« 月の入りの方角 | トップページ | 季節はずれの大掃除 »

iTunesのバグ再び

 ようやく仕事の谷間で少し時間が取れたので、部屋の掃除をしながら久々にiTunesのシャッフル再生をBGMにしていたら、なんだか、曲によって音量がバラバラで全然BGMになってくれない。先日CDを借りたあたりから、やたら音量が小さくなってる気はしていたのだが、曲によって小さくなってないのもあり、音量が小さくなってる曲に合わせてスピーカーのボリューム上げていたら、いきなりOrange Rangeの曲が大音響でかかって、愕然としてしまったのである。
 慌ててネットで調べてみたら、なんかiTunesの新しいバージョンはバグだらけでひどいことになってるようですな。iTunesには、もともと「サウンドチェック」という機能があって、この機能をONにすると曲毎の音量の違いを補正して同じぐらいの音量で再生してくれることになっているのだが、この機能がおかしくなっているらしく、ネット上にあった情報では、「やたら音量が小さくなる現象を回避するためには、サウンドチェックをOFFにしろ」というわけのわからんことになっている。実際聴いた感じでは、サウンドチェックON時に逆向きのバイアスがかかっているのではないかという節がある。そもそも「音量の調整」の機能に「サウンドチェック」という名前がついてるところに混乱の元があって、曲データをチェックして得られた「音量が小さい」という情報を「音量を小さくしろ」という指示の情報と取り違えてプログラミングされたのではないかという疑いすら涌いてくる。いずれにせよ、それくらいひどいレベルのバグである。
 これが、再生機能のみのバグなら、しばらく我慢すれば修正されるかもしれないが、不安なのは、楽曲をiTunesに登録する際に曲の音量がチェックされた結果のデータ自体もおかしくなっていたなら、バグが対策されても、バグがある時に登録した楽曲についてはいつまでたっても再生レベルがおかしいままなんてことにもなりかねないということである。
 iTunesは、単なる楽曲再生ソフトではなく、「楽曲管理」ソフトなのだから、バグの影響/深刻度は高い。iTunesで管理している楽曲自体は、ユーザの財産なのだから、バグはその財産に損害を与えかねないのである。はたして、そういう認識を正しくもって開発しているのかどうか。前のSD2についてのアナウンスなしのデグレードの件もあるので、全く信用できないのだが...。

|

« 月の入りの方角 | トップページ | 季節はずれの大掃除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/8637928

この記事へのトラックバック一覧です: iTunesのバグ再び:

« 月の入りの方角 | トップページ | 季節はずれの大掃除 »