« いつみても波乱万丈 | トップページ | アジアカップ終了 »

「Queen」

 久々の映画。日比谷シャンテ・シネで「Queen」。マッチョなボーカルのバンドではなく、英国の女王様のお話。
 現代のイギリスにおいて王室がどう見られているかがよくわかって面白く、王室ゴシップ好きのイギリスにしては、エリザベス2世の内面について(憶測とは言え)好意的に深く描かれている。...が、なんだろう、この違和感は。その違和感の主な原因は、描く側と描かれる側の立場のあまりの不対称性にあるのだろう。女王は自らが女王であることを選べない。自らの考えを自由に述べられる立場にない。そのような立場にまさに今現在いる人物について、自由な立場にいる者が(それがどこまで当たっているかは別にして)内面描写も含めここまで徹底的に王室の側から見たかのように描いてしまうという所に、違和感を覚えるのである。これがフィクションであれば、女王役の女優の演技も素晴らしいし、エリザベス2世側に感情移入して見ても非常に興味深いのだが、ダイアナ元妃の死という実際の出来事に対する王室の対応の舞台裏にあったかもしれない葛藤の物語を、まだ健在の女王本人の監修なしに、あたかも実話であるかのように描いてしまう/観てしまうというのは、表現者/鑑賞者のモラルとして許されるべきことなのかどうか、その1点が最後まで引っ掛かった。面白みには欠けるかもしれないが、ドキュメンタリーに徹するか、さもなくば、設定を変えてフィクションに徹するか、どちらかにすべきだったのではないかという疑問がぬぐい去れないのである。若くして女王となり、近代化による世の中全体の価値観の変化に翻弄されながらも気高く君臨しているエリザベス2世という、実に興味深い人物を描きたいという圧倒的な誘惑が存在したということは、大変よく理解できるのだけど。
 面白いか面白くないかと言われれば面白い映画である。しかし、その内容は、あくまでも眉につばをつけて読むべき、東スポの記事と同レベルのものであるということは決して忘れてはならないと思う。
 それにしても、エジンバラ公のあのひどい描かれ方は、アリなんですかね?実際にも不用意な発言の多い人物だという風評はあるようだけど...。

|

« いつみても波乱万丈 | トップページ | アジアカップ終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/15473607

この記事へのトラックバック一覧です: 「Queen」:

« いつみても波乱万丈 | トップページ | アジアカップ終了 »