ロックシューが許せない

 「食べにくいけどうまい」という評価が多いようだが、正しくは「味だけみればうまいはずなのに、決してまともに食べることはできないのでおいしく味わうことのできない欠陥商品」である。某コンビニで売っているロックシューの話。

 パリパリの大きいチョコ掛けシューの中にたっぷりのトロトロのカスタード+生クリーム、そのスペックだけでも「絶対にうまいはず」なのだ。スイーツ好きは期待に胸をふくらませて購入する。しかし、その甘い期待も、一口かぶりついた瞬間に確実に起こる惨劇によって夢散する。シューの固さとクリームの柔らかさのミスマッチにより、クリームは必ず横方向に噴出するのだ。それも、ちょっとはみ出す程度ではすまない。
 同じ「固い」でも、シュー全体の構造ががっちりしていて、噛んだ後も歯形の部分を除いて元の形を保つような固さなら逆に問題はないのだが、この商品の場合、上部と下部がそれぞれ固い一枚板になっており、側面が弱いので、かぶりつくと、どんなやりかたをしても歯形が入る前に上下の板に挟まれて全体がペシャンコになる。かぶりつくという選択をする以上、惨劇は免れ得ないのだ。
 これをきれいに食べるには、皿に乗せて、縦に応力をかけないよう気をつけながらナイフでシューを切って、そのシューとクリームをフォークないしスプーンに乗せて食べるしかない。(フォークで突き刺そうとしてもいけない。) しかし、この商品のコンセプトは「美味しくて、手軽に」なのだ。お手軽コンビニスイーツのシュークリームが、「袋のままかぶりついてはダメ」などというのは、明らかに商品としてスペックミス。そんなお上品に食べたいと思ってこれを購入する客はほとんどいないだろう。
 でも、それは商品開発の時点で真っ先に判明していたはずだ。それでも販売されたのは、それが「確実に売れる商品」だからである。欠陥商品なのに売れる理由は、その期待感の高さにある。この手の期間限定商品は、コンビニ利用者の中の甘いもの好きが1回ずつでも購入すれば、十分元が取れるはずだ。また、通常であれば、期待感が高く満足感が得られなければリピーターとはならないと思われるが、この商品の場合必ずしもそうではない。それは、期待感はあくまでも「おいしさ」についてのものであり、満足感が得られないのは「食べるのに失敗したから」と認知されるため、「おいしさ」に対する期待感は損なわれないからだ。むしろ、「次は失敗しないように食べよう」ということが動機となりリピーターとなるケースもあるだろう。どうやってもうまく食べられる代物ではないということに気づくまでに、2〜3回は購入してしまう人も多いはずだ。
 かくいう自分も、最初のチョコロックシューと、次に発売されたイチゴ味版を1回ずつ購入してしまい、2回とも辛酸をなめた。甘い物を食べたい時に、この見た目からくる誘惑はそれだけ強烈なのだ。だからこそ、売れればそれでいいというツメの甘い不誠実な商品開発をなおさら腹立たしく思うのである。別にPL法を振りかざすつもりはない。ただ、スイーツといえば基本はもてなしの心だろう。確実に食べるのに失敗するようなものを商品として世に出すことは、商品開発に関わった心あるパティシエがいたなら必ず反対したはずだ。(ちなみに、イチゴ味ではない最初のものは「的場浩司プロデュース」と銘打たれていたが、彼がこの商品の不具合についてどう考えているか、聞いてみたいものである。)

 まあ、「食い物の恨み」でもあるのだけど(苦笑)、これに限らず、今の世の中、謳い文句となるアイディアだけを重視しその商品本来の絶対外してはならないポイントを確実に外しているインチキ商品があまりにも横行している気がする。

(ところで、なんで今これを書こうと思ったんだったっけ?うぅ、思い出せない...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なめらかなプリン

061005 歯が痛んでいる真っ最中にコンビニで発見し、自虐的な気分で買ってしまった。いや、今回の歯の痛みは、甘いものがしみるとかではなく、噛んで圧力がかかると痛いというやつなので、流動食という意味では間違ってないか(違)。
 ポッカの「なめらかなプリン」。「デザッチャオ」というシリーズらしい。
 いわゆる、「ウィダーインゼリー」タイプのパッケージにプリンが詰まっているという恐ろしい代物である。以前、このタイプのパッケージに朝のお目覚め用コーヒーゼリーが入っているものを買ったことがあり、それはなかなかいいアイディアだと思ったのだが、さすがにプリンは蛮勇というべきであろう。いや、決して不味いというわけではないが、見てイメージしたそのまんまの味なので笑ってしまうのである。しかも、サプリメント系のパッケージにこの激甘高カロリー。「脳が素早い糖分補給を必要としている時に10秒チャージ!」ってとこか。
 商品名が「なめらかプリン」ではなく「なめらかなプリン」であるあたりも、B級っぽくて善哉。Yahooで検索すると「『なめらかプリン』ではありませんか」と一々聞いてくるのでイラっとするのだが。でも、ポッカの公式サイトには一切情報がないのはなぜ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和のしずく

060811_1060811_2060811_3「初めは表面が白く凍っています。ほんのりあんが透けて見えてきた頃が食べごろです。徐々に透けていく姿も一緒にお楽しみください。」

 LOTTE「和のしずく」の箱の裏に書いてある説明。なんだかちょっとエッチ(妄想爆発)。でも、結構おいしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロッコリーとポテトのスープ

060419 ジム通いも、2週間ブランクが空いてしまっていたので、久々に行ったらキツイのなんのって(苦笑)。ランニングマシンも、普段は8km/hからスタートして、最後には時速10km/hまで上げてトータル30分なのだが、今日は9km/hまでが限界。(一応がんばって30分は走ったが。) サーキットトレーニングも2ラウンド目の途中でギブアップ。運動後のサウナにもいつもは冷水浴をはさみながら6分×3回入るのに、今日は4分でダウン。やっぱり、継続してないとダメですな。それでも、今年はジム通いの体力の蓄積があったから、なんとか風邪も引かずにピークを乗り切れた気もするが。また週3ペースを復活させないと。
 ジムの後、よく利用するのが、近くのモスバーガー。昼間の場合は、南側の席が気持ちいいひだまりになっていて、読書にも最適。お気に入りは、野菜たっぷりの「ブロッコリーとポテトのスープ」(460円)。特に冬場は、身体の中から暖まるので、ずいぶんお世話になりました。そこそこボリュームもあるので,バーガー類のセットにこれを付けると、結構ディナー代わりにも。今日のメニューは、プレーンドッグ+グリーンサラダ+ストレートティー+ブロッコリーとポテトのスープ。計657kcal(笑)。バーガーショップで食べるにしては少々お値段的には贅沢だけど、マックとかに比べたら気分だけでもヘルシーだし。
 そういえば、匠味シリーズは、まだ食べてないなあ。今度トライして見ねば。(さすがに、匠味十段はちょっと(笑)。だいたいどうやって食うんだ?アレ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お雑煮

060101
 年越し蕎麦食って、雑煮を食う。これで、日本人の年末年始の3大責務のうちの2つは果たした。あと一つは年賀状だが、帰省中に作成して帰京してから印刷&宛名書きということでご勘弁。(大掃除は?とか初詣は?というツッコミはこの際なしということで。)
 夕べの年越し蕎麦は、お惣菜のイカ天とエビ天を豪華にトッピング。肝心の蕎麦が、いつもの乾麺ではなく生麺を買ってきたら、「細く長く」ではなく、やたら太めでコシがなく短くブチブチ切れてたのは何かのイヤガラセか?(苦笑) 写真は今朝の食卓。お煮しめと赤飯はスーパーのお惣菜で、雑煮のトッピングの椎茸と人参はお煮しめから流用(笑)。まあ、気分の問題ですから。
 というわけで、安上がりな正月は終了。さあ仕事仕事。

 ...とその前に。皆様あけましておめでとうございます。今年もよろしゅうに。

 そういえば、今年はW杯イヤーか。会社辞めてからもう2度目のW杯。月日の経つのは早いもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揚げポテトの彩りサラダ

051209
 午前0時、ジムの帰りの遅すぎる夕食(といっても、私の今の生活サイクルで言うと、昼食時相当なのだが)をとりにジョナサンへ。冬の新メニュー「揚げポテトの彩りサラダ」が非常に気になったので、思わず注文。ジャガイモ、さつまいも、里芋、蓮根を揚げたものがゴロゴロ乗ってて、どうみても炭水化物たっぷりなので、メインの「和風野菜のおろしハンバーグ」には、ライスをつけずに。これでも十分すぎるボリューム。おいしかったけど、普通にサラダとしてつけるなら、2人で1つでしょう。わたくし的には、蓮根とさつまいもが嬉しかった。

 ジムでせっかく絞ってるのに、そんなに食べちゃダメじゃんと言われそうだが、今は体重は現状維持で、まずは筋肉の必要な所の脂肪を筋肉に転化するってのが当面の課題なので、これでいいのだ。(運動だけしてちゃんと食べないと、仕事をする体力が残ってなかったりするし。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手抜きうどん

051013_1
 今日の昼食は、おかずいらずの手抜きメニュー。鶏肉、白菜、えのき、ネギを市販の麺つゆで煮込み、ゆでた冷凍うどんにかけただけ。鍋物のシメの感覚でうどんを一緒に煮込んでもいいけど、今日は別ゆで。ありあわせの物で炭水化物も肉も野菜も全部摂れる速攻メニューは、このパターンで具だくさんにするのが一番楽。沸騰したお湯で1分ゆでるだけのカトキチの冷凍さぬきうどんは、時間のない一人暮らしには必須アイテムである。
 写真で見ると、緑か赤の彩りが欲しいとこですな。味はこれで申し分ないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基本のトマトソース

051006
 自炊する余裕のある時期は、定期的にカレーとトマトソースを多めに作って冷凍しておくことにしている。今日は久々に基本のトマトソースを作成。

<材料>パスタ3〜4食分
・タマネギ1/4個〜1/2個(今日は1/2個使用)
・ニンニク1〜2片(今日は小2片)
・オリーブオイル50〜100cc(今日はさらっと50cc)
・ホールトマト2缶(800g)
・ローレル1枚
・塩少々
・バジリコ適量

<作り方>
・タマネギとニンニクはみじん切りにし、鍋で温めたオリーブオイルに入れ、中火でタマネギが透明になるまで炒める。
・ホールトマトは先にボール等で潰しておき、上の鍋に入れ、ローレルの葉を香りづけに入れて、中火→弱火で30分程煮込む。
・ローレルを取り出し、バジリコを加え、塩で味を整えてよく混ぜたら完成。

 ホールトマトは、煮込みながら潰してもよいが、先に潰しておいた方が楽。バジリコでなくバジル単体を使用する場合は、塩こしょうで味付け。

 今日は、オリーブオイルでソテーしてワインで柔らかくした鳥もも肉に、輪切りの鷹の爪を加え、トマトソースで煮込んだものをパスタソースとして使用。これが自宅で作るパスタでは一番多いパターン。なんとなくオシャレっぽいけど、トマトソースさえできていれば非常にお手軽で、鳥肉をベーコンやツナや茄子等に変えてバリエーションも簡単。パスタソースではなく一品料理用にも使えるし、メニューのバリエーションがすぐ無くなる一人暮らしには、大変重宝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20品目の幕の内弁当2

050923
 自宅で籠って作業の日々が続くと、どうしても食事はコンビニ弁当中心になってしまうが、その中で少しは不健康でなさそうな気がするのがサンクスの「20品目の幕の内弁当2」。なぜ「2」なのかは謎。(プレイバックPart2みたいなもんか?) 魅力はなんといっても品数が多いこと。煮物や鯖が入ってるのも日本人としてはうれしい。これで520円というのはまずまずの価格設定である。本当に栄養のバランスがいいかどうかは分からないけど、トンカツ弁当とか食うよりは。
 いろいろあって現実逃避モード(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗ごはん

050902
 気がつけば、もう9月。今日も晴れてて外が気持ち良さそうだったので、遅いランチを食べに近所のデニーズへ。近所のと言っても、一番近い荒川公園店はいつも騒がしくて落ち着けないので、デニーズに行く時はいつも軽い運動がてら自転車で西日暮里店まで行くのである。ここなら混んでる時間帯でなければ、ノートパソコン持ち込んで仕事してても大丈夫。(セットドリンク分の元を取るぐらいしか長居はしないので、ご容赦を。)
 天気はいいけど、さすがに8月程暴力的な日差しでもなくなってきたので、ちょっと初秋の気分をということで、「海老かき揚げせいろ蕎麦と栗ごはん」に「有機豆腐サラダ」を付けて。一見ヘルシーそうな錯覚を覚えるけど、よく考えたら蕎麦+御飯でカロリー過多(笑)。「初秋彩り御膳」の方にすればよかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)