« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

マイメロ1年目終了

 縁あって(笑)はまってしまったマイメロも、先日の日曜が1年目の最終回。夏以降、なんだかんだ言ってほとんど毎週リアルタイムで見ていたのだが、今回は仕事のドタバタのために、録画で鑑賞。アニメというものをここまではまって欠かさず見たのなんて、いつ以来だろう。2年目の新シリーズもあるとはいえ、最終回にはクリスマス回と同じように涙腺が決壊するのではないかと思ってたのだが、スタッフは感動の最終回を演出するつもりは毛頭なく今回はネタに徹することにしたようで(笑)ドタバタ劇のまま、一気に2年目に突入の様子。あの電波ソングを、全国のテレビの前の子供たちは一緒に歌ったのだろうか(爆)。件のEDも、ラス前の回では思いっきりネタとしても使って頂き、今回で無事お役御免。とりあえず、これまで見たことのないようなおもろいものを1年間見ることができたのは幸せ。どんなに仕事でボコボコになっていても週に1回は確実にハイテンションになれる時間があるってのも、非常にありがたかった。
 来週以降も...とりあえず録画はセットしておこう(苦笑)。

 知らない人のために。テレビ東京系アニメ「おねがいマイメロディ」とは、公式には、サンリオキャラクターの「マイメロディ」が主人公の女の子と共に魔法の力で人々の大切な夢を守ってゆく、「明るくて楽しいキュートなラブコメディ」ということになっているのだが、そのコメディの部分のクオリティが異常に高く、マイメロが究極の天然(?)ボケキャラとして描かれ、あのサンリオのキャラクターとしてはありえないような扱いを受けていたり、ツッコミ役として新登場した異色サンリオキャラのクロミと相棒のバクや、個性豊かな人間キャラたちがまたいい味を出していたりと、「シュールでハイテンションなスラプスティックコメディ」という側面を併せ持ち、子供たちだけでなく親の世代にもうっかりはまってしまう人が続出した問題作。スタッフの中では「オーバークオリティ」というのがキーワードになっていたらしく、ギャグの伏線の引きかたにしても、音楽を使った演出にしても、全てが徹底している。
 白状すると、私は渡部チェル氏のサントラも買ってしまいましたよ。「夢見るチカラ」が収録されているという理由ではなく。(もちろん、今風の劇伴というものの勉強のためということはあるのだけど。) 前出の「オーバークオリティ」という言葉も、サントラの付録の、私もお世話になったインチャネのディレクター氏や渡部チェル氏たちの対談の中で出てきたもの。オーバークオリティが許されて、しかも評価されるというのは、何かを作る仕事をしている者にとっては、非常に幸せなこと。仕事でなくても、人生を楽しむ上での1つのキーワードでもあるよなあ。

 そういえば、「怪物ランド」の平光琢也氏が、今アニメ等の音響監督として活躍しているということを、マイメロのおかげで初めて知った。我々の世代なら、深夜のコント番組「ウソップランド」とかにはまった人は多いだろう。(私もその一人。) 音楽の使い方も重要な意味を持つマイメロのクオリティはこの人に支えられていた部分も大きいのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋違い

 WBCに関して、こんな記事が。
 この発言の翻訳に間違いがないのなら、なんというか、責任ある立場の人間の発言としてはあまりにも公正さを欠く。レギュレーション自体の不適切さを指摘するのは全然構わない。しかし、そのレギュレーションを前提に戦った勝負の結果を無効化するような発言は、筋違いも甚だしい。(大体、勝率をうんぬんするなら、得失点差では2回もコールド勝ちがあった1次リーグを除いても、日本は韓国を上回っているのである。) もちろん、日本が決勝トーナメントに残ったのには運も味方している。(それ以前に、決勝トーナメントに進めないピンチに陥ったのにも不運が働いていることは目をつむるとしても。) しかしながら、リーグ戦である予選と、決勝トーナメントは、そもそも別の戦いである。1敗したらそこで終わりというのがトーナメントの厳然たるルール。
 それに、秋に日韓戦と言っても、常時ナショナルチームが存在するサッカーとは違い、そのためだけにナショナルチームを編成しろというのはかなり乱暴な提案である。オールスター戦のようなものでいいなら可能かもしれないが、どうみてもこの文脈は、真剣勝負で雌雄を決したいと言っている。なんとも迷惑な話。

 もし、WBCのルール自体の不公正さを指摘するなら、向けるべき矛先はMLBであろう。予選リーグで同組で戦った上位2チームが、そのまま準決勝で対戦するなんていうバカな対戦表は見たことがない。MLBの公式ページに載っているWBCを総括した記事をざっと読んで見たが、幹部連中が「今大会は成功であった」と言い張っている中身は、ほとんどビジネス面での成功のことしか意味していないように見える。アメリカが決勝トーナメントに残れなかった以上、MLBとしては興行として成功したことしかメリットを見いだせないわけで、裏をかえせば、MLBには公平な立場で「世界大会」を作ろうという意志ははなっからなかったという証しである。今後もMLBが単独で主催するつもりのようだが、本当に世界規模の大会にするならば、まず中立な立場の国際組織を立ち上げて、その組織の主催にすべきだろう。

 ...まあ、アメリカは、そもそも野球を国際的なスポーツにしたいとは、本当はこれっぽっちも思ってないんだろうな。どうなることやら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春の夕焼け

060321 気付いたら、もう世間は春分の日。桜も開花宣言。今年は花見はできるかなあ。どこか1日だけならなんとか空けられるとは思うのだが、そんなに自分だけに都合のいい日程につきあってくれるメンツを探す余裕が...。
 で、いくら世間と隔絶された生活をしてると言っても、WBCぐらいは気になってチェックしており、今日は仕事は一旦休憩して観戦。YBファンとしてはチャンスで多村に代打福留を出された時はオイオイと思ったが、まあそれが勝負の流れなんだろう。今回印象に残ったのは、イチローでも松坂でも上原でもなく、王貞治という人物はいろんな意味でホンマモンだってことですな。長嶋茂雄とかの場合は、どちらかというと「スター錦野」と同じようなニュアンスでのスターだけど。この生ける伝説が率いていながら、謎のプレイオフ制度のために2年連続涙を呑んでいるホークスにも今年は今さらながら注目。城島はいないけど。
 写真は、今日が祝日だったことに気付き、あわててジム(平日は23:30、祝日は20:00閉館)に出かけようとした時の夕焼け。ジム通いもさすがに今は週2回ペースに落ちているので、おなか周りがまたゆるくなってきた気が...。これ以上ペースダウンさせるわけにはいかないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定深刻

060309 昨日、2005年の家計関係の情報のファイリングと、確定申告書の作成を一気に済ませ、本日無事提出。当然のごとく多少は還付金が返ってくる。よくフリーで仕事をしている人たちが、「還付金が楽しみ」とか言っているが、私にはどうしてもそうは思えない。ってゆーかそれってもともとオレの金だしぃ。勝手に巻き上げておいて、返してほしくば、七面倒くさい書類書いて持って来やがれと言われているようなもんで、胸くそ悪いだけである。
 所得税を余分に払うのは絶対イヤなので必要経費の計上は結構徹底してやっている。今は、収入のほとんどは給与という形になっているが、音楽関係の仕事と、予備校方面でも単発の仕事は、給与とは別枠なので雑収入として計上されている。必要経費と相殺されるのはこの雑収入だけなので、とにかくここをゼロにするように、必要経費を洗い出すのが、確定申告での一番大きな仕事である。最近はレシートにも商品名が印刷されて、領収書としても使える物も多いので、まずはため込んだレシートの山からの選別作業だが、他に固定資産の減価償却分というのがある。あくまでも正しく法に準拠して申告するため、ちゃんと個人としての固定資産台帳を作ってあるのだ。現在減価償却中なのは、雪見大福iMacとiBook、それに、シーケンサソフトのLogic。Logicも当時はまだ高かった。この減価償却分があるために、今年も余裕で必要経費の方が雑収入を上回った。(って、どうみても喜ぶべきことではないのだが...) 雪見iMacは今年で減価償却終了予定。

 それにしても、あらためて計算してみて、いかにどんでもない額の税金を払っているかと愕然としてしまう。特に腹立たしいのは、国民健康保険という代物である。これが「税金」であることを、サラリーマン諸氏はどれだけ把握しているのだろう。自治体によっては明確に「国民健康保険税」と呼んでいるのだ。サラリーマンの加入している被用者保険に比べ支払う額も多い上に、実際に医者にかかる際の自己負担分は3倍である。そもそも去年も1回も医者にかからなかった私などからすると、完全な払い損である。し・か・も。国民健康保険料は、自治体によって全然違う。前住んでいた国立市では「前年度所得の5.2%+定額」という形になっているが、台東区ではなぜか「住民税の2.08倍+定額」と定義されている。そしてその住民税を見ると、区民税の税率が8%で、都民税は2%、足すと10%で、それの2.08倍と言えば...なんと20.8%?!もちろんこの税率は累進課税のグラフの傾きに相当する値なので、実際にはこれよりは少ないが、それでも国立の式で計算した場合に比べ倍以上払っている。国民健康保険料には限度額があり、台東区の場合1世帯あたり53万円が上限であるが、普通の同世代のサラリーマンよりはっきりいって所得の少ない私がこの限度額をうかがおうかという額の保険料を払っているのである。「国民健康保険」という趣旨から考えて、自治体毎にここまで格差があるのは、どう考えてもおかしいだろう。それなら「区民健康保険税」にしやがれっての。
 累進課税における傾きで考えると、所得に対して、所得税が8%(一般に10%と思われているが、定率減税20%という謎のパラメータがあり、実質は8%なのである)、住民税が10%、国民健康保険税が20.8%。これだけで合計38.8%もお上に貢いでいることになる。金がたまらないはずである。さらに怖いのは、このうち30.8%に相当する住民税と国民健康保険税は、前年所得に対して課税されるということである。つまり、今年いっぱいで失職して来年は所得ゼロでも、今年の所得の1/3近くを来年払わないといけない。それに加えて家賃。一瞬にして破産である。都内で借家で生活するってのは、自己破産→ホームレスという地獄と常に背中合わせの修羅の道。

 なお、写真は確定申告を提出しに行った時に寄った上野公園の桜。今日は寒かったけど、昨日なんぞは春の陽気だったし、一部は既に開花してました。

 ...ちなみに、この記事の「本日」とは、3/9です。状況は下の方の記事参照。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと復旧...

 下の記事、確かに携帯から投稿したのはその時間なのだけど、携帯の方にはメールが受け付けられなかった旨システムからの返信が届き、ブログにも反映されていなかった。今、ようやく管理画面に入れて、見てみたら、管理画面上は書き込みはされたことになっていた...。せっかくなのでブログにも反映しておいたが。
 昨日書こうと思って用意してたやつは、これから投稿。日記的な物を一日遅れで書くのもマヌケな話なのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ログインできない

 昨日の昼間に予定されていたココログのメンテナンス。なんかトラブったようで21時まで延長され、やっと復活かと思ったら、当然の如くアクセス集中でバンク。未だに管理画面につながらない。とりあえず、モブログ(携帯からメールによる書き込み)は使えるのかどうか、実験。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今は自分を赦せない。

 とあるコンペの結果の報告が届いた。別の仕事がこんなに立て込んでなければ参加したはずのコンペである。そしてそこでチャンスを掴んだ人がいる。ちょっと特殊なコンペだった。うまくいけば音楽をちゃんと仕事として成立させるためのいい入り口になるような案件だといういうことは分かっていた。それでも、いや、だからこそ、今の状況では参加できなかった。
 コンペの時点で出す作品を作るだけならなんとかスケジュールをねじ込めたかもしれない。でもコンペに通ったらその後当然それを仕上げ、さらに関連する様々な曲の制作をするという流れを引き受けることになり、そのためには予備校の方の仕事を放り出さないといけなくなる。今のタイミングで突然自分が抜けて梯子を外してしまったら、どんなひどい状況になるかは自分が一番よく知っている。かといって、コンペに通ったはいいけどその後の仕事をまともにできないというのは、最悪である。

 でも、いかに自分の状況を言い募っても、音楽を志している自分と、自分のそっちの側面で接している世界から見れば、何もかも言い訳にすぎない。せっかくのチャンスを与えてやったのに、それをみすみす袖にして、他の仕事を選んだという事実が残るだけである。そしてそのことを誰も決して赦しはしない。もちろん自分自身も。

 では、別の仕事の方を全て放り出して、コンペに参加するという選択肢が本当に存在したのか。それなら自分を赦せたのか。クライアントに迷惑がかかるなどという言葉では済まされない重たいものがそこにはあるのも知っている。誰かに代わってもらうことのできない仕事をやるというのはそういうこと。そして、いくらでも代わりがいるような仕事だけやって自活できるほど、世の中は甘くない。でも。

 過去から地続きの現実に対する責任と、自分のあるべき未来に対する責任。古典的なジレンマではあるが、今回の状況はかなり重い。(背負い切れないならとっととやめちまえという声も聞こえてくる。) 結局どうすればよかったのか,答えの出ない自問自答から逃れることは今はできない。とにかく、いつか自分を赦せるようになる日が来ることを信じて、戦い続けるしかないのだけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白いテラスの午後3時

 日付変わって。わたくしもついに元祖天才バカボンのパパの歳になってしまいました。これはなかなかに衝撃的です。

♪枯葉散る白いテラスの午後3時
 じっと見つめて欲しいのよ
 特別の愛で 震えて欲しい

だっけ? なんで覚えてるんだろう。アニメソング侮るべからず。
我々の世代は、日が昇る方角は「バカボンの歌と反対」と覚えたものです。

・・・冷たい目でみな〜い〜で〜・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ねちがえました。

 首筋と背中は、なんだか年がら年中痛めているのだが、今回の寝違えはわりと重症。道を歩いていて安全確認するにも首に手を当てて体全体を振らないといけなかったり、のどがいがらっぽくて咳払いをするのも大変だったりといろいろあるが、一番辛いのは...うがい。
 外から帰ってきて、うがいをしようと水を口に含んで、首を後ろに曲げようとするが、曲がらない。仕方がないので、首筋を手で固定して、「イナバウアーか!」と突っ込みをいれつつブリッジのような体勢でひざも曲げ身体全体を反り返らせて無理やりうがいらしきことをするが、なんせ身体が硬いので、角度が足りず、明らかに水がのどの肝心な所に当たっていない。
 とにかく、そうでなくてもテンションどん底かつクソ忙しいところに、この仕打ちは最悪である。おまけに、ここにきてカゼとまではいかないが、胃腸の調子が悪く、全身ダルダル。

 そもそもなんでテンションどん底かっていうと、予備校の方の仕事のスケジュールがあまりにも立て込んでいるため、音楽方面のコンペを2件まとめてぶっとばすハメになったためである。先月半ばの時点で、とりあえず予備校方面の仕事を前倒しでがんばってなどと言っていたのだが、コンペの話が来たので先のスケジュールまで確認してみると、目前の締切はクリアしていても、実は先の締切がありえない密度で並んでおり、逆算すると前倒しどころか他の事を全て止めて注力してもギリギリ間に合うかどうかという線表になっていることがわかり、泣く泣く当面の音楽方面のチャンスを全て放棄して、今不毛な自宅缶詰状態になっているのである。
 こういう、頭だけはやたら使うが、アウトプットはとてもクリエイティブとは言えず、人と会うこともなく、時間と精神力ばかりエンドレスで浪費するような仕事を延々とやっていると、数ヶ月単位の時間が一瞬にして過ぎ去ってしまう。せめて友人と会う時間でも作れればいいのだが、たとえ自分の時間は空いても、生活のペースがあまりにも人とかけ離れていると、日程調整もままならない。かなりヤバイ精神状態になりつつあるが、とにかく今は乗り切るしかないので、完全に崩壊する前にトンネルを抜け出すことを願うのみである。予備校の方の仕事のシーズンオフにはとにかく態勢を立て直して、今年こそは自分にとって楽しいと思える何か新鮮な内容を含んだ音楽活動を展開せねば、と思う。

 とりあえず、心も身体もSOS。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »