« 判定基準の客観性 | トップページ | 聞こえねーぞ。 »

物語は終わらない

 中田英引退。日本中がサッカーを見るようになったのはJ発足からだけど、その時既に三浦知はキングだった。そのキングはまだ現役を続けている。その後頭角を現し、一気にカズよりもさらに高みを窺ったヒデは、ピッチ上で首を振っている姿同様、あまりにも遠くが見えているがゆえに、その場にこれ以上留まることができなかった。
 「引き際の美学」という言葉が踊っている。それはマスコミが勝手に言っていること。本当はそんなきれいに割り切れたものではないだろう。それでも、その決断を自分自身が納得できるのは、本当に可能性の限界までチャレンジできた者の特権。

 それにしても。日本サッカー界は、J発足以降、そして、日本中が「サッカー日本代表ファン」という病にかかって以降、初めての大きな喪失感に見舞われることになる。カズやゴンがしぶとく現役を続けてくれたおかげで、今までシンボル的存在をいきなり失うということに直面することはなかった。(ラモスの引退はあったが、あれはサッカー選手としての天寿を全うしてのもの。) だからこそ、全国紙朝刊1面トップで当たり前のように1選手の引退を報じているのである。今回のW杯で厳しい現実を突きつけられたこのタイミングでこの空気はいかにもマズイ。「所詮日本人には向いていなかったのだ」「中田英みたいになんてだれもなれっこないんだから」という諦念により、夢から醒めたようにサッカーそのものから国民の興味が離れていく、そんなシナリオを演じてはならない。終わったのはあくまでも1人の選手のサッカー人生。たとえそれがいかに偉大な選手であったとしても、その墓に副葬品として日本のサッカー界全体を埋めてはならない。

|

« 判定基準の客観性 | トップページ | 聞こえねーぞ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/10792235

この記事へのトラックバック一覧です: 物語は終わらない:

« 判定基準の客観性 | トップページ | 聞こえねーぞ。 »