« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

入稿〜帰省〜バレエ

 年末からバタバタしていた2月発売の本の原稿は、1/5の朝にようやく表紙デザインも含め完成し、無事入稿。今は白焼校正紙や表紙の試し刷りも届き、15日頃までに校正済みの最終原稿を入稿したらいよいよ本刷りである。白焼は、16ページずつの実物サイズの冊子になっているので、実際の本の形にさらに近づいてきて、なんかうれしい。これから細かい表現やタイプミスの修正は入るものの、現状でもそんなにクオリティは低くはないので、ともかく出版するために必要な最小限のデータは吐き出し終えたという安堵感で、今はちょっと腑抜け状態である。今回は組版を自分で行ったので、全てのデータを抱えたままの状態でギリギリまで図版類を作成していた1/4までのプレッシャーは半端じゃないものがあった。精神的なコンディションだけでなく、頭痛、めまい、不眠、全身神経痛、指先のしびれなど、体中に変調をきたしていても、寝込んでしまったらアウトというのがさらにプレッシャーになるという悪循環。しかし、脱稿してみると、体調不良のほとんどがそのプレッシャー自体が原因だったことがよくわかる。ともかく、心臓と脳の血管が最後まで持ってくれたのが、なにより。

 5日の入稿後、今さらながら冬支度の買い物に出かけ、6〜8日は鹿児島の実家に帰省。この歳になると、いろいろ重たい話もあるのだけど、可愛い姪たちの成長に目を細め、初詣やら親戚への挨拶やら墓参やらを済ませ、夜中まで母の愚痴を聞き、父のパソコンのサポート業務をさせられ、なんだかんだとそれなりに有意義な時間を過ごす。父は、病気と闘うのではなく、あくまでも自分の音楽活動で闘い続けているようで、それはそれで大変だけどよいことなのだろう。

 8日は、午後の飛行機で帰京後、部屋に荷物を置いて着替えてそのままBunkamuraオーチャードホールでのバレエ観劇初体験に友人と出かける。ひょんなきっかけで入手したチケットは、レニングラード国立バレエの「ジゼル」。草刈民代客演の回ではなかったので、時間差で買っても連番が取れたぐらいに空いてはいたのだけど、おかげで非常に良い席で新年にふさわしい素晴らしい物をみせてもらった。生のオーケストラの演奏に、個々の踊り手の繊細かつダイナミックな動き、そして、舞台を大胆に切り取る空間芸術としての群舞。バレエなんて子供の頃にテレビで見て退屈だと思った記憶しかなかったので、本当はこういう芸術だったのだとあらためて認識。
 年末は忘年会の類いも一切断って原稿書きをしていたので、観劇後の新年会は約2ヶ月ぶりぐらいのアルコール。(実家でもまだ体調が戻ってなかったので、酒は控えていたのだ。)

 そんな感じで(ガンバの天皇杯制覇に始まり?)久々にポジティブな要素の多い年明けになったのだが、さすがに昨日今日は電池切れを起こしてダラダラと過ごしてしまった。(おかげで、読みかけだった宮部みゆき「日暮らし」は読破できたけど。心に染みる部分の多いこれまたいい作品。)本当は今月はこれからが大変。本の締切のために先送りにしていた全ての仕事を自転車操業で乗りきっていかないといけないのだ。それに加えて、本の出版に向けてもう一押しやっておきたいこともいくつかあるのだが、まずは、明日締切の仕事が、全然進んでない...ヤバイ。これからもう一度潜伏モードに入って、次に再浮上できるのはいつだろう。(今年はなるべくこまめに浮上したいとは思うのだが。)

 さて、再び現実に戻るか。


追記:「ラングレーの問題にトドメをさす!」(2/172/25発売)の価格が¥2,700(+消費税)に決定。がんばってコストを押さえて、なんとか¥3,000以下の価格設定にこぎつけました。(発売日が2月25日に変更になりました。2/15記)

追記2:鹿児島城西が高校サッカーで決勝に進出したようである。父の書いた校歌は放送で流れるのだろうか。

追記3:仕事上の期の始めは、今年も7/1の予定。2008-2009シーズンの上半期は本を一冊仕上げたので、下半期はまずはレギュラーな仕事をがんばらねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高の元日

久々にスポーツを見て泣いた。
いいものを見せてもらった。ありがとうガンバ大阪。
一番がんばったチームが報われた、年の初めのすばらしきフィナーレ。

ACLのディフェンディングチャンピオン枠が廃止され、限りなく重たい意味を持つ天皇杯の決勝に向け、故障を抱えた選手たち。解説もだれも指摘しなかったが明らかに左足でクロスを上げられないコンディションの安田もがんばった。遠藤の驚くべきセルフコントロール、120分で勝利を引き寄せた西野采配、そして幡戸...。

自分も、いいスタートを切らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »