« またやってもた... | トップページ | ヤフオク初体験即落札! »

音源モジュールがダウン

 もう長い間、DTM用のマルチ音源としてはRolandのSC-8850を使っているのだが、こいつがここのところ調子が悪く、何度か電源を入れ直さないと立ち上がらないという状態が続いていた。一旦立ち上がってしまえば、電源を切るまではほぼ問題なく使えるので、だましだまし使っていたのだが、ここに来て電源を入れてちゃんと立ち上がる確率が1割を切ってきたので、さすがにもう限界を迎えたようである。

 このSC-8850は、GM音源の発想の延長線上で、プリセットの音色の種類をとにかく増やすことで様々なニーズに答えるというタイプのものの中では、最高クラスの音色のバリエーションとクオリティを誇っていたが、もうずいぶん前に製造は終了している。私の場合は、ドラム+ベース+ギター+ピアノを中心に、弦や管その他を加えるという、生バンド編成を基本としたアレンジを打ち込みで再現するということがメインなので、プリセットでそこそこ使えるいろんな楽器のバリエーションが用意されているこの音源は大変重宝しているのである。ところが、マルチ音源を演奏者に見立てて、実際の演奏を再現するイメージでデモないし作品を作成するというような使い方は、音楽制作の場面では今や少数派であり、サンプリング素材を並べて組み立てて、それに効果音的に音を重ねていくというような発想が主流になってしまっているので、その時流に押された形で、RolandもSC-8850の路線から撤退して、今はDTM専門のEdirolブランドで、SC-8850よりもずっとお手軽な音源を出しているだけである。
 最近は、そもそも外部音源ではなく、ソフト音源を揃えていくというのがDTMの主流らしい。私自身も、特殊な音が欲しい場合等には、たまにLogicのソフト音源を使うことはある。でも、このソフト音源だけで全部作ろうとすると、生楽器系はサンプリング音源という形でしか入っていないため、各楽器の奏法によるニュアンス等は再現されないし、シンセ系のモジュールも、音色のエディットを一から学習しないとプリセット音だけでは全然使えないので、全然思うような作品ができない。もちろん、Logic付属のソフト音源だけではなく他にもいろいろ出ているだろうから、もっといいものもあるのかも知れないが、マルチ音源という発想ではなく、用途を特化した様々な音源を買い揃えていくというイメージになるので、多様なジャンルの曲のデモを短時間でどんどん仕上げていかないとならない今の自分の立場だと、これから一気にソフト音源の世界に移行するのは、正直かなり大変である。ジャンルを特化すれば、ソフト音源を揃えるという発想の方が、自分の作りたい音楽の制作のためのシステム構成の自由度は高いのだろうが、逆にそのシステムを使って作る作品はそのシステム構成によってかなり制約を受けるので、オールマイティにそこそこのクオリティの作品が作れるシステムを構築するには、多大な労力と投資が必要となりそうである。とはいえ、いつまでも古い環境を引きずり続けるわけにもいかないので、そろそろ環境変えていくための投資が必要な時期に来ているのは確かなのだが。

 それはともかく、まず当面の差し迫った問題は、このSC-8850で作った膨大なストック曲データをどうするかということである。ストック曲も、録音した結果をそのまま使うのであればよいが、発注に合わせて構成を変えたりキーを変えたり、アレンジを修正したりというようなことをするためには、SC-8850自体がないと話にならない。もちろん、別に完全に再現しないとならないということはないので、時間があれば、別の音源で代わりの音色を探し、それに置き換えてバランスやニュアンスを整えるためデータを調整するという作業を地道にやればよいのだが、ストック曲を出す時というのは、とにかく時間がない時なので、そんな作業を逐一やっていられない。どこかでまとめて時間を取って過去のデータを全部移行するなどというのも、ストックの量から考えて現実的ではない。ストック曲を使い続ける間、さらには、新しい次の制作環境が立ち上がり、そこでの作業が確立されるまでの間は、SC-8850の完動品がどうしても必要なのである。今のSC-8850を修理に出してみるという手もあるが、その場合も、2〜3日で修理が完了するものでもないだろうし、入院中に空白期間を作るわけにもいかない。そこで、(前述のように、SC-8850は既に製造終了なので)とりあえず中古市場をリサーチしてみることにした。
 まず、Yahooオークションを覗いてみると、SC-8850は何点か出品されているが、中古とはいえ結構立派なお値段がついている。もちろん当時の新品の売価より高いことはないが。そもそも、ヤフオクは未経験領域であり、大事な機材を見ず知らずの人から買うというのも不安ではある。次に、ネット上で在庫状況を公開している中古楽器店を覗いてみるが、こちらには全く出回っていないようである。

 今日は、御茶ノ水のイシバシ、渋谷のKeyとイケベに実際に足を運んで様子を聞いてみたが、かなり長い間SC-8850の入荷はないそうである。やはり、人気機材はネットオークションへ流れているようだ。イシバシで、ネットで調べたSC-8850の落札相場(3〜4万円)を話したら、「それは高すぎる。うちならせいぜい1万円を超えるか超えないかでしょう」と言っていたが、Keyでは「もし入荷していたら、49800から59800ぐらい」と言っていた...。ううむ。
 結局成果はなく、すごすごと帰ってきて、これはやはりヤフオクに挑戦するしかないか、と、パソコンに向かった。すると...(つづく)

|

« またやってもた... | トップページ | ヤフオク初体験即落札! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/12042647

この記事へのトラックバック一覧です: 音源モジュールがダウン:

« またやってもた... | トップページ | ヤフオク初体験即落札! »