« 「ドッグは英語で犬」 | トップページ | 仮歌歌唱... »

完全匿名者の「言論の自由」なんて守る必要なし

 前々から思っていることだが、言いたいことは表題の通り。ここも表向きは匿名だけど、少なくともNIFTYにはこちらの素性は知られている。ここを拠点に私が何か犯罪的な行為を働いたならば、公安は容易に私にたどり着くだろう。でも、いわゆる掲示板の書き込みは違う。匿名である以上、そこの情報には一切信用性はないはずだが、実際に多くの人が利用しているということは、結局はどんな虚偽の情報であってもなんらかの実体のある影響力を持ちうることを意味する。そして、それは(自覚のあるなしにかかわらず)悪意を持った者に匿名性と影響力を同時に与えることも意味する。
 なぜ唐突にこんな話かというと、テレビをつけたら、爆笑問題の太田光が総理となってマニュフェストを発表するという番組をやっていて、それで「ネット書き込みは1文字100円にする」という主張を行っていたのである。基本的には「一見デタラメな内容だけど一利ある主張」というのが番組の趣旨なのでこういう内容になったのだろうけど、どうせならもっと「匿名性」自体の問題を追究してほしかった。私は「完全匿名によるある規模以上のネット掲示板は禁止」ということで全然問題ないと思っている。(規模の指標は難しいだろうけど。) 某巨大掲示板は、要するにネットにおける問題が明らかになって法整備がなされる前にできたというだけであって、完全匿名でなんでも言えることを既得権として主張するのは大間違いだと思うのだが。

|

« 「ドッグは英語で犬」 | トップページ | 仮歌歌唱... »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/9592523

この記事へのトラックバック一覧です: 完全匿名者の「言論の自由」なんて守る必要なし:

« 「ドッグは英語で犬」 | トップページ | 仮歌歌唱... »