« 紅葉はまだ薄化粧 | トップページ | ベルギー王立美術館展 »

さらば三角屋根

061116_09 奥多摩湖からのバスはそんなに頻繁にはないので、11時前の便であっさり退散。帰りに、久々に2年前まで住んでいた国立で下車。たぶん、本当に引っ越しの時以来。駅の構内の様子がずいぶん変わったなあと思い、南口に出ると、「三角屋根の国立駅舎は、10月10日から解体されます」という大きな看板にびっくり。
061116_10 これが、今の解体中の駅舎の様子。
061116_11 以前はこんな感じ。これが国立のシンボルだったからなあ、善くも悪くも。例の景観条例のシンボルでもあったはずだけど。あのマンション訴訟は結局どう落ち着いたんだっけ。(たしか、建物一部撤去という無茶な一審判決は覆されたはず。) 駅を見ると、明らかに北口のマンション林立の方が景観に影響しているが、景観条例は駅から学園通り方面を眺めた時のピンポイントの景観だけを対象にしてるんだっけ?いずれにせよ、人口があふれているこの狭い東京で、この地域の景観だけをこの地域住民の主張だけで守るなんてのは所詮無理。ある地域を景観保護の対象とするという判断は、当然それよりも大きな枠組み(国立市であれば、少なくとも東京都)の中で議論されないとおかしいのだが、議論の中でそういう視点がどこにも見当たらなかったのが不思議。
061116_12 この日ここに来た目的は、本当は学園通りの銀杏並木だったのだけど、まだそんなに色づいてなかった。並木がまっ黄色に染まっている時期は本当に見事。春の桜、秋の銀杏、冬のクリスマスイルミネーションと、この並木道を見に来るだけでも価値があるのはたしか。
 大戸屋で昼食後、久々にたい焼きが食いたくなって、本屋の横にあったおはぎとたい焼きが売りだった小倉あん専門店に行ってみたら、どらやき専門店に変わっていた。なんかショック。(って、駅舎よりもこっちかい!)

|

« 紅葉はまだ薄化粧 | トップページ | ベルギー王立美術館展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/12728254

この記事へのトラックバック一覧です: さらば三角屋根:

« 紅葉はまだ薄化粧 | トップページ | ベルギー王立美術館展 »