« 新連載開始「数学パズルにトドメをさす?!」 | トップページ | 体質改善 »

涙腺決壊スイッチ

2日前の出来事。

出棺の際に、父が長年指導してきたお母さんコーラスグループの皆さんが、
やなせたかし先生の詩に父が38年前に合唱曲として作曲した「風のある街」を
1コーラスだけ歌ってくれました。

言葉と、メロディーと、
そして、少し涙声が混じりながらも、ふんばって情感をこめて
ハーモニーも崩さずに歌い上げてくれたその歌声に

一気に涙腺が決壊しました。

その曲を最初に聴いた幼少時代への憧憬と
昨日には二度と戻れないという際限のない喪失感と
そしてそのシチュエーションとともに最大限に発現された
「メロディーとハーモニー」の持つ人の心を揺さぶる圧倒的な力への無条件降伏と。

長い間覚悟が必要な状況だったため、臨終の際は泣き崩れる母の横で比較的冷静でした。数日前からほとんど言葉を話すことができず、苦痛を取るための薬で眠ったままの最期だったので、最後の言葉が聞けなかったことが心残りだったのですが、それももう諦念の彼方だと思っていました。でも、家族に、というよりも音楽を愛するすべての人に伝えたいことは、先に全部伝えていたようです。

38年前に仕掛けられた、涙腺決壊トラップ発動。
そのスイッチを忘れずに押してくれたコーラスグループの皆さんに感謝。

...一つだけ困るのは、このトラップは今後無期限で有効らしく、
   不用意にこの曲を口ずさむことが出来なくなったこと。

|

« 新連載開始「数学パズルにトドメをさす?!」 | トップページ | 体質改善 »

コメント

いつもブログを拝見させていただいております。
このたびのお父様のこと、心よりお悔やみ申し上げます。
音楽の力は偉大だと改めて知ることができました。
良いお話をありがとうございました。

投稿: 風の部屋 | 2010.05.03 01:17

風の部屋 様

ご丁寧にありがとうございます。
こういう所に書くべき話題なのか迷ったのですが
思いつくままの独り言を書いている場なので
今回も思ったままに。

最後の最後に音楽について考えさせられたってのが
息子としては「してやられた感」がありますね(^^;
いろいろ消化していくのはまだまだ先です。

投稿: hiro-s | 2010.05.04 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133198/48244812

この記事へのトラックバック一覧です: 涙腺決壊スイッチ:

« 新連載開始「数学パズルにトドメをさす?!」 | トップページ | 体質改善 »