« 年の瀬 | トップページ | 歌のチカラ »

特例って何?

 レースが始まってしまってからルールを変えるなんてことが許されるわけがない。そんな当たり前のことに気付かないふりをして世論をあおる愚かなマスコミは許し難い。
 誤解のないように言っておくと、私は浅田真央選手のファンである。世間がミキティフィーバーで盛り上がっている中、たしかフジテレビあたりがずっと浅田真央のことを追いかけていて、それを見てとんでもない天才がいるなと思っていたのだが、案の定彼女は一気にトップに上り詰めた。もちろん、今度のオリンピックには年齢制限に満たずに出られないという話を知って、大変残念に思ったものである。でも、残念に思うことと、前のオリンピックの直後からとっくに始まっている選考レースの途中で「特例を認めろ」などという暴論を吐くのとは、全く次元の違う話である。「年齢制限は根拠がないから撤廃すべきだ」という議論ならまだわかる。年齢制限の存在は容認した上で「特例」というのであれば、次は当然「何歳からなら特例が認められるのか」という議論になるのであって、結局それはルールを変えろと言っているのと同じである。
 今回の件でなおさら腹立たしいのは、本人は「今回は出られないんだ。ふーん」というぐらいに受け止めていたものを、本人の気持ちを全く無視したマスコミが「同情」という押しつけがましい言葉を使って、無理やりストーリーを作ろうとしていることである。確かに、このルールの狭間に出現してしまった超新星にとって、もしかしたら今後のキャリアの中でも一番いい時期のオリンピックに出られないということは、客観的に見て理不尽なことかも知れない。でも、それを言ったら、オリンピックが4年に1回しかないことで同様の理不尽さを味わっている選手も数多くいるのである。それよりも、今はむしろそのルールによって、選考のプレッシャーのかからないところでオリンピック以外のタイトルを総なめにするという伝説を作る特権が彼女に与えられているのだから、余計なことを考えずに天真爛漫に天才ぶりを発揮できる環境を守ってやるのが彼女のためでもあろう。もちろん、彼女もいつかはそのプレッシャーと対峙しなければならない時期は来るのだろうが、それは今である必要はなかったはずである。マスコミの過剰な報道によって、筋違いのプレッシャーを彼女が受けているとすれば、それこそ彼女にとって理不尽なことではないか。
 なんだか、世論だけには敏感な一国の首相までもが無責任な発言を始めたようなので...。この暗い世相の中、数少ない明るい存在である天才少女の話題を、大人たちの利害にまみれたどす黒い話におとしめるのだけはやめてほしいものである。

|

« 年の瀬 | トップページ | 歌のチカラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/7708625

この記事へのトラックバック一覧です: 特例って何?:

« 年の瀬 | トップページ | 歌のチカラ »