« 空白の4ヶ月 | トップページ | 睡眠不十分 »

賃貸マンションの壁の装飾

060512 先週、世間がGWの間の話だが、殺風景な部屋をなんとかしたいと思い立ち、北千住の東急ハンズに手頃なものはないか物色に出かけた。うちは賃貸マンションなので、基本的に壁にクギや画鋲等を刺すことができない。部屋のレイアウトの都合で、ベッドは頭の側が壁にくっつく形で置かれているのだが、そこの壁面が、引っ越して以来ずっと、真っ白な何もない空間になってしまっていたので、前からそこに絵でも掛けられればと思っていたのである。本当は、壁面は何もなく真っ白なまま、真ん中に額が掛かってるという状態が美しいのだが、額の荷重を支えるにはどうしてもネジ釘を刺さないといけないので、借家だとさすがにそれはまずい。そこで、次善の策として、壁のベッドの左右にいわゆる突っ張り棒を縦に2本かまして、その間にさらに横に棒を渡して、物をかけられるようにするという作戦をとることにした。とりあえずその枠だけを設置したのが写真である。今は、せっかくのシンプルな何もない壁面に、無粋なゴツゴツした工事中の足場が組まれているようでイヤなのだが、横に渡す棒と飾る額の配置などで、構成で遊ぶこともできそうなので、まずは1つ中心になる絵画(のポスター)+額を入手して、じっくりレイアウトを考えることにしよう。この枠があれば、たとえばカーテンをかけてがらっと部屋の雰囲気を変えることもできるだろうし。
 ちなみに、使用したのはハンズオリジナル商品の「ロックンポール」たて型。梁の下の高さが約195cmであり、取り付け最小高さが192cmなので、ちょうどびったりサイズである。横に渡す棒はそれなりに強度のあるシンプルな白い棒ならなんでもよかったのだが、ロックンポール専用のフックの形状の都合から径が15mm程度まででないとならず、そのサイズで150cmぐらいのものといえばハンズの工房ではシルバーのアルミパイプぐらいしかなかったので、結局、同じロックンポールの横型ミニタイプを適当な長さにして使うことにした。突っ張りの機能はいらないので無駄だし、途中接続がある分、見た目も悪く、荷重に対してどうしてもたわみが発生してしまうのがいやなのだが、まずは致し方ない。

 今回購入したのは、以下の通り。

・ロックンポール縦型TMセット/ホワイト(ブラケット1個付属) 4,179円×2
・ロックンポール横型ミニL/ホワイト 1,837円×2
・専用ブラケット 525円×2
・Sフック金具2個入り 514円×2

 しめて14,110円也。部屋の壁に穴を開けないというためだけにこれだけの投資をしてしまうという感覚は、賃貸マンション暮らしをしたことのない人にはピンとこないだろうけど、長年賃貸暮らしをしていると、絶対ルールを守ってやるというヘンな意地があったりもするのである。
 それにしても、世間の賃貸マンションに住んでいる人々は、壁面の装飾はどうやっているのだろう。まあ、子供のいる世帯で子供が壁に落書きすることなんかを考えると、意外とみなさん気にせずに平気で釘打ってるのかもしれないけど...。

|

« 空白の4ヶ月 | トップページ | 睡眠不十分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/10028970

この記事へのトラックバック一覧です: 賃貸マンションの壁の装飾:

« 空白の4ヶ月 | トップページ | 睡眠不十分 »