アニメ「巷説百物語」DVD-BOX

 前からその存在は知っていたのだが、巷のレンタルショップ等では見つからず、先日(といっても、だいぶ前だが)、忙しくてむしゃくしゃしてた時に、Amazonで衝動買いしてしまった。ご存知京極夏彦の連作短編を原作としたアニメ作品。2003年10月から1クール、地方局で放送されたもの。
 原作とは違う所は多々あるのだけど、アニメならではの表現の必然性のもと、独自の世界が構築されているので、逆に原作を踏まえたパラレルワールドということで違和感はない。作画も、こだわって書き込んだ部分と、大胆に省略してデフォルメした部分とのメリハリも効果的で、冒険的な表現も破綻せずにしっかり構成されており、非常にポテンシャルの高い制作現場だったことが窺われる。
 京極夏彦の大きな2つの妖怪シリーズ(「姑獲鳥の夏」に始まる長編推理物と、百物語シリーズ)は、基本的に同じような構造を持っている。語り部であり、読者と同じこちら側の世界の住人である主人公(関口や百介)が、「妖怪」のからんだ怪しい出来事に巻き込まれ、怪の世界に通じている仕事人(京極堂や又市たち)がその「妖怪」を始末する(必ずしも退治しているわけではない)。ただし、この仕事人たちのやっていることは、いずれもタネも仕掛けもあることであり、始末しているのは人の心に住む妖怪である。しかし、京極堂の口癖のように「この世に不思議なことなど何もないのだよ」と仕事人たちが言えば言うほど、読者はそこにまぎれもなく存在する妖怪の姿を見てとることになる。このアニメ版「巷説百物語」は、製作者自身が述べているように、あえて又市たちを「不思議な」存在として描いている。それでは世界観が真逆ではないかと思われるかもしれないが、そうではない。本当に描きたいのは、こちら側の世界と怪の世界の狭間にはまりこんでしまった者たちであり、それを描く上でのアプローチの違いにすぎない。小説とは違い言葉で心理描写が出来ないかわりに、目に見える物については身もふたもなく描いてしまえるアニメにおいては、又市たちにも非現実の要素を残した方が、描きたい世界に近かったということであり、実際それは奏効している。
 まあ、そんな分析はともかく、独自の異世界にいざなってくれる良質のエンターテインメント作品であることは確か。(デフォルメされていても、どぎつい表現を受け付けないという人にはあえて勧めはしないが。) ケイコ・リーの歌うOP/EDも、かなり耳に残る。DVD-BOXは約2万円也で少々お高いが、損はしないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイメロ1年目終了

 縁あって(笑)はまってしまったマイメロも、先日の日曜が1年目の最終回。夏以降、なんだかんだ言ってほとんど毎週リアルタイムで見ていたのだが、今回は仕事のドタバタのために、録画で鑑賞。アニメというものをここまではまって欠かさず見たのなんて、いつ以来だろう。2年目の新シリーズもあるとはいえ、最終回にはクリスマス回と同じように涙腺が決壊するのではないかと思ってたのだが、スタッフは感動の最終回を演出するつもりは毛頭なく今回はネタに徹することにしたようで(笑)ドタバタ劇のまま、一気に2年目に突入の様子。あの電波ソングを、全国のテレビの前の子供たちは一緒に歌ったのだろうか(爆)。件のEDも、ラス前の回では思いっきりネタとしても使って頂き、今回で無事お役御免。とりあえず、これまで見たことのないようなおもろいものを1年間見ることができたのは幸せ。どんなに仕事でボコボコになっていても週に1回は確実にハイテンションになれる時間があるってのも、非常にありがたかった。
 来週以降も...とりあえず録画はセットしておこう(苦笑)。

 知らない人のために。テレビ東京系アニメ「おねがいマイメロディ」とは、公式には、サンリオキャラクターの「マイメロディ」が主人公の女の子と共に魔法の力で人々の大切な夢を守ってゆく、「明るくて楽しいキュートなラブコメディ」ということになっているのだが、そのコメディの部分のクオリティが異常に高く、マイメロが究極の天然(?)ボケキャラとして描かれ、あのサンリオのキャラクターとしてはありえないような扱いを受けていたり、ツッコミ役として新登場した異色サンリオキャラのクロミと相棒のバクや、個性豊かな人間キャラたちがまたいい味を出していたりと、「シュールでハイテンションなスラプスティックコメディ」という側面を併せ持ち、子供たちだけでなく親の世代にもうっかりはまってしまう人が続出した問題作。スタッフの中では「オーバークオリティ」というのがキーワードになっていたらしく、ギャグの伏線の引きかたにしても、音楽を使った演出にしても、全てが徹底している。
 白状すると、私は渡部チェル氏のサントラも買ってしまいましたよ。「夢見るチカラ」が収録されているという理由ではなく。(もちろん、今風の劇伴というものの勉強のためということはあるのだけど。) 前出の「オーバークオリティ」という言葉も、サントラの付録の、私もお世話になったインチャネのディレクター氏や渡部チェル氏たちの対談の中で出てきたもの。オーバークオリティが許されて、しかも評価されるというのは、何かを作る仕事をしている者にとっては、非常に幸せなこと。仕事でなくても、人生を楽しむ上での1つのキーワードでもあるよなあ。

 そういえば、「怪物ランド」の平光琢也氏が、今アニメ等の音響監督として活躍しているということを、マイメロのおかげで初めて知った。我々の世代なら、深夜のコント番組「ウソップランド」とかにはまった人は多いだろう。(私もその一人。) 音楽の使い方も重要な意味を持つマイメロのクオリティはこの人に支えられていた部分も大きいのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイメロで号泣(^^;

 先ほど、ようやく今日締切の曲を提出してきた。今回はなぜかmp3ではなくCDで寄越せということだったので、今朝までアレンジやってた私としては、当然ハンドキャリー。事務所のそばのavexのビルがバブリーなクリスマス仕様になってるのを見て、思わずため息。もう26日か〜。
 今年は仕事に追われて、クリスマス当日はそれらしいことは何もなかったなと思い返したら、1つだけあった。縁あって少しだけお手伝いさせてもらった関係で思わずはまってしまい、最近は欠かさず見るようになっている日曜朝のマイメロだが、昨日も仕事の合間(というよりも、朝まで仕事して仮眠をとる前のひととき)に見始めたら、クリスマス仕様の人情話が本当に丁寧に作られていて、意表を突かれて年甲斐もなく涙腺だだもれ状態になってしまったのである。いや、歳だからこそ涙腺が緩んでいるのかもしれんが。
 他のアニメをそんなに見ているわけではないので、比べるのは失礼かもしれないが、この番組を見ていると、本当にスタッフの作品に対する愛情とこだわりを感じる。今回のような感動話であってもギャグの要素にも手を抜かず、両方の要素がバランスよく相乗効果となるような演出も徹底しているし、毎回ちりばめられている小ネタも、過去の回の話を伏線として知っていると全てが物語世界の中で繋がって、笑いも涙も増幅されるっていうしっかりした作りになっている。(もちろん基本はコメディなので、通常の回は「笑い」がメインなのだけど。) そして、今回はまさにその集大成という感じで、初めて見た人にも普通にいい話として観られるけど、回を重ねて観てきた者にとっては、ほとんどこの回のためだけにずっと前から(ギャグの合間に)積み重ねられてきた伏線が全て機能して、大笑いしながら号泣というエンターテインメントとしては最高の成果を挙げたのである。
 そもそも、曲のコンペに参加しなければ、そして、紆余曲折の結果作詞で参加という縁がなければ、日曜の朝の番組など目にすることすらなかったかもしれないのに、しっかり全ての設定を理解してた上で、登場人物(&登場異生物)への感情移入ができる状態でこの回を観ることができたということは、一つの自分へのご褒美として受け取らせて頂きましょう。1年の締めくくりにいい物を見せていただきました。すばらしい番組スタッフに感謝。
 もちろん、挿入曲を使ったすばらしい演出を見ながら、「そこで自分の曲が流れていればいいのに」という黒い夢のオーラ(←今回のを見た人にはわかるネタ)は出しまくっていたのだが(爆)。
 ちなみに、今日作品を提出したコンペも、他のアニメがらみ。アニメ関係以外の曲も書きたいとは思うが、今はこういう流れなら、まずはここでなんとか成果を出さねば。(悪夢魔法に頼ることなく(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (1)