« 「グガン」 | トップページ | 「Saving all my love for you」 »

「世界観」

 「世界観」という言葉を濫用するのがきらいだ。
 この言葉の本来の意味は、文字通り「世界に対する見方」、つまり、世界をどういうものとして捉えるか、どういう切り口で見るかである。それが、しばしば単に物語の舞台設定としての世界の姿という意味で、「この物語の描く世界は〜」という代わりに「この物語の世界観は〜」という言い方をされる。これは巧妙なすり替えだ。
 たとえば、SF的な架空の舞台設定の中に登場人物を放り込んで、極限状況における人間の姿を描く、これはいい。でも、そこで描いているのは「人間」であって、舞台設定自体は物語のために都合のいい設定を作者が作ったにすぎない。もちろん、その舞台設定に作者の「世界観」が反映されている場合もあるだろう。(この「世界観」という言葉の使い方は正しい。)しかし、多くの場合はそうではないし、そうである必要もない。また、実際に作者の「世界観」を反映した物語設定であったとしても、それは、その設定が作者のどういう「世界観」を反映したものなのかを分析するという文脈で語られるべきことであって、作品の設定を指して無条件に「この世界観は〜」と論じていいものではない。
 すでに言葉の意味が転じていてその物語が描いている世界の姿のことを「世界観」と呼んでいるだけだ、と言う人もいるかもしれないが、原義が完全に消滅しているわけではない以上、そこにはどうしてもプラスアルファの意味が発生してしまう。物語の設定のことを「世界観」と呼ぶことで、どんな荒唐無稽な設定やご都合主義的な設定であっても、その設定自体に何か現実世界とリンクした意味があるような根拠のない幻想を抱かせることになるのだ。それがこのすり替えの巧妙なところ。もちろん、荒唐無稽でご都合主義的な設定そのものを否定しているわけではない。それで物語が面白くなるなら全然構わないのだが、それはあくまでも「虚構」を楽しむということであって、「世界観」という言葉のトリックによって、物語世界に対する客観性を放棄するのとは話が違う。

 また、この「世界観」という言葉は、映画やアニメや小説にとどまらず、あらゆる分野で一人歩きしている。新人タレントや、新しい商品、ブランドなどのイメージ戦略全般を「世界観」という言葉で片付けてしまうのだ。「世界」も地に墜ちたものである。

 なぜ唐突にこういうことを書いているかというと、最近深夜にやっている「新世紀エヴァンゲリオン」の一括再放送ってやつを見ているからである。その名前ぐらいは知っていたが、把握しているのはメディアで流れる綾波レイのビジュアルぐらいで、今まで一切手を触れずにきた。(そもそも、最初に放送された当時はバリバリのサラリーマンだったので、水曜18:30のアニメなど存在も知らなかった。) だが、先日仕事の合間にTVをザッピングしてたらたまたまその一括再放送の初回のオープニングに出くわして、これは現代の空気を知る上での教養として食わず嫌いをせずに一度観ておけということかと、観念して見始めたのだ。(さっき録画で観たところで、26話中16話まで。)
 これを今まで敬遠してた理由の1つに、「世界観」という単語がこの作品の周辺でやたら濫用されているイメージがあった、ということがある。それが逆に作品自体にうさんくさい印象を与えていたのだ。
 実際に観てみると、たしかによくできている。なるほど、少し下の世代の人々はこういうものを観ていたのか。十代のピュアな頃にこれに出会っていたら、ハマってしまうのも、うなずける。世界を守るパイロットが14歳の少年少女でなくてはならないという無茶な設定も、謎めいた背後の設定でその無茶さ加減がうまくごまかされているので、毒性は強いだろう。主人公と同世代の子供たちが観るのと、この歳になって初めて観るのとでは、感じ方も全然違うだろうし、もはや想像の域を出ないのだけども。
 虚構を楽しむには、登場人物に感情移入できた方がいい。そして、そのためには、物語の設定に対する客観的な視点はちょっと脇において、物語世界に入り込んだ方がいい。でも、それは大人の考え方である。子供たちは、最初から物語の設定に対する客観的な視点なんてものはないところから出発するのだ。だからそこから受ける影響は直接的である。僕らの世代の「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」がそうであったように、この作品がある世代に与えた影響はかなり大きいのだろうな。

|

« 「グガン」 | トップページ | 「Saving all my love for you」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/45717567

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界観」:

« 「グガン」 | トップページ | 「Saving all my love for you」 »