« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

ガンバ終戦

 残念。点差は5−1と大差だが、試合経過を見ればちょっとの差が雪だるま式にふくらんだ結果。二川の反撃ののろしの1点の直後の3点目も痛かったが、足を痛めてる加地を下げてDFを1枚削った直後のルーカスの退場があまりにも痛かった。その時点で、ガンバは追いつくためには守備を捨てるしかなくなったわけで、あとの2失点は必然。
 前半でPJがPKではなくシミュレーションをとられたり、ジャッジがネガティブな方向に転がる不運もあったが、満身創痍のチーム(先発DFが高木以外全員けが人で、橋本不在)にその悪い流れを止める力はなかった。しかも、相手はベストの状態の鹿島である。
 今日浦和が負けたことで、ガンバは3位が確定。シーズンを通しては、あのゲーム差からよくここまでがんばって来期ACL出場権を獲得したことを褒めてあげるしかないが、本当に大事な試合、ACLのRound16の川崎戦と今日の鹿島戦を、いいコンディションで戦えなかったのが今期のガンバ。順位も決まって最終節ホームの千葉戦は完全に消化試合となったので、天皇杯に向けてけが人はゆっくり調整してほしい。なんせ天皇杯の次戦の相手は、ゼロックススーパーカップに始まり今期全敗(うち2試合大敗)のまたもや鹿島なのである。
 その鹿島、最終節の相手が、ACL出場を逃し(厳密に言えば、天皇杯で鹿島・川崎・ガンバのいずれかが優勝すればまだ4位のチームにも可能性はあるが、今節広島も勝ったので自力4位もない)モチベーションが落ちかかってる浦和というのも勝負の流れか。一方の川崎は、今節17時からの試合で大宮に勝てば残留の可能性が残り、全力で向かってくる柏が相手である。ガンバの優勝がなくなったいま、あとは憲剛君が下を向くシーンをもう見たくないので、シルバーコレクターの汚名を返上して川崎に優勝して欲しいところなのだが、その優勝の行方がお家騒動の最中の浦和の意地にかかっているというのは皮肉なところ。浦和が引き分け以上で、川崎が勝てば、川崎の逆転優勝。天皇杯はガンバが連覇してリーグ戦4位のチームにACL枠を残すので、次節浦和はもうひとがんばりしてくれ。(4冠が目標だったうちの3冠を逃した状態の川崎と天皇杯準決勝で当たるのもイヤですし...苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと、です

 ガンバ大阪の遠藤選手が、AFC Player of the Yearに選ばれました。おめでとう!
 本当は、本人も言ってるように、明らかに今年より去年の方が活躍していたわけで、去年は受賞確実と言われながら、ハードスケジュールの中授賞式に足を運んだあげくがっかりさせられたのですが、今年はAFCには珍しく評価の内訳も開示された形で堂々の受賞となりました。(基準がオープンになったせいで、今まで漠然と「アジアNo.1プレイヤー」と思われていたものが、「AFC開催試合で最も活躍した選手」という位置づけが明らかになってしまったのは、少し残念ですが...。)
 AFCの授賞式は、シーズン途中に行われるにもかかわらず、ノミネートされた者は全員出席しないとペナルティーを科されるというなんとも理不尽なものなのですが、今回はマレーシアまで無駄足にならなかったので、よしとしましょう。
 今までの集大成の来年のW杯での本格的「世界デビュー」に向けて、これではずみをつけて、南アフリカでは最高のパフォーマンスを見せて欲しいものです。もちろん、その前にJリーグあと2試合と天皇杯もありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドカード

 あまりこういうことを言うと、天に唾することになりかねないのだが、やっぱりあれは我慢ならない。
 センスのなさも、限度を超えると、それは暴力である。そして、その著しくセンスのない行いを大きな組織が行ってしまう場合は、たとえそれが「道義的に」問題のあることではないとしても、組織としての自浄能力の欠落を指摘されてもしかたあるまい。
 サッカー日本代表の新しいユニフォームの話である。全体はブルーなのだが、のどの下のあたりに日の丸の赤をイメージしたらしい赤い四角い部分がある。サッカーを知っている者なら、100人中100人が「レッドカード」を連想する手頃な大きさの赤い長方形が、新デザインの目玉であるという、前代未聞のユニフォームなのだ。
 サッカーの世界では最も忌むべきレッドカードが連想されるデザイン、だれが見ても、センスうんぬん以前に「間違い」であることがわかるデザインがまかり通ってしまったという事実からわかることが2つある。1つは、最終的な意志決定をする立場の人間がバカだということ、もう1つは、その人物の周囲にはだれも意見を述べることのできる人間がいないということ。
 かわいそうなのは、夢にまでみたW杯の舞台にあれを着て臨まないとならない選手たちである。今ならまだギリギリ間に合う。即刻修正したデザインを発注すべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »