生活をしており、余裕のある時期も本当は自分としてやらないといけないと思っていることは沢山抱えているので、コメントをもらってもレスを書く余裕がない可能性は非常に高く、レスする気がないのにコメントを受け付けるのは逆に失礼かなと考えたということがある。また、ネット社会のネガティブな側面として、相手の顔が見えない状態でのコミュニケーションの持つリスクというものを、パソコン通信時代からいろいろな形で目の当たりにしてきたというのも、理由の1つである。これは、相手が完全に匿名の場合も、相手が知りあいの場合も、それぞれ違う形で存在するリスクである。
 とは言っても、せっかくブログを見に来てくれた知人の方々に対し、「見たよ」と一言残す手段も提供しないというのも、あまりに不愛想な気もしてきたので、とりあえず今後の記事についてはコメントを受け付ける設定に変更することにした。何か不都合が生じたらその時点で受け付けをやめることを前提に。別途ゲストブックを設置するという手もあるのだろうが、ブログを導入した時点で「手間をかけずに提供されているサービスの範囲で運用する」ということも基本方針の1つとなっているので、そこまではしない。
 まあ、実際にはほとんどがスパム業者からのコメントになるような気もするが(苦笑)。

 というわけで、この記事を読んだ友人・知人の皆さん、気が向いたら、どなたが書いたか判るようなサインとともに一言コメントを残して頂けると嬉しいです。(こちらからのレスが付く保証はできませんが...) こちらのメールアドレスを知っている方であれば、メールでもOK。
 ブログで双方向の会話を積極的にやるつもりはないけど、知りあいに対して「こちらは元気でやってます」ということを伝えるということは目的の1つだと思っているので、時々はそれが伝わってることを教えてもらえると嬉しいのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

追悼

 アイドル時代に特別にファンだったわけでもない。ミュージカルを見に行ったわけでもない。知っているのは、「ミス・サイゴン」で主役の座を射止め、アイドルから本格ミュージカル女優に転身して、高い評価を得るようになったことや、今年に入ってから闘病生活を続けていたこと、そういったワイドショー等で誰でも知っていることだけである。それでも、彼女のその生きてきた軌跡の一端に触れただけで、激しく心が揺さぶられるのはなぜだろう。全てを懸けて打ち込めることを見いだし、その場所にいるべき者として選ばれる人は、決して多くない。そのような存在でありたいと願い、夢を追い求めるものはいくらでもいる。途半ばにして自らあきらめる者、あきらめきれない夢をくすぶらせ続ける者、届きそうで届かない夢のために心がくじけそうになっている者、そういう者たちにとって、選ばれた存在は、嫉妬の対象である以上に、いつまでも輝き続けて欲しい存在であるはずである。彼女はミュージカルという世界で選ばれた存在になった。アイドルの座を投げ捨てて自分の本当に輝ける場所をつかみとったというストーリーと共に、だれもが彼女がこれからもミュージカルの世界で選ばれた存在であり続けると信じていた。このような形で神話になってもらいたくはなかった。
 以前から気になる人ではあった。ただ、ミュージカルという物自体ほとんど見たことがなかったので、彼女の闘病のニュースを聞いたときは、復帰したら是非生でその歌声に触れに行こうと思っていた。いくら映像を見ても、CDを聴いても、同じ空気を共有してその歌声を聴くことはもう叶わない。
 神というものがいるなら、それはどこまで残酷な存在なのか、こんなときはいつもそう思ってしまう。本田美奈子さん、私より若かったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉狩りは釣瓶落としで一期一会

 金曜日に、仕事が少し一段落して、天気もよさそうだったので、ふと思い立って紅葉狩りに出かけることにした。前日夜にYahooの紅葉情報を調べたのだが、東京では「紅葉見ごろ」はまだなく、箱根は遠いし、日光は今年一度行っているので、行き先は秩父の「浦山ダム周辺」という所に決定。聞いたこともない地名だが、秩父の音楽寺や長瀞には行ったことがあり、その近辺らしい。

 できるだけ早く出かけたかったのだが、例によってずれた生活時間は回復せず、徹夜もしたくないが、早く寝ないとまずいと思えば思うほど眠れなくなるというある種持病の不眠症も相変わらずで、結局ちょっとだけ睡眠をとってから部屋を出られるようになったのは午後1時すぎ。行き先の最寄り駅は、秩父鉄道の浦山口駅だが、i-modeの乗換案内で調べたら、15:55には到着することになっていたので、日のあるうちに少しは見て回れるかなと思い、決行することにした。
 ところが、出発駅についた時に、パスネットカードとSUICAを忘れてきたことに気付き、なんとなく初っぱなからいやーな予感。財布は持っていたので別に問題はないと思っていたのだが、これが大きな落とし穴であった。上野で地下鉄からJR高崎線に乗り換えた時、切符を買う時間のタッチの差で乗換案内で見た便に乗り遅れ、経路を再検索したら、浦山口駅到着はいきなり40分も遅くなり16:35という表示。日没に間に合うかどうかも微妙な時間に。それでも、もう熊谷までの切符は買ってしまったし(これもSUICA忘れたせいだ)、いまさら引き返す気にもなれず、電車でのんびりと読書するのもいいかと思い直して、そのまま乗車。

 熊谷駅で下車したのは、学生時代のバンド仲間の家にお邪魔した時以来記憶がなく、もしそうなら約20年ぶりである。当時はまだ上越新幹線が開通したばかりだったはずなので、それから随分様変わりはしたのだろうが、残念ながらあまり覚えていない。ただ、まだ新しい新幹線の高架の生々しい感じだけが印象に残っている。
 熊谷からは単線の秩父鉄道に乗り換え。上野でのタッチの差で到着予定時刻が大幅に遅くなったのは、この秩父鉄道の運行間隔がまさに40分空いていたためであった。15:16発の電車に乗ると、ここから景色は一気に田舎モード。当初到着予定だった15:55には既に随分日は傾いており、そこからまさに釣瓶落とし。16:15頃には時折山に日が隠れるようになり、浦山口の直前の秩父あたりで完全に日没。途中の窓からの景色でも紅葉が見られるということもなく、この時点で完全にテンション急降下。

051106_1 浦山口駅は、前後の線路も山中に架けられた橋を走っている、まさに山の中にぽつんとあるような感じの駅。昼間であれば印象も違ったのかもしれないが、紅葉狩りや、夏場に近所のキャンプ場を訪れる以外は、地元の顔見知りの人たちしか利用しないような駅である。こんな平日の夕方にやってきて改札前にある案内図を眺めている自分の姿が、ひどく場違いに思える。駅は周りより高い場所にあるので、地図を見てダムに近づく方向に降りていくと、いきなり民家同士の塀と塀に挟まれた幅1メートルもないような歩道に入り込む。どうやら地元民以外は反対側に降りるのが正解だったらしい。写真は駅から見下ろした集落。行き止まりだったらどうしようとビクビクしながら歩くと、車道に出て一安心。まだ日没後間もない時間だったので、なんとか明るいうちにダムの周辺にたどり着こうと歩き出す。

051106_2051106_3 このあたりは浦山ダムの下流にあたり、道のすぐ横は、ダムが放水すると水位が上がるような渓谷になっている。川岸まで行きたかったが、私有地らしく入り込めず。ダムを下から望むポイントに橋がかかっており、ここが一つの景観ポイントらしいが、思ったより紅葉も少ない。おそらく、ダム湖である秩父さくら湖の周囲に、もっと見ごろの紅葉があるのだろうが、この時点でかなり薄暗くなっており、ヘアピンカーブの道には峠を攻めているようなバイクも見かけたりと、一人で歩くにはかなり心細い状況になっていたので、ダムの上まで行くのは断念し、とりあえずこの場所で、紅葉狩りにきたという体の写真を携帯で何枚か撮影。明るさは勝手に補正されているので、実際の印象はもっと夕やみに近い感じであった。結局このポイントだけ眺めて帰路につくこととなった。

 駅へ戻る道が分からないのではないかと不安だったが、あたりが闇に包まれ始める中、駅の明かりは見過ごすべくも無かった。駅に戻ったのは17:10頃。結局、約35分の短く心細い観光であった。浦山口に最初に到着した時点で帰りの電車の時間を一応確認したつもりだったのだが、どうやら休日ダイヤを見ていたらしく、電車は17:05に出たばかりで、次の電車は17:40。駅に帰り着いた時、駅には、ただ一人の駅員さん(=駅長さん)と地元の人が改札の前で2人で立ち話をしているだけで他には誰もおらず、まだ電車が来るまで30分もあるのに無人のホームに入るのもなんなので、少し離れた所に腰を下ろして所在なく本を開いていると、そのうち地元の人も帰って行った。
 場違いな感じの自分と駅長さんだけが残されて、話しかけるタイミングも微妙に逃し、勝手に気まずくなっていると、東京方面に帰るらしい若い客2人が現れた。正直救われたような気分になって、それをきっかけに改札を通り、駅長さんに話しかけようとしたら、逆に駅長さんの方から「コーヒー飲みませんか」と声をかけてくれた。こちらの所在なげな感じはお見通しだったようである。「一人で飲むのも味気ないから」と、少しくたびれた紙コップにインスタントコーヒーを入れてくれて、「このコップは洗って使うから、捨てないで下さいね」というのも、この場所では極あたりまえの作法に感じられる。私はと言えば、変な時間に現れた観光客という照れから「せっかくだから紅葉を見ようと足を延ばしたのだけど、電車1本乗り遅れたら、日没に間に合わなくて…」等と言わずもがなの言い訳をしつつも、この1杯のコーヒーのおかげで、最初でつまずいた今回の小旅行がちょっといい想い出になったなあと感じていた。電車に乗る時に、感謝の気持ちでもう一度頭を下げたら、駅長さんはこちらに敬礼を返してくれた。一期一会。

 帰りは、御花畑駅(すごい名前である)で座席指定の西武線特急に乗り換え(西武線の駅は西武秩父)、池袋経由で帰宅。都会の明るい夜に慣れた身としては、浦山口駅にいる時点ですっかり夜中の気分になっていたのだが、3時間ぐらいかけて帰宅すると都会の時間軸に戻り、それからまだジムに出かけて一汗流すだけの時間が残されていたというのが、なんとも不思議な感じである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »