« 嵐の中の。 | トップページ | ガンバ3位死守! »

悲しい言葉

たしかに、今、音楽をとりまく状況は実に不幸なものである。

「音楽でやるべきことがなくなった」

加藤和彦氏の遺した言葉が重い。

何を作っても、「彼ら」の心には届かない、そんな絶望感をだれもが背負っている。

その「彼ら」は、本当に想いを届けたい相手なのか。相手を間違ってはいないか。届けるべき想いなんて本当にあるのか。

貧しい時代の形而下の煩悶の中、そんな自問自答が見え隠れする。

|

« 嵐の中の。 | トップページ | ガンバ3位死守! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/46512892

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい言葉:

« 嵐の中の。 | トップページ | ガンバ3位死守! »