« 修理2件 | トップページ | FLASH+Safariの不具合? »

日々是勉強?

 先日、ふと思い立ってFlashコンテンツを作れるようになりたいと思い、FLASH Basic 8を購入した。FlashはMacromedia社からAdobe社に移管されており、今はAdobeからIllustrator等との統合性の高いソフトが出ているが、買ったのはMacromedia社から出た最後のバージョン。その辺の事情をあまり把握しないまま店員に騙されるようにして買ったのだが、世の中の書籍等は現状ほとんどこのFLASH 8に準拠しているので、まあ今のところ結果オーライか。
 そのFlashなのだが、雛形として用意されているものを使うだけならともかく、ちょっと自分のやりたいようにインタラクティブなコンテンツを作ろうとすると、アクションスクリプトというやつを使いこなさないとならない。これが、昔ながらのプログラミング言語ならまだよいのだが、Flashの場合は、階層的に定義される各オブジェクトがそれぞれにアニメーションの時間軸を持っており、その時間軸の1フレームに記述されるスクリプトや、時間軸の中にフレームをまたいで配置されるオブジェクトの参照に付随して記述されるスクリプト等、スクリプトを書く場所が分散しており、インタラクティブな動作を設計する際は、オブジェクト間の動作のネゴシエーションを設計しないといけないという、かなりハードルの高いものとなっている。ある程度まではスクリプトを知らなくても使えるようにソフトの方がサポートしている分、自分でスクリプトを書かないといけない部分との関係が見えにくくなっているのも分かりにくさの一因であろう。
 参考書はいろいろ漁ったのだが、どれも帯に短したすきに長しである。というより、どれも肝心な部分が書いてない気がする。「こう書けばできる」ではなく、「これはこういう考え方なのでこう書かなければならない」という部分が見えてこないのである。なので、試行錯誤しながら結構使い込んでいるのに、未だに非常に基本的な部分がもやもやしてよく分かっていない。とはいえ、今まで出来なかったことが、Flashを使えばできるということも多いので、だましだまし使っていくしかないか。
 それにしても、BASICに始まり、FORTRANにPL/Iにcにc++にcshellにperlにHTMLにJAVAスクリプトにと、こんだけいろんな「記述言語」を使ってくれば、そろそろ頭も追いつかなくなってくる。仕事の関係で、今度は数式の記述言語であるLaTexについに手を出すことになり、今度勉強会があるらしいが、数式入力については数年前にMathtypeとNisusWriterの組合せというのを徹底的に叩き込んだものが、過去の遺物と化してしまったので、その時に使い古してしまった脳内のスペースを返してくれって感じである。新しいソフトや、新しい記述言語をマスターすることの繰り返して、人生どれだけ無駄にしていることだろう。
 新しいソフトといえば、ついにLOGIC 8が出たらしい。最近音楽活動も低迷していたので、この辺でもう一度新たにDTMを始めたつもりで環境を一新するのもいいかも知れない。が、こちらも諸々ハードルの高いことが多くて困る。とにかく、この歳になっても、日々勉強しないといけないことは腐るほどある。

|

« 修理2件 | トップページ | FLASH+Safariの不具合? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/16651396

この記事へのトラックバック一覧です: 日々是勉強?:

« 修理2件 | トップページ | FLASH+Safariの不具合? »