« 叙述トリック | トップページ | 「合唱ができるまで」 »

中原めいこ

 例によって生活時間がずれているので、晩飯か朝飯かわからないものを食いにさっき(午前5時ごろ)蕎麦屋に行ったら、BGMの有線が40代狙い撃ち攻撃。マイケルジャクソン「BEAT IT」、中島みゆき「あばよ」、ヴァン・ヘイレン「JUMP」、とかいう謎のラインナップの中、唐突になつかしさの琴線を鷲掴みにする歌声が...。中原めいこの、それもいわゆるヒット曲ではなく、繰り返し聴いたアルバムの1曲目に入ってた「Dance in the memories」という曲。

 この人は、世の中では「君たちキーウィ・パパイヤ・マンゴーだね」を歌ってた人としか認識されてないかもしれないが、クオリティの高いポップスの名盤を多数残した人である。特に、バラードアルバム「Happy birthday, Love for you」は、CDがすり減るぐらい聴き倒したものだ。その次によく聴いたのが「鏡の中のアクトレス」。そのオープニングナンバーがいきなりかかったので、当時音楽と言えば基本的にアルバム単位で聴いていた自分としては「あのころの時間が切り取られて突然始まった」ような感覚に陥り、ひどく切ない気持ちになったのである。まして、中原めいこさんは、あのころ好きだった女性歌手たちの中でもかなり潔く一線から退いてしまった人なので、自分の中では「現在とは不連続な二度と戻れないあの日」の住人であり、懐かしさの中でもさみしさ成分含有量の多い懐かしさをまとっているのだ。

 ちなみに、彼女の曲で一番好きなのは、上に挙げた2枚のアルバムに共通して入ってる「Infinite Love」。ゴージャスなアレンジと切ない歌詞がたまりません。

 それにしても、なぜまたあんな、あまりメジャーではない曲がかかったのだろう。実は今までアルバムの中の曲としか認識していなかったのだが、調べてみると「Dance in the memories」は「きまぐれオレンジロード」というアニメのエンディングで使われてたらしい。アルバムのタイトルナンバー「鏡の中のアクトレス」がそのアニメのオープニング曲で、この2曲カップリングのシングルが出ていたようだ。発売が88年1月...ちょうど20年前! あの当時は、アニメを含めあまりテレビを見ない生活をしていたから、そのアニメも全然覚えていないのだけど、多分私とはまた全然違う懐かしさでこの曲を聴く人もいるのだろうな。

 自分も20年後に思い出してもらえるような曲を書きたいという想いは...やっぱり捨てられないなあ。

|

« 叙述トリック | トップページ | 「合唱ができるまで」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/17370565

この記事へのトラックバック一覧です: 中原めいこ:

« 叙述トリック | トップページ | 「合唱ができるまで」 »