« 職業病 | トップページ | トンネル脱出? »

「問題のある問題」の問題

つまらないことなんですが...

 某○○試験の本試験の解説やら、そのための模試の作問監修やらの仕事をやってると、「問題のある問題」とか「この問題はここが問題」とかいうことを言わないといけないことが多く、適切な言い換えができなくてぶちきれそうになります。

 ただでさえ問題のある問題のせいで頭にきているのにその「問題のある問題」という言葉自体問題なので問題点を適切に表現できずにモンモンして問題行動を起こしそうになるのが問題なのです。

 一応、「問題のある出題」というようにローカルに言い換えることができる場合はあるのですが、「出題」という言葉だと、あくまでも「出題する行為」に重きを置いた表現なので、「問題」の言い換えとしていつでも使えるわけではありません。一方、「問題のある」「問題だ」の方の「問題」については、「課題」「不具合」「不都合」とかだと意味が限定的すぎます。一番近いのは「不適切な」「不適切だ」だとは思うのですが、やはりかなりニュアンスは変わってしまいます。

 出題されたものという意味での「問題」について述べている文脈の中で、不適切なポイントという意味での「問題」という言葉をぴったり言い換える、適当な言葉ってないですかねぇ?(いい案があれば教えて下さいマセ。)

 こういう言葉の重複を回避するために、筆が止まってしまうことって、文章書く仕事してると結構多いものです。日本語は難しい。

|

« 職業病 | トップページ | トンネル脱出? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/12641091

この記事へのトラックバック一覧です: 「問題のある問題」の問題:

« 職業病 | トップページ | トンネル脱出? »