« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

一歩踏み出すということ。

 仕事の資料で必要だったので、とある声優さんのアルバムを借りたついでに、声優つながり(?)で坂本真綾の新譜(といっても去年の秋に出た)「夕凪LOOP」を借りてきた。
 坂本真綾の声優としての仕事は実はよく知らず、スターウォーズでお姫さま役をやってたというぐらいの認識しかないのだが、「マメシバ」という曲に出会ってから、菅野よう子氏の楽曲とともに、彼女の歌声のファンになった。この曲と、この曲の入ってる「Lucy」というアルバムは、未だにここ数年の私にとってのベストソング、ベストアルバムの座に君臨している。(それはそれで少し困ったことなのだけど。)
 そこで、今回のアルバムなのだが、なにげなく聴き始めて「あれっ」と思った。なにか引っ掛かりがないというか、さらっと流れてしまう感じ。もしやと思い、クレジットを確認したら、案の定菅野よう子の名前がなかった。
 そう、デビュー以来このコンビで素晴らしい作品を作り続けてきたとはいえ、いつまでもお互いを縛りあって同じ場所で作品を作り続けるわけにはいかない。特に、坂本真綾にとってはデビュー以来菅野よう子プロデュースの世界しか知らずに来たのだから、菅野氏から独立して次のステップに踏み出すというのは、どうしても必要なプロセスである。ただ、当然そこには産みの苦しみがある。今はその試行錯誤の時期なのだろう。このまま薄められたままの状態で終わるのではなく、数年後にはまた新たな形で濃密な世界を作り上げてくれれば、と思う。もちろん、前いた場所で一つの仕事をやり遂げたからこそ「一歩踏み出す」という言い方になるのであって、単純に「飽きたから次」というのとは意味が違う。
 ファンにとっては、以前の作品もこれからの作品も同等に存在しているので、アーチストといっしょに次のステップに踏み出す必要は必ずしもないのだけど、好きなアーチストと歩む時間軸がずれていくのは少し淋しいものである。思い起こせば今までも何度となく同じような感覚を味わってきた気がする。epoがポップ路線をやめた時も、今井美樹が布袋プロデュースになってしまった時も、露崎春女がいつのまにかLyricoになっていた時も。といっても、逆に自分の方の変化で聴かなくなるアーチストもいるのだし、関係性が移ろっていくからこそまた新たな出会いもある。

 ただ、今は、その新たな出会い、アンテナに引っ掛かって「こいつ好き!」と思うような新しい音楽に出会うことが、めっきり少なくなってしまったことが悩ましかったりもするのだが、それはまた別の話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

711の謎

060128 前から思っていたのだが、セブンイレブンの品揃えってなぜか超定番アイテムが欠けていることが多い。

1.粒あんのあんパンがない。
 あんパンもあんドーナツもなぜかこしあん。小倉あんのあんパンは、5個入りミニあんパンしか置いてない。粒あんのつもりで食べたらこしあんだった時には致命的な精神的ダメージを受けてしまうほどの粒あん派の私としては、これは実に許しがたい。

2.オレンジジュースがない。
 でかいペットボトルのなっちゃんとかはあるのだが、500mlサイズのペットボトルや、DoleやTropicanaの小さい紙パックのものが全然置いてないのである。(たまにポンジュースの500mlPETがあるぐらい。)そのかわり、野菜ジュースはやたら置いてある。定番のジュースと言えばまずはオレンジジュースでしょう。

3.日清焼きそばUFOがない。
 たまに置いてあることもあるようだけど、基本的にはない。別に好きとか嫌いとかいう話を超えて、これぞまさに定番でしょう。かといって、特殊な新製品ばかり置いてあるのかと思うと、ペヤングは常備してあったりする。学生時代一時期ペヤング派だったこともあるが、そもそもたまにしかカップ麺など食べない今となっては、とにかく定番を食いたいのである。

 これは、全て以前住んでいたところのセブンイレブンでもあった傾向。その店だけかと思っていたが、今の近所のセブンイレブンでも状況は同じみたいである。あと、サンドイッチ類が全部マヨネーズ系だったり、どうも納得のいかないことが多い。もちろん他のコンビニもいろいろ一長一短あるのだけど。今は最寄りのコンビニはサンクスで次がローソンなので、セブンイレブンには時々しかいかないが、たまに行って「明日の朝食用にオレンジジュース買おう」と思って置いてないことを思い出すと、イラっとするのである。
 一応業界最大手なんだから、定番は外さないでくれい。

 ちなみに写真は本文とはあまり関係ない(買ったのはセブンイレブンだけど)。願いが叶うとイイナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放置プレイ

 先程愕然としたこと。
 iMacのスリープを解除しようとしたら、実は画面がスリープしてただけで、中からソフトウェアアップデート後の「再起動してください」ウィンドウが出てきたこと。しかも8日前の...。ずっと待ってたのね...

 というわけで、今日(というかもう昨日か)の昼にようやく原稿の締切をクリアし、?日ぶりに風呂入って寝て、夕方起き出してジム行ってリセットかけて帰ってきて部屋の散らかりように茫然として、その後が上記の出来事である。
 うちには、稼働中のパソコンが2台あり、一つは白弁当箱iBookで、もう一つが上記雪見大福iMacである。基本的に原稿書き系の仕事はもっぱらiBookの方で、iMacは音楽関係メインで使っており、普段のメールその他はほとんどiBookの方なので、音楽以外の仕事で缶詰めの時はiMacには触れなくなってしまうのである。iMacはステレオにも繋がっていて、音楽聞くだけでも使うのだが、へたに自分で音楽やってる分、仕事中に曲かけるとそっちに気をとられてBGMになってくれないので、本当に切迫してる時は、全く音楽も聞かなくなってしまう。それにしても8日間とは...。今回の沈降は長かった。9月のDVDの仕事の時以来の深さか。予備校の方の仕事はこれから佳境だし、曲の方の仕事も中途半端にだらだらと入ってきてるし、今は一瞬水面に上がって酸素吸ってるだけで、当分は潜行状態が基本の生活が続く。
 とりあえず、次回浮上時に遊んでくれる人募集。

...それはそうと、冷蔵庫の野菜室の状況を見るのが怖い...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小春日和

 なんとか、年賀状も来た分だけは書き終えて、一瞬肩の荷がおりた感じ。外も久々の小春日和でどこかに出かけたい気分だが、まだ肝心な仕事がこれからなので、とりあえずさっと汗を流しに行ってから、あと2日がんばって、怪しいコンペの曲を書かねば。
 しかし、年賀状書いてると、今度会おうと言っておきながら1年以上会ってない人がいっぱいいることに気付く。この年になると家庭を持っている人が多いので、仕事での付きあいでもない限り特に理由もなく飲もうなんてことがなかなかできなくなってしまう上に、会社勤めの人とはどうしてもタイミングが合わないので、淋しい限りだが、こういう人間ほどもっとマメさを持たないといかんのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと一山

 某専門予備校方面の仕事が昨日やっと一山越えた。が、実は13山連続でやってくる大波の2つ目をようやく越えたのでしかない。模試が毎年もろもろ含め13本あり、その問題&解説セットを期限までに仕上げるという仕事を約半年の間平均して2週間に1本のペースでこなしていかないといけないのである。仕事の量としては、1日8時間土日なしで毎日働いても厳しいぐらい。しかしながら、自分としてはこちらはあくまでも副業と考えているので、作曲のコンペの話がきたらその合間になんとか時間を捻出してこなすことになる。今も来週火曜締切のコンペを抱えているが、昨日までは一切時間がとれなかったので、これから着手して、なんとか間に合わせたらすぐに次の模試の作成を1週間でやらないといけない。自分では勝手に副業と考えているとはいえ、それで責任が軽くなるわけではないので、当然締切を死守し、かつ仕事の品質を落とさない責務がある。結局最後には睡眠時間を削って飯を食う時間も風呂に入る時間も惜しんでという悲惨な状況になるのである。まあこれは曲の締切の時も同じなのだが、どうしても両方をこなすのが不可能な状況になれば、曲のコンペの方を捨てざるを得ないというのが、今の自分の立場。絶対的な締切が存在し、前から予定がわかっている模試の方の仕事を、せめて全体として2週間でも前倒しできていれば、突然の曲のコンペの割り込みが入っても多少は調整がきくのだが、自分の力だけで仕事を前倒しで進めることもできず、こんな特殊事情を抱えているのは当然自分だけなので、結局今年もスケジュールに一切のマージンのない状態でシーズンに突入してしまった。

 んで、なんでいまさらこんなことを愚痴っているかというと、今年もまたこの時期になって年賀状が出せていないのである。去年は、引越し直後で住所変更通知も兼ねて出す予定だったのが、結局最後まで暇がなく、修羅場の半年が終了した夏になって暑中見舞兼住所変更のハガキを出していた。が、さすがに毎年こんな不義理をしていてはマズイ。というわけで、コンペの曲作りと、年賀状制作と、どっちを優先するかというジレンマを抱えているのだ。年賀状のデザインも、帰省した時に桜島の写真でも撮ってと思っていたのだが、あいにくの天候でめでたい感じの絵柄になりそうな素材はゲットできなかったし。さて困った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脂肪遊戯

 ...って、それいつの時代のオヤジギャグだ?

 徹夜明けの最悪のコンディションで帰省して、そのまま普段の倍以上の量の夕食を摂らされて、翌日(親戚一同で桜島の国民宿舎で一泊)の移動中には寝不足と食いすぎのせいで思いっきり車酔いしてゲ○は吐くは、夜は実はここでこそ必要だった耳栓(理由はご賢察を)を持っておらず、まんじりともしないまま朝を迎えるはで、えらい騒ぎの三泊四日。少なくとも摂取したカロリー数はとんでもないことになっていたはずなので、東京に戻ると同時に、とるものもとりあえずジムに行って身体動かしてから、おそるおそるジムの体重計に乗ったら、意外なことに帰省前よりほんの少し減っていた。まあ、体調崩した分、吸収されなかったのだろうと思い、一旦はほっとしたのだが、帰宅してあらためてTANITAの体脂肪率計付き体重計に乗ってみると...え?...体脂肪率が帰省前より6%も増えてる...。
 これは何かの間違いだ。そうだきっと電極に触れている足の裏が乾燥しているせいだろう。足をお湯で戻してから乗ってみた。やっぱり変わらない。しばらく時間をあけてまた乗ってみた。やっぱり変わらない。この数字だけ見ると、完全に肥満体の領域。
 嘘だと言って。夢だと言って。幻だよと...。(涙)

 実際のところ、このTANITAの体重計は時々不可解な体脂肪率を表示するのであまり信じてはいないのだが、不健康な生活でせっかく今まで積み上げてきた物が一気にダメージを受けたのも確かである。また1から絞り直しか。嗚呼無間地獄。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬晴れ

溝辺の鹿児島空港から見た霧島・高千穂峰。7iw7iush0020_i.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪化粧

桜島行きフェリーにて6qn6qjsh0008_i.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京地方天候曇り

羽田にて。
いや、単にモブログしたかっただけだけど。
空港で鴨汁うどん食って、これから出発。6qe6qdsh0003_i.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮眠ぐすーん

 あ゛〜、ちょっとでいいから仮眠取りてぇ。1時間後に確実に起きられるなら。今寝てしまうと、起きたらきっと飛行機に間に合わない時間。だからって早めに空港行っても疲れるだけだし。
 そう、これから空路鹿児島(=実家)なのである。毎度のことながら、なんで帰省する時期は必ず仕事の修羅場と重なるねん。今回も徹夜明け&お仕事持ち帰り。チケットの都合で無駄に3泊もすることになってしまったのも痛い。
 いつでもどこでもサッと仮眠を取ってサッと起きられる人がうらやましい。私には睡眠をコントロールするという能力が根本的に欠落しているのである。唯一できるのは、寝るのを無理やり我慢することだけ。
 まあ、さすがに飛行機では少しは寝られるだろう、この眠さなら。そうだ、耳栓を忘れないようにせねば。最凶子供連れ田舎者が回りにいませんように。前の席の奴がむりやりシートを倒してきませんように。現代の成人男性の体格にとって、シートのリクライニングなんてそもそも無理。前の客がシートを倒してきた狭い席で、そうでない席となぜ同じ料金を払わにゃならんのか、ワシは未だに理解できんぞい。
 さて、そろそろ出かける準備をするか。ふわあぁぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お雑煮

060101
 年越し蕎麦食って、雑煮を食う。これで、日本人の年末年始の3大責務のうちの2つは果たした。あと一つは年賀状だが、帰省中に作成して帰京してから印刷&宛名書きということでご勘弁。(大掃除は?とか初詣は?というツッコミはこの際なしということで。)
 夕べの年越し蕎麦は、お惣菜のイカ天とエビ天を豪華にトッピング。肝心の蕎麦が、いつもの乾麺ではなく生麺を買ってきたら、「細く長く」ではなく、やたら太めでコシがなく短くブチブチ切れてたのは何かのイヤガラセか?(苦笑) 写真は今朝の食卓。お煮しめと赤飯はスーパーのお惣菜で、雑煮のトッピングの椎茸と人参はお煮しめから流用(笑)。まあ、気分の問題ですから。
 というわけで、安上がりな正月は終了。さあ仕事仕事。

 ...とその前に。皆様あけましておめでとうございます。今年もよろしゅうに。

 そういえば、今年はW杯イヤーか。会社辞めてからもう2度目のW杯。月日の経つのは早いもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »