« チーム新庄 | トップページ | 「問題のある問題」の問題 »

職業病

 予備校方面でやってる謎の仕事では、論理的におかしな文章や文脈の破綻した文章にもれなく敏感に反応して、修正することが求められる。そのため、頭がそのモードになっているときは、テレビのアナウンサーのいい加減な発言等にも非常に敏感になってしまう。だれもがさらっと聞き流すようなところに一々気がついてしまうので、イライラが絶えないのである。最近は、そのモードになっていない時でも、誤謬過敏症とでもいうべき状態が慢性化しており、これは完全な職業病である。気にしなければいいと簡単に言われそうだが、気がつかないのではなく、気がついた上で気にしないのは、それはそれでストレスになる。

 とはいえ、サッカーアジアユースの1次リーグの実況をやるのであれば、勝ち点計算ぐらいはしっかり予習して状況を理解しておけと思うのは、さほど過剰反応でもあるまい。

 以下は、日本−イラン戦における、グループCの勝ち点の状況についての、前半と後半での実況アナのコメント。

前半「勝たなければ決勝トーナメントへの道が断たれるイランも背水の陣。この試合に全てを賭けています。一方の日本は、この試合に勝つか引き分け、あるいは、負けたとしても4点差以内なら、決勝トーナメントへの進出が可能ではあるのですが、しかし、負けるようなことがあると一転、日本・イラン・北朝鮮が勝ち点6で並ぶという最悪の状況も考えられ、できれば勝つか引き分けてすんなり決めておきたいところですよね。」

後半「日本は、この試合非常に有利な状況で迎えました。この試合に勝つか引き分け、あるいは負けても大量失点を食わなければ、決勝トーナメント進出が決まります。ただ逆に負けるようなことがあると、イラン・北朝鮮と勝ち点6で並んで、ともすると2勝しながらもグループリーグ敗退という危機らある、まあ、全く予断を許さない状況と言えます。逆にイランにとっては、この試合に勝たなければ決勝トーナメント進出の道が断たれるという背水の陣です。」

 きっと、用意されている原稿を,語順等を適当に入れ替えながら読んでいるだけなのだろうが、文脈が完全に破綻している。日本の状況については、おそらく嘘にはならないギリギリの線で、まだ消化試合ではないということを強調するような原稿を用意したのだろう。でも、前半のコメントのような言い方では「可能である」という表現が「もう1試合の結果次第で可能である」という意味にも取られかねない。もちろん実際は「4点差以内なら確実に決勝トーナメントが決まる」という状況である。後半のコメントにしても、「大量失点を食わなければ決勝トーナメント進出が決まる」と自分で言ったそばから、「全く予断を許さない状況」って、それはいくらなんでも適当すぎるだろう。
 でも、これはまだ恐らくは「一応は理解しているけどうまく伝えられていない」ないし「実況を盛り上げるためにわざと誤解を招くような表現にしている」ということなのだろうが、イランの状況については、明らかに正しく理解していない。背水の陣なのは確かだが、イランは勝たなくても日本と引き分けて北朝鮮がタジキスタンに負ければ決勝トーナメントに行ける状況。もっと言えば、仮に日本に1点差で負けたとしても、北朝鮮が7点差で負ければ可能性は残るが、さすがにそれは望み薄なので、「負ければ決勝トーナメント進出の道が断たれる」という言い方であれば許容範囲内かもしれない。でも「勝たなければ」は完全に勇み足。それを、実況中何度も「勝たなければ決勝トーナメントへの道が断たれるイラン」と繰り返すので、その度にイラっとさせられるのである。

 もっとひどいのはこれ。
「日本・イラン・北朝鮮の3カ国に、まだ決勝トーナメント進出の可能性が残されています。」
 どうみても、その時点ではまだタジキスタンにも決勝トーナメント進出の可能性は残っていた。そのためには、日本がイランに勝って、タジキスタンが5点差以上で北朝鮮に勝つ必要があるのだが、それでも可能性はゼロじゃない。そもそも日本が決勝トーナメントに進めない条件だって、タジキスタンが北朝鮮に負けて、日本がイランに5点差以上で負けるというものだから、似たり寄ったりである。確か、前回の日本−タジキスタン戦で日本が勝った直後にも、「これでタジキスタンだけは決勝トーナメント進出の可能性は消えました」というような発言があったのだが、その件について次の試合を迎えるまでの間に誤りが修正されていないというのは、ちょっとマズイのではないかと思う。

 まあ、こんな自分にとってなんの利害もない間違いにイライラするのはやはり職業病。くだんの予備校の仕事から足を洗えるのは、いつのことやら。(っていうか、その仕事の合間に何書いてるんだ、オレ。)

 ちなみに、試合の結果は、日本は1−2でイランに負けたものの、グループリーグ1位通過。1点差とはいえ、試合内容は本当に5点差で負けてもおかしくないぐらいのドタバタ劇。イランはこんなに強いのに、なんで北朝鮮に0−5で負けちまったのだろう。これで予選敗退は納得いかないだろうな。

|

« チーム新庄 | トップページ | 「問題のある問題」の問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/12534392

この記事へのトラックバック一覧です: 職業病:

« チーム新庄 | トップページ | 「問題のある問題」の問題 »