« 祝日ぅ? | トップページ | 今年を振り返る(副題:ねんまつつまんね) »

マイメロで号泣(^^;

 先ほど、ようやく今日締切の曲を提出してきた。今回はなぜかmp3ではなくCDで寄越せということだったので、今朝までアレンジやってた私としては、当然ハンドキャリー。事務所のそばのavexのビルがバブリーなクリスマス仕様になってるのを見て、思わずため息。もう26日か〜。
 今年は仕事に追われて、クリスマス当日はそれらしいことは何もなかったなと思い返したら、1つだけあった。縁あって少しだけお手伝いさせてもらった関係で思わずはまってしまい、最近は欠かさず見るようになっている日曜朝のマイメロだが、昨日も仕事の合間(というよりも、朝まで仕事して仮眠をとる前のひととき)に見始めたら、クリスマス仕様の人情話が本当に丁寧に作られていて、意表を突かれて年甲斐もなく涙腺だだもれ状態になってしまったのである。いや、歳だからこそ涙腺が緩んでいるのかもしれんが。
 他のアニメをそんなに見ているわけではないので、比べるのは失礼かもしれないが、この番組を見ていると、本当にスタッフの作品に対する愛情とこだわりを感じる。今回のような感動話であってもギャグの要素にも手を抜かず、両方の要素がバランスよく相乗効果となるような演出も徹底しているし、毎回ちりばめられている小ネタも、過去の回の話を伏線として知っていると全てが物語世界の中で繋がって、笑いも涙も増幅されるっていうしっかりした作りになっている。(もちろん基本はコメディなので、通常の回は「笑い」がメインなのだけど。) そして、今回はまさにその集大成という感じで、初めて見た人にも普通にいい話として観られるけど、回を重ねて観てきた者にとっては、ほとんどこの回のためだけにずっと前から(ギャグの合間に)積み重ねられてきた伏線が全て機能して、大笑いしながら号泣というエンターテインメントとしては最高の成果を挙げたのである。
 そもそも、曲のコンペに参加しなければ、そして、紆余曲折の結果作詞で参加という縁がなければ、日曜の朝の番組など目にすることすらなかったかもしれないのに、しっかり全ての設定を理解してた上で、登場人物(&登場異生物)への感情移入ができる状態でこの回を観ることができたということは、一つの自分へのご褒美として受け取らせて頂きましょう。1年の締めくくりにいい物を見せていただきました。すばらしい番組スタッフに感謝。
 もちろん、挿入曲を使ったすばらしい演出を見ながら、「そこで自分の曲が流れていればいいのに」という黒い夢のオーラ(←今回のを見た人にはわかるネタ)は出しまくっていたのだが(爆)。
 ちなみに、今日作品を提出したコンペも、他のアニメがらみ。アニメ関係以外の曲も書きたいとは思うが、今はこういう流れなら、まずはここでなんとか成果を出さねば。(悪夢魔法に頼ることなく(笑))

|

« 祝日ぅ? | トップページ | 今年を振り返る(副題:ねんまつつまんね) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/7849962

この記事へのトラックバック一覧です: マイメロで号泣(^^;:

» おねがいマイメロディ・第39話 [アニメ批評空間 (AnimeScape)]
「お母さんに会えたらイイナ!」  スタッフの皆様、今回はクリスマスに相応しい感動的な作品を創って頂き有難う御座いました。視聴中は最初から最後まで琴に感情移入して [続きを読む]

受信: 2005.12.26 19:01

« 祝日ぅ? | トップページ | 今年を振り返る(副題:ねんまつつまんね) »