« ロックシューが許せない | トップページ | 「無理しないでね」 »

「前巷説百物語」京極夏彦

 あの「御行の又市」の始まりの物語である。キーワードは「青臭さ」。裏の世界で割り切って生きている連中とは違い、この小股潜りの小悪党は勘定の合わないこと、すなわち世の理不尽にがどうしても気にくわない青臭さがあった。その青臭さこそが、他の悪党たちとは一線を画した道理で行動する又市たちの「仕掛け」の原点なのだ。
 思えば、妖怪シリーズの「京極堂」こと中禅寺の憑物落としにしても、その底流には物事をよりよい形に収めたいという青臭い思いがある。(ちなみに、昨年末に「邪魅の雫」まで読了。) ただ達観しているだけなら、わざわざ出張って行って憑物落としなんかしないのだ。人の心の暗部を描きただ絶望するのではなく、片や、まやかしを見せることで、片や、まやかしを落とすことで、ゆがんだ状況をより「勘定に合う」状態になんとかして持って行こうとする主人公(たち)の想いが背後に感じられるからこそ、この両シリーズは魅力的なものであり続けるのであり、その主人公の青臭さの原点を描いたこの作品は、心の闇が物語世界以上に現実世界で表出しているこの世の中に対する作家の決意表明なのかもしれない。

 この物語の舞台は江戸の町だが、あまり表立って語られることのない江戸の社会の仕組みの影の側面も背景としていろいろ描かれており、勉強になる。関わりなく生きている者から見れば、今の時代とはつながりがないと思われることでも、その歴史を背負って生きている者にとっては間違いなくそれこそが自分たちの歴史なのだろう。そういうことを一度はきちんと理解しておくことも大切。

 ところで、物語とは関係ないのだが、最近気になるのは文庫本の巻末にある「解説」。これを、明らかにその作家の本をほとんど読んだことのない人物が書いていることがとても多いのだ。そもそも、本の内容は読んでわかればいいのであって、古典でもない限り解説という物の存在意義自体が不明なのだが、どうせいらない解説なのであれば、そのシリーズをよく知っている人の当たり前の解説ではなく、初めてその作家の本を読んだ人に感想文を書かせてみる方が面白いという、編集者の思惑なのかも知れない。でも、シリーズ物の最新作で、なおかつ物語中の時系列としては、全ての発端となる物語を、この作品だけ切り離して読ませて書かせた感想文を読まされても、読者は困惑するばかりである。今回の解説の筆者が、ラストの「御行奉為」がシリーズの又市の決め台詞で、それがまさに最初に発せられた瞬間であるということを理解して書いたとは到底思えないのだ...。
 以前読んだ森博嗣や東野圭吾の本の解説では、「この人、明らかにこの作家のこと嫌いだよね?」というような解説もあり、なんでそんなものを読まされないといかんのだと憮然とした記憶がある。まあ、たまに「この人にこの本の解説を頼んだらこんな面白い文章を書いてきた」という「アタリ」の解説もあるから、編集者は当たるも八卦でいろんな人に依頼しているのだろうけど...ねぇ。

|

« ロックシューが許せない | トップページ | 「無理しないでね」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/47424638

この記事へのトラックバック一覧です: 「前巷説百物語」京極夏彦:

« ロックシューが許せない | トップページ | 「無理しないでね」 »