« ガンバ3位死守! | トップページ | SALT & SUGAR in Orchard Hall »

BASIA in Blue Note TOKYO

 昨日(10/19)BASIAの東京公演最終日の最終セット(21:30スタート)に行ってきました。前日の日曜日に突然友人に誘われて、それから席を確保したのですが、無事指定席(アリーナソファシート)が取れました。もちろん公演によって違うのでしょうが、平日の回ならば急に思い立っても行けるのは、大人のライブハウスでの公演の魅力です。
 最初登場した時、吉田美奈子ばりの恰幅のいいお姿に仰天したのですが、音楽の楽しさがぎゅっと詰まったライブでした。
 編成は、キーボード1人、アコースティクギター(曲によってはベース)1人、トランペット(と、手が空いてる時はシェイカーなどの軽いパーカッション)1人の3人の楽器陣と、コーラスが2人。ドラムもコンガもないので、曲によっては少しビートが物足りないところもありましたが、リラックスして聴くぶんにはちょうどいい感じで、それにイタリア人のギタリストが非常にうまく、音使いもビートも雑なところが一切ない安定したボサノバサウンドを一人で生み出していました。
 そして、なんといってもBASIAといえば計算されたコーラスワーク。3人の歌姫によるハーモニーは圧巻でした。BASIA本人は、高音域が少し出にくくなっているようで、ソロの部分では、上がりきらなかったり、声量のスムーズなコントロールができなかったりというところも少しあって残念でしたが(女性の声域は年齢とともに下の方にシフトするので、昔からの楽曲をやる際はある程度仕方のないことです)、ハモリの部分では3人の息はぴったりで、特にモーリシャス出身のクラリス姉妹のパフォーマンスは完璧でした。ステージ中盤ではコーラスの2人がそれぞれリードボーカルをまかされる曲が1曲ずつあり、BASIAの楽曲の良さを完璧に伝えるという意味では、この編成で1ステージ聴いてみたいと思わせるような、これもすばらしい出来でした。
 あと、個人的には、長年BASIAと組んでいるらしいキーボードのダニー・ホワイトの、何も難しいことはやっていないけれどもツボを押さえた演奏も印象的でした。
 15年ぶりの新譜からの曲だけではなく、「Drunk On Love」「Copernicus」といった往年の名曲も、そのままの形でやってくれて、とてもHappyな夜となりました。時折クオリティの高いライブに誘ってくれるこの友人にも感謝。

|

« ガンバ3位死守! | トップページ | SALT & SUGAR in Orchard Hall »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/46540547

この記事へのトラックバック一覧です: BASIA in Blue Note TOKYO:

« ガンバ3位死守! | トップページ | SALT & SUGAR in Orchard Hall »