« 一歩踏み出すということ。 | トップページ | 月の入りの方角 »

感染

 どうやら、誰かは分からないが、知りあいのパソコンがウイルス(W32/Bagle)に感染したらしい。
 なぜ知りあいとわかるかというと、別の知りあいのアドレスを発信元として偽装したメールがうちに届き、またうちのアドレスを発信元として偽装したメールが別の知りあいに届いているからである。
 なぜうちのアドレスを発信元として偽装したメールが知りあいに届いているとわかるかというと、知りあいの(今は存在しない)昔のアドレスから宛先不明で跳ね返されたメールが、うちに届いたからである。
 なぜBagleとわかるかというと、メールを跳ね返してきた知りあいが昔使っていたプロバイダのサーバが、ウイルスチェックをかけて添付ファイルを削除した上で警告メッセージをつけて跳ね返してきたからである。
 なぜ自分のパソコンは感染していないと確信しているかというと、私がMacユーザだからである。

 それにしても...今どき偽装されたアドレスをウイルスの本当の送付元だと信じる人はあまりいないとは思うが、自分のアドレスに偽装されるのはやはり気分が悪い。きっとまだしばらくは気付かず、その間ずっと私から送られたかのようなウイルスメールが飛び交うんだろうな...ちと憂鬱。
 こればっかりは、いつまでたっても慣れるもんではないなあ。

|

« 一歩踏み出すということ。 | トップページ | 月の入りの方角 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/8590934

この記事へのトラックバック一覧です: 感染:

« 一歩踏み出すということ。 | トップページ | 月の入りの方角 »