« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

チーム新庄

 いまさらこれに私がコメントすることもないんだけど、日本シリーズ第5戦はついついみてしまい、悔しいけどちょっとぐっときてしまった。新庄うんぬんというよりも、フレッシュなチームの勢いってのが、あの1998年のYBの時のイメージと重なって、「全てがプラスに働いて、圧倒的な力を発揮する奇跡の時間ってのはあるんだな」っていう感動。
 春先には、WBCで王さんという人物のすごさをあらためて認識して、その後入院とかもあったので、自分としては、プレーオフの時は心情的にホークスがんばれというのはあったのだが、この札幌の盛り上がりを見ると、今年はしょうがなかったのかな、と思う。ましてや、失速寸前でぎりぎり阪神から逃げ切った、実は非常に真面目一徹な落合中日には、ちと荷が重すぎただろう。

 さて、正直今年はプロ野球はほとんど見てなかったし、そもそも日ハムの試合なんてTVではやってないので、パ・リーグ通からすれば何をいまさらと言われそうだが、今回一番印象に残ったのが、日ハムの外野の守備陣。表題の「チーム新庄」は、日ハム全体のことではなくて、森本、新庄、稲葉というあの外野トリオのことである。相手のバッターとの駆け引きで3人の守備位置を動かすということは、当然どこのチームでもやっていることだろうが、それは通常「監督采配」という範疇で行われることで、よほど野球に詳しい人でない限りそんなには注目されるポイントではない。それを、あのグローブを頭に乗せてひざを立てて行う外野陣恒例の作戦会議や、スター選手である新庄が場面毎に直接森本や稲葉に指示を出して陣形を動かすところを客に見せるというパフォーマンスにより、打者vs外野包囲網という対決構図を観客に見える形で提示して、観戦の楽しみ方の幅を広げたというのは、非常に大きな功績だと思う。もちろん、今までも、イチローのレーザービームのように、個の力としての外野の守備力で客を魅了するプレーヤーはいたが、外野守備陣を1つのチームと捉えてフォーメーションを含めたクレバーな守備を観客にアピールしたというのが画期的なのである。サッカーでトルシエ時代に「フラット3」という言葉によって、守備のフォーメーションというものがサッカー観戦のポイントの1つとして定着したのと、ちょっとイメージは似ている。そして、球が飛んでこない時も外野陣はちゃんと仕事をしているんだということが客にも理解されることにより、本人たちも気を抜いたプレーはできないし、たとえ守備時間が長くてもゲームに対する集中力が維持でき、それがまた観客に伝わり、球場の雰囲気も低下させないという相乗効果を生むのである。

 祭りが終わって(まだアジアシリーズは残っているが)、これからの問題は「新庄劇場後の日ハムがどうなるか」でしょうな。日本一決定後、最初に胴上げされたのが新庄というのが、日ハムファンにとっては来期以降のことを考えると逆に大きな不安要素なのではないかと思う。(私はYBファンなので関係ないが。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

賢者のお買い物

 あまりにも渋いフラッシュゲームを見つけたので、ご紹介。
 タイトルは「賢者のお買い物」。 内容は...サイフの中の小銭を常に最小枚数に保ちながら買い物をするだけ(爆)。
 なんで、これがツボにはまったかっていうと、コンビニ等で買い物する時、このゲームのロジックでは明らかに正解の支払い方をして、店員にけげんそうな顔をされることがよくあるので、それを根に持っているのである。
 例えば、167円の買い物をしたとしよう。その時の支払い方として、1000円、1067円、1070円、1007円、500円、567円、570円、507円、200円、217円、207円、170円、172円ぐらいなら、まだ納得してもらえるのであるが、これが202円とか517円とかだと少しハテナマークが飛び出し、1022円なんか出すと、キョトーンとされる。
 ましてや、1177円の買い物に10532円なんて出そうものなら、かわいそうな人を見る目をされてしまう。オレは何も間違ってないぞ。5000円札も1000円札も100円玉も50円玉も5円玉も切らしてただけだい。
 というわけで、これは「オレは間違ってない」ことを確認し、心の平静を得るためのゲームなのである。
 ちなみに、ページに最初アクセスすると、しばらく広告が流れて、それが終わってから本編が始まるので、ちょっとお待ちを。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他もろもろ

 ここのところなかなかここに書いている余裕がなかったので、その他もろもろまとめて。

・ジム通い1年継続達成
 初回が去年の10/16だったから、先週でちょうど1年。今年の10/15までに通った回数は、118回。3日に1回よりは少ないが、週2回よりは多いペース。1回のメニューは、30分のランニングと、9種目の筋トレを2ラウンド(+サウナ、風呂)。あくまでも健康維持が目的で、ダイエットにはこだわらないという方針だったが、一応多少体形の変化も見られるようになってくると、欲が出てくる。一度でいいから、わき腹のだぶつきと下腹部のポッコリが全くない状態になってみたいなどと思ったり。
 下腹部に関しては、どうやら問題は普段の姿勢にあるらしいことが判明。どうしてもパソコンに向かって仕事してると、背中を丸めていることが多いが、それではいくら腹筋を鍛えても、下腹部は凹まない。なので最近は、24時間とにかく気がついたら胸を張って下腹部に力を入れるようにしている。また、腹筋とは別に、仰向けにまっすぐ寝て、伸ばした足をまっすぐ上げる運動も。これは簡単なようで意外と効く。

・自転車で池袋
 先週の日曜に、江古田文化圏に住む友人宅の飲み会に呼ばれたのだが、地元民以外は自分だけで、一人終電を気にするのも面倒だったので、思い切って自転車で出かけた。実は池袋までは一度自転車で行ったことがあり、その時は片道約55分かかったのだが、今回はさらに先。ちなみに池袋までのルートは、三ノ輪の交差点からひたすら明治通りを走るだけであるが、「明治通り」と呼ばれる道自体が、途中何回か直角に曲がっている。夜で涼しかったこともあり、そんなにきつくもなく、適度な運動というレベル。意外と東京も狭いものである。

・歯医者その後
 週1ペースで通っているが、削るでも抜くでもなく、仮詰めを取り除いて中の様子を確認してまた仮詰めして終わりということを繰り返しているので、これで本当に治療が進んでいるのかどうにもよくわからない。一応、歯根が1箇所膿んでいた部分を、抜かなくてすむように自然治癒力を働かせているということらしいのだが、どうもなかなか明確な説明をしてくれないので困る。今は特に痛くはないので、それはいいのだが、ともかくいつまでかかることやら。

・ヤットが心配/さらば牛島監督/シューマッハラストラン
 スポーツ関係で気になる話。
 ガーナ戦の時の記事を最後に、ここの書き込みが止まっていたのだが、インド戦を欠場してその後ウイルス性肝炎と判明して入院したサッカー日本代表の遠藤が心配である。遠藤は前から気になる選手であり、今まで特定のチームは応援してなかったJリーグも最近好調だったガンバ大阪を応援しようかと思っていた矢先なので、ショック。確かに、今年の遠藤はどう考えても働きすぎだわな。そのあげくW杯では出番なしというひどい仕打ち。だからこそこれからは遠藤の時代だと思っていたので、なおさら胸が痛む。今期はほぼ絶望のようだけど、ちゃんと完治するものなのかどうかも定かではないし。ガンバも前節イヤな負け方をして、レッズとの差が2ゲーム。ともかく、一日も早い完治を祈るのみ。
 サッカーで他に最近気になる選手は、レッズの闘莉王。最初はあのキャラはそんなに好きではなかったのだが、奴の日本人離れした力強さは得難い魅力である。攻撃参加している時は、完全にFWの顔をしてるし。闘莉王とワシントンがいるレッズが強いのはなんか当然という気もする。その分、田中達の影が薄くなっているのが残念だが。
 野球では、自分としてはとにかくYBの牛島監督が辞めて大矢監督になったのが気になる。牛島さん自体は悪くはなかったと思うのだが、とにかく今期の成績はあまりにもあんまりだった。大矢さんといえば、1998年こそ権藤氏に監督を譲ったが、そのチームの土台を作った人であるが、当時は佐々木もいたしローズもいた。今もクルーンはいるけど、あとは...。多村あたりがシーズンを通して期待通りの活躍をしてくれる日は来るのだろうか。
 最後は、やっぱりシューマッハ。イタリアと中国の奇跡の連勝でアロンゾと並んだ時は、かなりシビレた。鈴鹿は残念だったが、ブラジルでは、パンクのトラブルも、逆に最後に異次元のオーバーテイクをたくさん見れてよかったのではないかとも思う。シリーズチャンピオンはアロンゾをリタイアさせない限り無理な状況だったので、ラストランで優勝というシナリオもいいけど、チームメイトのマッサと、次の世代を牽引すべきアロンゾに花を持たせて、自分自身も記憶に残る走りを見せたこのレースも結果オーライ。それにしても、来期シューマッハのいないF1なんて、自分は見るだろうか...。最終レースでようやくF1のお荷物ではない走りを見せたSUPER AGURIに期待、するのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の状況

 実は、某予備校の方の原稿の仕事が、逆算すると結構切迫していて、今はそれ中心に動かざるを得ない状況なのだが、今月から体制の変わった作曲の事務所の方からもコンペの参加依頼の件数だけは急増しており、それにほとんど参加できない状況が続いているのが大変辛い。
 作曲の事務所との間の関係として、5年半前に最初に契約した際には「発注(コンペ参加依頼のことを、最近まで事務所側はそう呼んでいた)については基本的には全部作品を出してくれ」という話であり、最初のうちは、他の仕事が忙しくて参加できない時は事前に連絡するようにしていたのだが、さすがに「作曲の方はあくまでもコンペであり、参加しなくても自分がチャンスを失うだけで、採用されない限りお金ももらえないが、他の仕事の方は、キャンセルすることは許されないものであり、しかも当然お金をもらってやっている仕事なので、どんなに大きなコンペであってもできない時はできない」という意味に解釈されてしまうことを、毎回説明するのも、お互いに気まずいということもあり、数年前に一度体制が変わって以来、そのあたりはなんとなくうやむやになっていた。それでも、一応良好な関係を維持するために、本当に忙しい時期にはこちらの状況を説明したりというようなコミュニケーションを図る努力はしてきたつもりなのだが、ここしばらくちょっとぎくしゃくしてたところに、新社長が来て、新体制の説明の面談も何もないまま、コンペの件数だけは増えているというタイミングで、「今忙しくてできません」というのもなんとも間が悪いのである。
 いくらやる気があっても、自分で生活費を稼ぎながらの作曲活動である以上、出来ない時は出来ないのであるから、「基本的には全参加」というような戦略のない精神論を建前にするのではなく、「他の仕事との両立も考えながら、最も成果が上がるような案件を選んで必要なものだけ参加する」ということを、事務所側との共通認識として明確に打ち出してしまえば、余分なプレッシャーがなくなり少しは楽になるのだが...。コンペに参加できなくて自分が悔しがるだけならいいが、それが事務所との間のプレッシャーにもなるという状況は、どう考えても不健康。

 今年度下半期のテーマは、「自分と音楽との間の良好な関係を取り戻す」こと。「音楽」は作曲に限らず。自分がやりたいことをやるという本来幸せなはずのことを、本当に幸せなことにするためにはどうすればいいか、じっくり考えないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音源修理

 先日ヤフオクで入手したSC-8850だが、実際使ってみると、音を鳴らした時に同時にバックにホワイトノイズが発生することが判明。これは、納品時のチェックでは気付かなかったのだが、もしかしてその時にもそうだったのなら、ちょっと失敗。といっても、中古でしかも個人から買った以上、そこで先方に文句を言ってもお互い気分が悪いだけだし、まあ修理して直ればいいか...
 ということで、ローランドのサービスセンターに電話したところ、秋葉原の修理窓口に直接持ち込めばいいとのことなので、先週月曜日に修理依頼。結局不良チップがあるということで基板ごと交換となったが、あっさり木曜には修理完了の連絡が入った。さらなる出費(¥12,000+消費税)は少々痛かったけど、買った物が無駄にならずに済んだのはよかった。まだちゃんとメーカーには部品の在庫はあったようだ。
 ちなみに、もともと持っていた方(そもそも、これが不調だからヤフオクでバックアップを購入したのだ)は、ここしばらくはトラブルなく使えており、とりあえずこちらを使いながらということで2台目を修理に出せたのだが、1台目もおそらくどこか接触不良等の「時々起こるトラブル」を抱えているので、近々こちらも修理に出して、完動品を2台確保した状態で、現状の音楽制作環境を延命する予定。

 それはそれとして、そろそろこの旧態然とした音楽制作環境から脱皮していくことも考えないといけないのは事実。1個のオールマイティーな音源というよりも、楽器を買いそろえるイメージでソフト音源を集めていくことになると思うのだが、今までLogic付属のソフト音源を、それもほとんどプリセット音だけでしか使ったことがないので、これから勉強しないといけないことはあまりにも多い。あと、ソフト音源ということで、そろそろCPUパワーがもっと上のマシンの導入も考えたほうがいいのか、とか、どうせならノートパソコンだけでフル動作できるようにしたいとか、大型予算を組むことも考えないといけないかもしれない...。(そのための時間稼ぎという意味の、今回の延命措置でもあるわけだが。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兄弟だぁ?

 しつこくこの話の続き。
 TBSの実況によるとGKのリチャードとMFのラレアは兄弟らしい。ネットで調べても、その情報は比較的信憑性がある。ということは、日本サッカー協会発表の選手名では、どちらかが間違いだったということか。TBSでは、どちらの姓も「キングストン」で統一されていた。新聞の記事等では、日本サッカー協会発表の情報を引用しているところでは、リチャードは「キングソン」、ラレアは「キングストン」になっている。世界中のネットの情報を眺めると、単純な多数決ではリチャードもラレアも「Kingston」説の方が多数派だが、言うまでもないことだが、多数派の情報=正しい情報と信じてしまうのは愚か者である。唯一確かな情報として存在するのは、W杯時にリチャードが着ていたユニフォームには、はっきりと「KINGSON」とプリントされていたという事実だけである。この件に関して、以前「ユニフォームの方がミスプリント」という怪情報を流していた米国Wikipediaからは、その記事は消え、今は「Richard Kingston」という項目は廃止され「Richard Kingson」という項目に変更されている。総合的に判断すると、TBSが何といおうと、ネット上の多数決にかかわらず、彼ら兄弟の姓は「キングソン」であるという説の方がどう考えても信憑性が高い。
 今回は、残念ながらガーナも選手名のプリントされていないユニフォームを着ていたので、せっかくの真実が明らかになるチャンスが失われてしまった。このモヤモヤが解消される日は来るのだろうか?
 それにしても、「Kingson」で検索する度に「『Kingston』ではありませんか?」と聞いてくるYahooにはうんざりである。

 ...というようなことが気になっていたので、試合内容に意識が集中していなかったが、気がついたら負けてたなあ。まあ、相手は格上でほぼベストメンバーに対し、日本は海外組抜き直前離脱ありだから、順当な結果ではあるのだけど。今の日本代表だったら、ガンバ大阪の方が強いかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なめらかなプリン

061005 歯が痛んでいる真っ最中にコンビニで発見し、自虐的な気分で買ってしまった。いや、今回の歯の痛みは、甘いものがしみるとかではなく、噛んで圧力がかかると痛いというやつなので、流動食という意味では間違ってないか(違)。
 ポッカの「なめらかなプリン」。「デザッチャオ」というシリーズらしい。
 いわゆる、「ウィダーインゼリー」タイプのパッケージにプリンが詰まっているという恐ろしい代物である。以前、このタイプのパッケージに朝のお目覚め用コーヒーゼリーが入っているものを買ったことがあり、それはなかなかいいアイディアだと思ったのだが、さすがにプリンは蛮勇というべきであろう。いや、決して不味いというわけではないが、見てイメージしたそのまんまの味なので笑ってしまうのである。しかも、サプリメント系のパッケージにこの激甘高カロリー。「脳が素早い糖分補給を必要としている時に10秒チャージ!」ってとこか。
 商品名が「なめらかプリン」ではなく「なめらかなプリン」であるあたりも、B級っぽくて善哉。Yahooで検索すると「『なめらかプリン』ではありませんか」と一々聞いてくるのでイラっとするのだが。でも、ポッカの公式サイトには一切情報がないのはなぜ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯医者通い

 前回がいつかよく覚えていないが、おそらく10年ぶりぐらいに歯医者に行った。(去年、区の歯周病検診を受けたのは別にして。)外から見て虫食い始めている歯は他にもあるのだが、数日前に急に痛みだしたのは、金属でかぶせ物をしている奥歯(詰め物ではない)。その歯で噛んで圧力がかかると、キリキリと痛むようになってしまったのである。金属で覆われている中だけに、かなりヤバイことになっているのではないかと不安になり、近所の歯医者を予約したのだ。
 レントゲン撮影をして、いずれ親知らずも全部抜いた方がいいというような話をしたあと、「ではまずこのかぶせてある金属を取らないと治療できないので」とおもむろに金属を削りだし、なんか外れたなと思ったら「では口をゆすいで下さい」と言われ、これからついにあの阿鼻叫喚のドリル地獄が始まるのかと思い心の準備をしていると、「今日はこれで結構です」って...え?ええぇっ???
 舌で触ってみると、なんだか切り株みたいな情けない感じになっている歯の土台だけが残っている。で、次回の予約をしたら、「予約がいっぱいなので、来週の金曜日でどうでしょう」って...このまま一週間以上放置? いやたしかに今日は痛みは治まっていたけど、金属のガードも外してしまったら今度痛みだしたらもっとひどいことになるのではないかい? 食事にも不自由するし。ってゆーか、歯の治療ってこんな悠長なペースだったっけ? レントゲンも撮って3割負担だから、結構いいお値段も取られたし。なんだかとっても先行き不安。
 ちなみに、今切り株状態になっているのは、以前1本だけ抜いた右下の親知らずの隣の歯。左下の親知らずも斜めに生えているため、隣の歯と衝突している所が欠損しており、やたら食べ物がはさまるので、自然と右側でばかり物を噛むようになっていて、その結果逆に右側の方が先に痛んだようである。その左下の親知らずもいずれ抜かないとダメだと言われ、相方を失う(1本は既に失っている)上の親知らずも抜いたほうがいいということなので、今の治療が終わったら、その3本の抜歯をどういう段取りでやるかを考えないといけないようだ。斜めに生えている親知らずの抜歯なんて、ほとんど外科手術だし、なんとも気が滅入る話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »