« 東新宿・SACT | トップページ | 携帯ゲーム機 »

川崎・チネチッタ

 いろいろお世話になっている雑賀俊郎監督の映画「チェスト!」を、4/30のレイトショーで川崎のチネチッタで観賞。鹿児島が舞台の物語でもあり、観ておこうと思っていたのだが、4/30の夕方に仕事が一段落して上映館を検索したところ、今の生活時間のサイクルと照らし合わせ、川崎でこの回を観るのが一番落ち着いて観れそうだと判断して急遽出かけたのである。
 チネチッタに最初に行ったのは「パプリカ」の時だが、日比谷線三ノ輪からだと秋葉原での1回の乗り換えで、実は結構楽に行けるので、公開されてから時間が経って上映館が減ってきたような映画に行くときは、ちょくちょく活用している。今回、終演が23:20頃でも問題なく電車で帰れることが判明したので、これからもお世話になりそう。

 「チェスト!」は、鹿児島市の松原小学校で(今も?)実際に行われている、錦江湾横断遠泳大会をモチーフにした物語。
 正直に言うと、現実世界において(たとえ参加は自由意思という建前としても)全員可能な限り参加することが望ましいという空気のもと、学校行事として行われる遠泳大会などというものが存在することの是非については、私自身は完全に否定的な見解を持っている。そこまで大きな「理不尽」を全員に対して一律に設定するというのは、今の時代にはなじまない。
 ただ、この物語の主人公の少年たちは、その理不尽な状況を、自分たちがそれぞれに抱えている別の問題を乗り越えて昇華させるための装置として、賢くたくましく利用することができたのである。
 ハッピーエンドの物語が感動を呼ぶのは、助け合いつつ自助努力をした結果、自らの手でつかみ取った良き結末だから。そういう意味では、その遠泳大会の存在自体が適切なものであるかどうかは物語の本質とはあまり関係はない。あくまでも主役はその状況におかれた子供たち。だからこそ、私のように「自由意思によらない根拠のない集団行動」ができないひねくれ者であっても、子供たちの姿には思わず涙腺がゆるむ場面もあったのだ。
 (ただ、地元ではこの映画が遠泳大会の正当化のために利用されるのではないかという不安は否めないが...。)

 ちなみに、自分の通った高校では、「桜島一周夜間行軍」というイベントがあった。(恩田陸の「夜のピクニック」みたいなものだが、決定的に違うのは...男子校だったことである(涙)) 今思えば、生徒側に参加拒否権が明確に設定されてなかった気もするし、これも理不尽といえば相当に理不尽だが、自分はといえば、単純に夜歩くというイベントが楽しくて、嬉々として参加していたようである。脳天気なものだ(苦笑)。大人びていた連中の中には、耐え難い出来事だと思っていた奴もいただろうなあ。

|

« 東新宿・SACT | トップページ | 携帯ゲーム機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/41073299

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎・チネチッタ:

« 東新宿・SACT | トップページ | 携帯ゲーム機 »