« 狙い撃ち? | トップページ | 帰京 »

手荷物引換証の照合は航空会社の責任だ。

 今年2度目の鹿児島。正月にも思ったのだが、鹿児島空港で手荷物を受け取る際に、手荷物引換証の番号のチェックを係員がやらない。いつからこうなったのかはわからないが、ちょっと前まではちゃんとチェックしていたはずだ。その代わりに、「お取り間違えのないよう、番号をご確認下さい」と呼びかけている。

 何か、根本的なことをはき違えてないか?

 こっちは、大事な荷物を航空会社に預けているのだ。それを受け取る際、流れてくる荷物をみな好き勝手に取って出て行くだけである。「タグのついた荷物を持って出る人はゲートで止めて引換証と番号が一致することを確認する」というのは、手荷物を預かった航空会社の最低限の責任なんじゃないのか。

 航空会社側の理屈はこんな感じなのか。「だから、貴重品は預けるなと言っている。そもそも、引換証のチェックをしても、手荷物をとってすぐタグを外してしまえばわからないのだから、盗まれるリスクは今までと変わらないだろ。取り違えの場合は、間違えた方が自分の荷物を残していくことになるから、すぐわかるし、取り違えないように注意を喚起している。」……ちがーう!
 まず、大事な物を預けるなというのは、機内持ち込み荷物の大きさ制限の厳密化と真っ向から矛盾する。別に、高価な品物や現金・カードの類だけが大事なものではない。カバンにはこれからの旅で必要なものが入っているのだ。必要なものは全て大事な物。
 引換証だけでは、もともとセキュリティとしては弱いというのはたしかにそうかも知れないが、荷物を取ってエリア内でタグを外す行為をさせないように監視するのも当然の責務であるし、少なくとも公然と置き引きをするという行為を抑止する効果は十分あるはずだ。
 取り違えに関して、注意を喚起することで責任を果たしているというのは、考え違いも甚だしい。荷物を預ける者は、あくまでも航空会社に預けているのであって、見ず知らずの不特定多数の手にゆだねたわけではないのだ。

 持ち込まれる荷物のセキュリティチェックに人員を割いているので、出て行く荷物のケアまで手が回らないということなのだろうが、何があっても外しちゃいけないところは外しちゃいけない。

 ところで、これはどこの空港でも同じ状況なのだろうか。前回帰京時には、羽田ではちゃんと係員が見ていた気がするのだが...。

|

« 狙い撃ち? | トップページ | 帰京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/47646615

この記事へのトラックバック一覧です: 手荷物引換証の照合は航空会社の責任だ。:

« 狙い撃ち? | トップページ | 帰京 »