« SALT & SUGAR in Orchard Hall | トップページ | レッドカード »

シンシナティ交響楽団 in NHKホール

 音楽鑑賞週間の最後は、フルオーケストラと相成りました。昨夜(26日)は、シンシナティ交響楽団のアメリカンな演目でのコンサート。これは、先週末に突然友人から「行けなくなったからチケットを2枚譲る」と言われ、大急ぎで別の友人を誘って実現したもの。今年1月にバレエを観に行ったというのはありますが、純粋にオケを聴くというのは、以前鹿児島で地元演奏家を集めた里帰りコンサートを聴いたぐらいしか記憶になく、世界的に活動しているオケを生で聴くのはおそらく初めてです。(幼少期にあったかどうかは定かではありません。) そういうわけで、他のオケと比較するような意味での鑑賞眼は全くないのですが、まずはオーケストラというもの自体を非常に興味深く鑑賞させて頂きました。いきなりS席で(しかもタダで)聴くことができたというのも、実にラッキーです。

NHK音楽祭2009「オーケストラが奏でる故郷(ふるさと)の名曲」
NHKホール

10/26(月)シンシナティ交響楽団/指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

曲目:
コープランド/庶民のファンファーレ
バーバー/弦楽のためのアダージョ
バーンスタイン/「ウエストサイド物語」〜シンフォニック・ダンス
ドボルザーク/交響曲 第9番「新世界から」

アンコール:バーンスタイン/キャンディード序曲

 プレトークで、音楽評論家の方が「アメリカのオケというと、歴史の浅いものという先入観があるかもしれないが、このオケはヨーロッパの有名なオケと比べても古い歴史があって云々」というような話をしていましたが、若い国であるということがアメリカという国自体を特徴づける属性であるのですから、そもそもヨーロッパのオケと全く同じ価値観を求める必要もないのではないかと思います。シンシナティという街はドイツ系移民の街だそうで、ヤルヴィは旧ソ連時代のエストニア出身、今回の演目のドボルザークはチェコ出身で、この曲もアメリカで書いたものではありますが母国の土着的な音楽性を色濃く残しており、そういう多国籍的状況こそ、アメリカンなプログラムにはふさわしい気がします。
 1曲目は管のお披露目、2曲目は弦のお披露目。素人の認識では、オケというと弦楽器中心で把握しているので、打楽器などの特殊なパートを除き一人一人の音は全体に埋没しているのかなと思ってしまいがちですが、こと管楽器に関しては、1本1本の音もよく響きますし、生で実際に聴くと、一人一人の力量が演奏全体のクオリティに直結しているのがよくわかります。1曲目(一般には「庶民の〜」ではなく「市民の〜」と呼ばれているようです)は、短いまさにファンファーレという曲ながら、自慢の管楽器隊の技を堪能できました。一方、弦楽器は、ボウイングや表情の付け方など、全員の統制のとれた演奏が肝なので、弱音での演奏など繊細なところで真価が問われるのだと思いますが、今回の2曲目では大編成ストリングスでのピアニッシモという贅沢きわまりないものが聴けました。ピアニッシモとメゾピアノの範囲内での繊細な起伏が、一切の濁りなく見事に表現されていました。ただ、私個人として非常に残念だったのは、全体の音量が小さくなればなるほど、ここのところ慢性化している耳鳴りの音が相対的に大きくなり、一人だけSN比の著しく悪い音空間に閉じ込められていたこと。こんな場面でまで日頃のストレスが影を落としているのは悲しい...。
 3曲目は、ジャズやポップスの要素も盛り込まれたまさにアメリカンなプログラム。こういう曲で、オケに詳しくない人間からすると非常に不思議なのが、リズムの合わせ方です。指揮者のいない小人数のバンドの場合は、ドラムなどを軸に演者同士で耳でビートを合わせるのですが、オケの場合は当然指揮者がリズムをコントロールしているはずです。でも、基本的に指揮者は出す音よりも早め早めに指示を出していくわけで、実際に客席から見ていると、指揮者の動きと出てくる音との間に大きなズレがあります。もちろん、音が届くのにかかる時間によるタイムラグはありますが、そんなにステージから遠い席でもなかったので、演奏者の動きと音のズレはあまりなく、指揮者の動きと演者の動きには半拍ぐらいのズレがあるように見えました。実際には、演者も自律的にリズムキープしていて、要所要所を指揮者が締めるという形だから問題ないのかもしれませんが、この指揮者の動きを注視しながら演奏していると、聴き手に伝えるべき「ノリ」と同じものを演者が感じながら演奏することが本当にできるのだろうかという疑問が沸いてきます。あと、普段ドラム・ベースを軸としたポップスを中心に聴いている人間からすると、もっとオケ全体が一体となってスイングするようなものを想定していて、少しイメージしたものとは違う印象もあったのですが、もしかしたら聴いている自分も指揮者の動きに惑わされて出てくる音に集中できずにいただけであって、目を閉じて音だけに集中していたら、もっと素晴らしい(ノリの良い)世界が展開していたのかもしれません。そういう意味では、「聴き手は指揮者を見るべきなのか」という疑問も沸きます。せっかく生で観ているので、耳と目からできるだけ多くの情報を吸収したいというのはありますが、それによって指揮者の意図する音楽性が多少なりとも損なわれているのであれば考え物ですね。
 休憩後、後半は「新世界から(より?)」。今でも学校の下校時刻にはこの第2楽章のメロディーを流しているのでしょうか。小学校時代に夕日の印象が刷り込まれたせいもあるのでしょうが、この曲はどうしても広大な大地に沈みゆく夕日の風景画のイメージを背景にして聴いてしまいます。実は正統的な(?)クラシックとはずいぶん雰囲気の違う音使いもちりばめられており、例えば第3楽章の冒頭で、ティンパニーをからめたキメの直後に、E→B→G→Dという順番でストリングスが音を積み重ねるところがあるのですが、ポップスの言い方ではEm7のコードで、7度の音をトップノートに持ってきて強く押し出すなんてのは、なかなか他では見かけない大胆な音使いです。その後も、ペンタトニックのフレーズが効果的に使われていたりと、普段クラシックを聞き慣れていない者にとってはむしろ親しみやすさのある作品です。
 アンコールは、華やかなミュージカルの序曲で締め。この日のコンサートはNHKFMで生放送されていたらしく、時間枠のため若干曲間の演出などには制約があったようで、4曲目が終わったらすぐアンコール用の追加メンバーが入場したりというのは、ご愛敬。アンコール時のくどいほどの拍手や繰り返される挨拶というものは、正直あまりなじめないものを感じるのですが、それは、自分が拍手がすぐ鳴り止むような寒いステージというものに出会っていない幸せ者なのか、実は「日本の観客はどんな演奏でも最後だけはしつこく拍手をする」と演者にも煙たがられているのか、そこはよくわかりません。それはそれとして、この日のコンサートは私にとっては非常に新鮮な音楽体験となりました。(久々に、自分の曲でもストリングスにこだわったアレンジをしたくなりました。)

 コンサート後は、この日の連れのスペイン通のピアニストの友人に、スペイン風居酒屋(バル・Bar)に連れて行ってもらいました。すると、運良くその日はフラメンコの無料ライブが実施されていて、入店直後にスタートというタイミングの良さで、贅沢な音楽のハシゴとなりました。

 実は、日曜にも会社時代の先輩がやっているアマチュアのサックスサークル(老人ホームの慰問などの活動をしているようです)の発表会に呼ばれ、青梅まで小旅行してきたので(これは、発表会そのものよりも、その先輩と久々に話ができて、9年前辞めた会社で一緒に仕事をしていた仲間の近況などを聞きつつ、自分の人生のこれまでを振り返り今後を見据える上で、自分にとっては重要だったのですが)、それと、最後のフラメンコを含めると、8日間で5本の音楽イベント。9日前まではそのうち1つしか予定されていなかったわけで、すさまじい確変状態です。おかげで、久々にいろいろなポジティブな刺激を吸収できた上、途絶えかけていた友人たちとの交流の糸も少しずつ修復され、乾き果てた大地に雨が降ったようにもう一度前向きに歩き出すチャンスをもらった感じです。(もちろん、諸々の取り巻く環境の厳しさは変わらないのだけど。) 今日は、1週間分の疲れがドッと出てあまり使い物になりませんでしたが、明日からまたがんばれそうです。

|

« SALT & SUGAR in Orchard Hall | トップページ | レッドカード »

コメント

突然申し訳ないことでございます。
NHK音楽祭にお運びくださり、また
プレコンサートトークをお聞きくださり、
まことにありがとうございました。

ヨーロッパの名門との比較云々ではなく、
アメリカのオーケストラの多様性を、
とのご意見、ほんとうにその通りで、
言葉が足らず、失礼をいたしました。

ヨーロッパのオーケストラに比べて、
アメリカのオーケストラは歴史が新しく、
まだまだ……的な見方が、
もしかしたら保守的な愛好家の胸のうちに、
まだあるかもしれない、と
考えてしまい、あのようなお話に
なった……とはお見苦しい言い訳です。

今後もクラシックのライヴにお運びくださり
ますよう。そして、忌憚のないご意見を
お聞かせください。

僭越ですが、
益々の音楽活動をお祈りいたします。

ありがとうございました。

プレトークを担当したものでございます。

投稿: ご意見深謝です | 2009.11.11 11:47

こちらこそ、わざわざコメント頂き、ありがとうございます。私のような素人の感想でも、何かしら参考になるのであれば幸いです。

演奏前にオケや楽曲の背景などを紹介していただくというのは、その世界に精通している人以外にとってはとてもありがたいことです。特に、楽曲についての予備知識があると、たとえばポップスの世界でも、外国語の歌詞の曲の詞の内容を事前にMCでそれとなく紹介されるとその歌の世界により深く入ることができるというのと同様に、より近くで演奏・作品に触れることができる気がします。(もちろん、まっさらな状態で聴きたい人は、時間をずらして来場すればよいタイムテーブルになっていたのも、親切な設定でした。)

これからも、幅広い層がクラシック音楽を楽しめるよう、ご活躍を期待しています。

投稿: hiro-s | 2009.11.12 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/46602627

この記事へのトラックバック一覧です: シンシナティ交響楽団 in NHKホール:

» 924- パーヴォ・ヤルヴィ シンシナティ交響楽団 2009.10.26 [河童メソッド]
2009-2010シーズン聴いたコンサートより ● 2009年10月26日(月) [続きを読む]

受信: 2009.10.31 06:38

« SALT & SUGAR in Orchard Hall | トップページ | レッドカード »