« 三軒茶屋の渋い裏通り | トップページ | 猫森集会初日 »

大相撲初体験

060911_1 先月久々に会った会社時代の友人に誘って頂き、今日は初めての大相撲観戦。しかもマス席。本日は九月場所の初日。ちょうど昨日の夜のTV「出没!アド街ック天国」が「両国」で、(午前様で帰宅後)ビデオでチェックしたので、予習もバッチリ? 天気は、ここしばらくの秋の気配はうそのような、真夏のごとき陽気。

 一時半に両国駅集合で、幕下の最後のあたりからの観戦。座席は正面側。1つ1つの勝負とはまた別に、下の番付の方の取り組みから、徐々に力士や行司のランクも取り組みの内容もレベルアップしていき、結びの一番のクライマックスを迎えるという大きな流れも感じることができて、なかなか楽しい。初日なので、優勝争いの盛り上がりとかはまだない代わりに、北の海理事長の挨拶や、賜杯返還、優勝額除幕式等のイベントが見られる。
 ただ、今日一番盛り上がって地鳴りのような歓声が上がった場面は、高見盛が朝赤龍を破った一番(笑)。あの分かりやすいパフォーマンスがいかに観衆の心をつかむかは、実際に現場で見ないと分からない。あと笑ったのは、稀勢の里のハローキティの化粧まわし。サンリオからの懸賞金の謳い文句は「ハローキティ相撲コラボ展開中」。キティパワーで、大関白鵬を撃破。
 それにしても、なんだか強い力士のほとんどが外人部隊になってしまってるのは、さみしい。初日から栃東も魁皇も負けてしまったけど、千代大海あたりには、もう一頑張りしてもらいたいものだ。ただ、やっぱり次世代の国産スターが出てこないとなあ...。

060911_2060911_3 初日はめでたく満員御礼。そういえば、この日は皇太子夫妻が娘を連れて中入り後の後半からご観戦。ご一家入場の際には、審判部の面々も起立して出迎え、観客もみんな一目愛子様を見ようと正面2階に注目。我々の席は頭上が2階席だったので、私は面倒なので見に行かなかったが、盛り上がる観衆の姿が面白かったのでそちらを見物していた。その後、「行啓記念」と書かれた大入り袋(10円入り)が配られる。

 マス席は、さすがに現代人の大人の体型では4人座るのは大変だけど、この狭い席で窮屈な思いをしながら「ままごと」のように宴会をしながら観るというのが1つのイベント。食べた弁当は琴欧州弁当。持ち寄ったつまみ等もあったので、国技館の地下の巨大(?)工場で作られているという名物やきとりはお持ち帰り。

060911_4 左の写真は、本日のお持ち帰り品。初日でまだ空白の星取り表、大入り袋、名物やきとりに、ビールについてきた朝青龍のイラスト付きのコップ。

|

« 三軒茶屋の渋い裏通り | トップページ | 猫森集会初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/11849755

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲初体験:

« 三軒茶屋の渋い裏通り | トップページ | 猫森集会初日 »