« やっと...。 | トップページ | カカの大会。 »

エポ!

 SMAP×SMAPのライブにEPOが出演。しかも歌ったのが「DOWN TOWN」と「う・ふ・ふ・ふ」で、さらに、アレンジもほとんどオリジナルのままの生演奏。これは、ちょっと涙チョチョギレもの。
 初期のポップな頃のEPOが大好きで、「DOWN TOWN」は少年時代のVIVIDな気持ちがよみがえってくる大事な曲、「う・ふ・ふ・ふ」は、大学のサークルで最初にコピーした思い出の曲。その後EPOさん本人はナチュラル指向となり、「ポップス」という言葉のシンボルのような初期の作品をそのままの感じで生で聴く機会なんてもうないだろうなと思っていたので、TVとはいえこの2曲を生で聴けたのは感激でした。(SMAPの皆さんには、できたらダンサーに徹して欲しかった気もしますが・笑) EPOの声の持つ力は、未だ衰えておらず、そしてこの声とこの2曲との組合せは、まさに神の配合。One and Only.

 それにしても、あの頃のポップスのアレンジって、本当に素晴らしい。お洒落で、カッコよくて、華やかで、キャッチーで、なおかつ繊細。「DOWN TOWN」のイントロの印象的なギターのカッティングに、シーケンスパターンがかぶってきて(今回はこれをストリングスでやっていたけど、それもまたGOOD!)、これから始まるぞっていうワクワクする感じ。「う・ふ・ふ・ふ」のイントロの、ベル系の音のペダルノートを上に置いてコードがどんどん展開していくダイナミズムや、ストリングスの繊細な対旋律の素晴らしさ。そうだった。これが見失いかけてた自分の好きな音楽の原点の一つ。

|

« やっと...。 | トップページ | カカの大会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/15074607

この記事へのトラックバック一覧です: エポ!:

« やっと...。 | トップページ | カカの大会。 »