« Pantherの死 | トップページ | 太陽の誘惑 »

結石

 昨日の朝、起きた瞬間から右脇腹に堪え難い痛みがあった。突然の激しい腹痛なので、虫垂炎か結石だろうと思ったのだが、前に結石をやった時は痛みはもっと背中側だった気がしたので、盲腸切るとなると、今抱えている仕事はどうなるのだろうと不安を抱えつつ、とりあえず近くの病院へ。普段医者にかからないので、以前健康診断で訪れた病院に行き、そこからさらに近所の胃腸科を紹介してもらい、そこまでは歩いて行ったのだが、そこでまた痛みが激しくなり、急患として紹介してもらった総合病院へはタクシーで。
 急患と行っても、総合病院はとにかく混んでいるので、待ち時間が多く、処置室のベッドを借りてのたうち回っていた。最初に痛み止めの注射を打ってもらうまでに1時間ぐらいかかり、それでもあまり効果がなく、座薬を入れさせてもらうまでさらに2時間。痛みが原因で吐いたのなんて初めてである。触診により、虫垂炎の可能性は低そうだったのだが、血液検査と尿検査の結果+レントゲンでも明確な所見は得られず、朝から何も口に入れてなかったのに、所見が得られるまでは水も飲むなというひどい仕打ち。最終的にはCT写真を撮ってようやく尿管結石と判明。出口がふさがれた右側の腎臓が左に比べて腫れており、小さい結石もCTに写っていた。その頃には座薬の効果で痛みも引いていたので、普通に医者とも会話もできたのだが、さっきまでのたうち回っていた姿を見られている看護師さんの視線を微妙に気まずく感じながら、半笑いで退散。
 結局、この日は朝から16時過ぎまで病院三昧で、いろんな検査をされたので、びっくりするような料金を払わされ、散々な目に会った。症状を抑止すると所見を得にくいという事情はわからんでもないが、これだけ患者が苦しんでいるのだから、最初で座薬入れてくれという感じである。痛みに耐えるのにどれだけ体力を消耗したことか。
 結石という病気は、よほど石が大きい場合を除き、「死ぬほど痛い以外には特に何も弊害はなく、自然に石が排出されるのを待つしかない」というなんとも厄介な病気である。弊害はないと言っても、腹部の痛みであるため、脳が通常の腹痛と誤認してしまうようで、著しく食欲が低下するのも困りもの。数年前に一度罹り、この病気だけは二度となりたくないと思ったのだが、どうも石が出来やすい質らしい...。まあ、痛みさえ抑止しておけば、多少朦朧としている以外は仕事もできるので、最悪の事態だけは回避できたのだが、正直この状態で仕事をするのは辛い。(でも締切は待ってくれない...)

|

« Pantherの死 | トップページ | 太陽の誘惑 »

コメント

自己レスですが...
今日は激しい痛みは出ないものの、薬の副作用か
ひどい悪寒に襲われていて、結構キビシイなあ。

投稿: hiro-s | 2009.03.31 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/44520219

この記事へのトラックバック一覧です: 結石:

« Pantherの死 | トップページ | 太陽の誘惑 »