« ダイヤモンド富士 | トップページ | 7月だ。 »

3次予選突破。

 サッカー日本代表がタイに3−0で勝ち、オマーンがバーレーンに引き分け以下なら日本とバーレーンの3次予選通過が決定という状況だったのだが、時差の関係でもう1試合の結果が出るのが深夜にずれこんだ。今AFCのHPを確認したら、1−1の引き分けだったようで、思いのほか苦しんだ3次予選も無事突破が決まったようだ。今日も遠藤は2アシストで存在感を見せ、アウェイでの快勝に貢献。まずはおめでとう。中村俊の足の状態が心配だが。
 これで、ホームでのバーレーン戦は、グループ1位通過をかけた試合になるが、今回の予選のフォーマットでは1位通過か2位通過かは最終予選の組合せには全く影響しないようで、最終戦は完全なテストマッチとなる。少しでも故障を抱えた選手は全員休ませたいところだが、そうすると主力はほとんど総取っ換えになってしまい、大事な実戦でのコンビネーション練習の場がもったいない気もするが、どういうメンバーで戦うことになるのだろう。

 そういえば、EURO2008のグループCは大変なことになっているようで。既に1位通過が決まっているオランダは、最後のルーマニア戦は真面目に戦う必要は全くないのだが、もしオランダが負けたら、その時点でフランス対イタリアの試合の結果にかかわらずオランダとルーマニアの予選通過が決まってしまう。(現在の勝ち点は、オランダ6、ルーマニア2、フランスとイタリアが各1) オランダが本気で優勝したいのであれば、フランスにもイタリアにも決勝に進んで欲しくないと考えるのは自然である。その場合、オランダはルーマニアに負ければいいのであるが、その場合も敗退行為が明白なら八百長と同様の不正とみなされるのだろうか?最終的なゴールに向けて最大の利益が得られるような戦略を選択するのは、スポーツでは当然のことだと思うのだが、オランダは嬉しくも困ったジレンマを抱えてしまったことになる。今の状況では、本気で戦ってたまたまルーマニアに負けたとしても、フランスとイタリアからは八百長呼ばわりされるんだろうなあ。

 まあ、EUROは確かに試合のレベルも高く、面白いけど、日本代表のW杯予選をあそこまで軽く扱ってEURO一色にしている「スーパーサッカー」の姿勢には、どうも違和感を感じる。別にナショナリズムを煽る必要はないけど、よその国同士の対戦の方が重要ってのは、それはそれで何かズレてる気がする。そのくせ、そのいち押しのEUROのMCに明らかにサッカーを何も知らないベッキーを持ってきて、試合の解説に明らかに解説者に向いてない小倉氏をもってきて、ぐだぐだの番組作りをしているTBSのせいで、日本のアウェイのオマーン戦の開始時間が日没前になったかと思うと、かなり胸糞悪い。

|

« ダイヤモンド富士 | トップページ | 7月だ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/41537348

この記事へのトラックバック一覧です: 3次予選突破。:

« ダイヤモンド富士 | トップページ | 7月だ。 »