« 采配の問題 | トップページ | ダヴィンチ・コード 上・下巻 ん? »

監督不在

 私のような素人がとやかく言うのはすごく失礼なことなんだろうが、どうしても気になるのでもう少し書く。ジーコが試合後に、1点を守る試合での、采配ではなく(選手の)試合運びにミスがあったというような発言をしているようだが、これから考えると、あの1トップは、単純にFWを削ってボランチを中田ではなく小野にすることで、より守備的な布陣にしたという意味だったのだろうか。そうだとすると、たしかマルタ戦でも1−0の状況で1トップの布陣を試していたが、あれは1点を守るためのオプションという意味で、ジーコとしては既に実戦で試したから大丈夫というつもりだったのだろうか。少なくとも、選手にその意図が伝わっていたようには見えないのだが。
 今日の交替も、確かに柳沢よりは小野の方が守備に強いかもしれないが、攻撃でも中心選手である中田を前に上げることで、より攻撃的にいくという意図にも見えてしまう。しかも、変えた小野もどちらかというと攻撃的な選手である。ハーフタイムで「1−0の試合運びをしよう」というようなことは言ったらしいが、時間を使って相手に攻めさせないようなことが出来ていなかったというのであれば、ジーコは試合中でもそれをただ眺めているのではなく、なぜそこで激しくゲキを飛ばすことをしなかったのか。テクニカルエリアに1人しか入れないことは言い訳にはならない。
 実際に戦うのは選手たちだから、自主性を尊重するという哲学は立派だが、本当に危機的な状況においてこそ、監督が12人目の選手として一緒に戦うことが必要なのではないか。そして、「後は言わなくてもわかるだろう」ではなく、監督自ら内容をかみくだいてしっかり言葉にして伝えることが、混乱したゲームを勝ち切る重要な要素なのではないか。自主性を重んじるのは、直前の練習まででいい。
 ここまでのチームを作り上げたのは、ジーコの力。でも、今日の試合の結果は、12人対11人で戦った結果のように思えてならない。くやしいなあ。

|

« 采配の問題 | トップページ | ダヴィンチ・コード 上・下巻 ん? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/10503767

この記事へのトラックバック一覧です: 監督不在:

« 采配の問題 | トップページ | ダヴィンチ・コード 上・下巻 ん? »