« 自律神経失調中 | トップページ | 「採石場」で仕事中。 »

前近代的道路工事

前の記事の後、耳栓をしたまま寝てしまった。目が覚めて耳栓を外してしばらくしたら両耳から激痛が走った。なんか雑菌が入ってまた炎症を起こしたようだ。もうこれ以上耳栓はできないが、未だに外のガス工事の騒音は容赦なく続いている。逃げ場はない。

午前中の最初の騒音は道路を回転ノコギリみたいな奴で切る作業、そのあとは砕石機のようなので道路を壊す作業、今やってるのはアスファルトを叩いて固める作業。道路の工事のやり方って、なんで未だにこんなに前近代的なんだ?明らかに近隣の住人が通常の生活を維持できないレベルの騒音を出す工事になっているのだから、多少コスト高でもより騒音の出ない工法があるならそれを採用すべきだし、その程度の技術がなくて何の文明だ。

そもそも、ガス管や水道管は道路の下にあって、埋め戻してるってことはいずれまた掘り返すんだろう?あまりにもノープラン。

|

« 自律神経失調中 | トップページ | 「採石場」で仕事中。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/42964098

この記事へのトラックバック一覧です: 前近代的道路工事:

« 自律神経失調中 | トップページ | 「採石場」で仕事中。 »