« 秋葉原という街 | トップページ | 3次予選突破。 »

ダイヤモンド富士

 6/10〜11の1泊2日で、実家の両親と弟と4人で富士山方面に家族旅行。父もかなり高齢で、諸々の大病を患った結果世間の人々と比べて健康とは言い難い状態でもあり、せっかく遠出をする時ぐらいは独身の息子2人も付き合えということで。羽田で鹿児島から来た両親と合流して、東京から新幹線で新富士、そこからレンタカーで行動。母のほうはバリバリ元気で、日頃から父の運転手としても走り回っているので、レンタカーの運転も私ではなく母の担当。
080615 旅自体は、別にどうということもない物見遊山だったのだが、離れて暮らしてこの歳になると、家族で集まるということ自体が特別なイベントということなのだろう。ただ、宿泊した「休暇村 富士」は、特に期待していなかっただけに、部屋からの景色の素晴らしさにびっくり。「田貫湖」というとぼけた名前のマイナーな小さな湖(私が知らなかっただけ?)の湖畔にあるのだが、客室の窓から望む湖の真正面に富士山が鎮座していて、湖面に映る逆さ富士と合わせてきれいな菱形を形成するのである。しかも、その方角は東なので、年に2回ほど、ちょうど富士の山頂から朝日が昇る日があるらしい。宿泊した日の朝は山頂からの日の出でもなく、もやもかかっていたけれど、それでも湖面に映るシルエットは一見の価値があった。
 「休暇村」というのは、旧厚生省の音頭で国立・国定公園に設置された総合的休養施設で、財団法人休暇村協会が運営しており、全国に36箇所あるらしい。だれでも普通の宿として利用でき、料金は今回の休暇村富士であれば1泊2食付きで1人1万円ちょっと。あの部屋であれば、よっぽどの悪天候でない限り窓からの景色で十分元は取れる。
 ちなみに、両親は東京1泊付きの格安航空券だったので、2日目は東京に泊まって12日に帰ったのだが、その格安航空券とセットのホテルが品川プリンス...。品プリなんて、高級ホテルのイメージがあったのだが、今やそうでもないのか? 去年の正月に福岡で友人と遊んでから鹿児島に帰った際に、九州のどこでも1泊付きの格安航空券を使って博多に泊まったときの宿は、どうみてもビジネスホテルクラスだったのだが...。

|

« 秋葉原という街 | トップページ | 3次予選突破。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/41537204

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンド富士:

« 秋葉原という街 | トップページ | 3次予選突破。 »