長友と安田ミチ

 今朝のインテルーローマ戦で、途中出場で長友がサン・シーロデビューを果たしたそうだ。スナイデルと交代で入った長友のクロスにエトーが合わせてシュート(ゴールにはならなかったが)なんてシーンが起こりうるなんて、1年前W杯直前の日本代表どん底ムードの頃に誰が予想しただろう。

 ところで、2008年の東アジア選手権の頃の日本代表の左サイドバックは誰だったか覚えているだろうか。長友はまだ特別指定選手からFC東京に正式加入したばかりの頃。あの中国のGKに跳び蹴り食らって病院送りになったのは、誰あろう元ガンバ大阪の安田理大である。長友の活躍を思うとき、いつも頭の片隅でチクチクと引っかかるのが安田のこと。

 あの頃は、南アW杯に向けて日本のサイドバックは当時20歳の安田と19歳の内田を中心に回っていくだろうとだれもが信じていた。その安田の前に、突然巨大の壁として立ちふさがったのが、長友である。北京オリンピックの頃はまだ、安田・内田・長友の3人が競い合っているという感じだったのだが、次第に長友の桁外れの怪物ぶりが明らかになってくる。ほとんど反則なレベルの無尽蔵なスタミナと身体の強さ。技術的にはまだ未熟なところはあっても、根本の部分で別格なのは誰の目からも明らかだった。そして、代表のサイドバックのもう1人として生き残ったのは、長友同様一応両サイドともできる安田ではなく、右サイドのスペシャリストの内田だった。ある時期から、安田は代表に呼ばれることはなくなった。
 その手につかみかけた未来を、突然現れた怪物にかっさらわれ、ちょっとやそっとの努力では到底太刀打ちできないと悟った時の絶望感は、想像にあまりある。安田ミチのキャラクターから、表向きはあくまでも明るく振る舞っていたが、クラブW杯をピークにガンバでも下平にレギュラーを奪われるなど長い低迷期に突入したのは、勝手な想像だけど長友の存在により味わった大きな挫折によるメンタル面での不調も大きかったのではないかと思う。(もちろん、加地のケガで長期間不慣れな右をやる等の不運もあったのだけど。)

 その安田ミチも、代表のアジアカップでの活躍や長友のインテル移籍といった派手な話題の傍らで、今年オランダリーグのフィテッセに移籍し、ここまで3試合連続フル出場を果たしている。昨期はガンバでもしっかりレギュラーの座を奪還し、チームの序盤の出遅れから最終的に2位に浮上したシーズンに大きく貢献した。W杯で盛り上がった2010年は、安田にとっては復活の第一歩の年だった。そして、スカウトに認められて海外移籍。迷いはなかったはずだ。長友ほど派手ではないが、安田だってしっかりステップアップしている。
 安田にとって長友の存在は事故のようなもの。年齢の順に長友が先に出現していれば、ただの「超えるべき目標」になっていたはず。そう、安田はまだ若いのだ。まだまだ伸びしろはある。長友級のスタミナは無理としても、安田は安田の武器を磨いて、もう一度日本代表に返り咲いて欲しい。そしてあらためて長友のライバルとして名乗り出て欲しい。

 がんばれ、ミチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼らは兵士じゃない

 サッカーの話ばかりでアレなのだけど、これだけは言っておきたい。
 日本サッカー協会は、今すぐサヌアの若き日本代表を帰国させて下さい。

 代表の公式戦だからといって、外務省が一般市民に渡航の自粛を促しており、英米大使館が閉鎖したような状況の国に、将来のある才能にあふれた若者たちを、日本代表の名のもとに送り込むというのは、常軌を逸している。AFCがどんな判断をしようと知ったことではない。たとえそれでアジアカップの出場機会を失ったとしても、彼らこそが日本サッカー協会の、日本のサッカー界の宝なのであって、AFCの言うがままに日本サッカー協会が彼らの身の安全を放棄してどうする。イエメンの他の地域に比べれば、サヌアの治安は確保されているといっても、西側大国の代表なんて、本気のテロリストにとっては格好の標的ではないか。まして、試合中ピッチ上の選手は広いグラウンドの中で全く無防備なのだ。AFCの体質を考えれば、AFCの判断なんて、サヌアの治安当局が大丈夫と言っているからその面子を立てて予定通り試合を行うことにすると言ってるだけだろう。平和ボケの過剰反応と言うなかれ。平和ボケしているのは、あまりにも鈍感な日本サッカー協会の方である。

 かれらはスポーツ選手であって、兵士じゃない。彼らの命より重い勝ち点などありはしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバ終戦

 残念。点差は5−1と大差だが、試合経過を見ればちょっとの差が雪だるま式にふくらんだ結果。二川の反撃ののろしの1点の直後の3点目も痛かったが、足を痛めてる加地を下げてDFを1枚削った直後のルーカスの退場があまりにも痛かった。その時点で、ガンバは追いつくためには守備を捨てるしかなくなったわけで、あとの2失点は必然。
 前半でPJがPKではなくシミュレーションをとられたり、ジャッジがネガティブな方向に転がる不運もあったが、満身創痍のチーム(先発DFが高木以外全員けが人で、橋本不在)にその悪い流れを止める力はなかった。しかも、相手はベストの状態の鹿島である。
 今日浦和が負けたことで、ガンバは3位が確定。シーズンを通しては、あのゲーム差からよくここまでがんばって来期ACL出場権を獲得したことを褒めてあげるしかないが、本当に大事な試合、ACLのRound16の川崎戦と今日の鹿島戦を、いいコンディションで戦えなかったのが今期のガンバ。順位も決まって最終節ホームの千葉戦は完全に消化試合となったので、天皇杯に向けてけが人はゆっくり調整してほしい。なんせ天皇杯の次戦の相手は、ゼロックススーパーカップに始まり今期全敗(うち2試合大敗)のまたもや鹿島なのである。
 その鹿島、最終節の相手が、ACL出場を逃し(厳密に言えば、天皇杯で鹿島・川崎・ガンバのいずれかが優勝すればまだ4位のチームにも可能性はあるが、今節広島も勝ったので自力4位もない)モチベーションが落ちかかってる浦和というのも勝負の流れか。一方の川崎は、今節17時からの試合で大宮に勝てば残留の可能性が残り、全力で向かってくる柏が相手である。ガンバの優勝がなくなったいま、あとは憲剛君が下を向くシーンをもう見たくないので、シルバーコレクターの汚名を返上して川崎に優勝して欲しいところなのだが、その優勝の行方がお家騒動の最中の浦和の意地にかかっているというのは皮肉なところ。浦和が引き分け以上で、川崎が勝てば、川崎の逆転優勝。天皇杯はガンバが連覇してリーグ戦4位のチームにACL枠を残すので、次節浦和はもうひとがんばりしてくれ。(4冠が目標だったうちの3冠を逃した状態の川崎と天皇杯準決勝で当たるのもイヤですし...苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと、です

 ガンバ大阪の遠藤選手が、AFC Player of the Yearに選ばれました。おめでとう!
 本当は、本人も言ってるように、明らかに今年より去年の方が活躍していたわけで、去年は受賞確実と言われながら、ハードスケジュールの中授賞式に足を運んだあげくがっかりさせられたのですが、今年はAFCには珍しく評価の内訳も開示された形で堂々の受賞となりました。(基準がオープンになったせいで、今まで漠然と「アジアNo.1プレイヤー」と思われていたものが、「AFC開催試合で最も活躍した選手」という位置づけが明らかになってしまったのは、少し残念ですが...。)
 AFCの授賞式は、シーズン途中に行われるにもかかわらず、ノミネートされた者は全員出席しないとペナルティーを科されるというなんとも理不尽なものなのですが、今回はマレーシアまで無駄足にならなかったので、よしとしましょう。
 今までの集大成の来年のW杯での本格的「世界デビュー」に向けて、これではずみをつけて、南アフリカでは最高のパフォーマンスを見せて欲しいものです。もちろん、その前にJリーグあと2試合と天皇杯もありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドカード

 あまりこういうことを言うと、天に唾することになりかねないのだが、やっぱりあれは我慢ならない。
 センスのなさも、限度を超えると、それは暴力である。そして、その著しくセンスのない行いを大きな組織が行ってしまう場合は、たとえそれが「道義的に」問題のあることではないとしても、組織としての自浄能力の欠落を指摘されてもしかたあるまい。
 サッカー日本代表の新しいユニフォームの話である。全体はブルーなのだが、のどの下のあたりに日の丸の赤をイメージしたらしい赤い四角い部分がある。サッカーを知っている者なら、100人中100人が「レッドカード」を連想する手頃な大きさの赤い長方形が、新デザインの目玉であるという、前代未聞のユニフォームなのだ。
 サッカーの世界では最も忌むべきレッドカードが連想されるデザイン、だれが見ても、センスうんぬん以前に「間違い」であることがわかるデザインがまかり通ってしまったという事実からわかることが2つある。1つは、最終的な意志決定をする立場の人間がバカだということ、もう1つは、その人物の周囲にはだれも意見を述べることのできる人間がいないということ。
 かわいそうなのは、夢にまでみたW杯の舞台にあれを着て臨まないとならない選手たちである。今ならまだギリギリ間に合う。即刻修正したデザインを発注すべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバ3位死守!

 久々に、ため込んでたサッカーの話題を。

 まず、Jリーグがとんでもないことになっていますね。鹿島がぶっちぎりの首位で今年は波乱はないと思われていたのがまさかの大失速、前節も破れ、代表戦による中断前に行われた残り16分の川崎との再開試合も追いつけなかった時点でついに得失点差で清水にかわされ、首位清水と2位鹿島が勝ち点50、3位ガンバと4位川崎が勝ち点49。優勝どころかACL争いも今年は無縁に思われていたガンバも、いつのまにか首位と勝ち点差1まで接近しました。ガンバ好調の一番の立役者は、なんといっても昨シーズン末から序盤にかけて故障で苦しんだ二川が絶好調なこと。
 それで今節。ガンバは、その二川をはじめ主力数選手がケガで欠場し、先頭グループを追走するこちらも好調広島との対戦で、代表明けかつ病み上がりの遠藤を中心に粘って2点差を追いついて勝ち点1。ここでの勝ち点ロスは痛かったのですが、さえない鹿島がスコアレスドローでつきあってくれて、そして今日は清水が降格リーチの大分の意地に食われてまさかの敗戦。4チームの中で唯一勝ち点3を挙げた川崎が首位にたち、勝ち点差2のガンバは得失点差で清水をかわして3位をキープ。5位から8位の4チームが首位との勝ち点差6で並ぶ大混戦。
 首位川崎の昨日の大宮との試合は、PKを2本外し、相手に2本決められ、それでも3−2で勝ったという大変な試合だったようですが、ジュニーニョとテセがPKを外してくれたのは、この混戦の中では非常に大きな意味があります。今節の時点で川崎とガンバは勝ち点差は2ですが、得失点差では並んでいます。つまり、残り5試合のうち4試合、両チームが全く同じスコアの試合をやったとしても、あと1試合で川崎が引き分けてガンバが最小得点差で勝てば、ガンバは川崎の上に行けることになるのです。もちろん、5試合もあれば、まだまだ勝ち点も得失点も動きますし、昨日の試合でももし2本のPKを外していなければ、テセとジュニーニョのスーパーな3ゴールは生まれなかったかもしれないので、あくまでも机上の話ですが、それでもこれからは1点1点が非常に重い試合が続きます。

 それにしても、白熱するペナントレース以外にもいろんなことが起こるJリーグ。まず気になるのは、例の鹿島と川崎の豪雨による中断の件。
 中断時点から試合再開という判断は結果的には公平に見えますが、スポーツというのはルールに則って行われるべきものだという前提から考えると、大いに疑問が残る経緯です。報道されているように、何らかの理由で中断されてその日のうちに再開できなかった試合については、規定上は「原則として」無効となり、日を改めて0分からの再試合を実施するということになっているようです。したがって、今回の再開試合の判断を妥当であるとするならば、「原則」から外れた裁定をすべき明らかな例外的な事情が存在している必要があります。もしそうでないとすれば、例えば法律や条令に対し裁判所が違憲という判断を下して無効とするように、この規定自体に重大な瑕疵が存在することを認め、利害のからむ関係者の総意のもと、即座に規定を改正することを前提として今回は規定を無視した独自の判断を下した、という発表がないと、筋が通りません。
 報道では、雷を伴わない雨だけで中断したこと自体が前例がないということを取り上げていますが、選手(および、観客・審判)の安全を保証できないような天候不順ということを理由に中断したのであれば、それが雨だろうが雷だろうが変わらないはずであり、雷で中断した試合が無効になった例がある以上、それはなんら例外的な事情ではなく、中断の判断自体の妥当性を別にすれば、むしろ試合が中断になる原因としては最もポピュラーなものでしょう。
 もう一つ、「(当時)上位2チームの直接対決であり、2点差がついていて、残り時間も16分と短いものであった」ということも問題になりますが、そもそも順位や点差や残り時間というのは、試合を無効にする際に不公平感をもたらす最も大きな要因なわけで、それを考慮して判断が変わるのであれば、最初から「原則として無効試合」などという規定になるはずはありません。したがって、この「原則として」の中には、「その時の順位や点差、残り時間がいかなる状況であっても」という内容は織り込み済みであり、それも例外的な事情にはあたりません。
 そうなると、他に「例外的な事情」として考え得るとすれば、「中断するという判断自体が著しく不当なものであった」ということぐらいしか思いつきません。そして、これを根拠に原則から外れた判断をしたのであれば、この日の審判団による雨天中断の裁定は誤りであったということを公に認めなければ、つじつまが合いません。しかしJリーグ側の主張は、雨天中断の判断は妥当であり、なおかつ今回は諸般の事情を考慮して再開試合とし、さらに、規定自体を改正するつもりは今のところない、というものです。これは、いかなる規定も「後出しジャンケン」でいかようにもねじ曲げることができると認めているようなものです。
 また、たとえ明確な規定があったとしても、今回行った「再開試合」というものには重大な問題があります。というよりも、今回の再開試合がつつがなく行われて結果オーライみたいになったのは、むしろ奇跡的なこと。問題なのは、試合再開時に「同じメンバーで再開しなければならない」という点です。(これも「原則として」なのですが。) ケガの多いサッカーというスポーツにおいて、1ヶ月近く空けて再開する試合に同じメンバーがそろうという保証はどこにもありません。また、他国の代表戦や移籍などで出場できなくなる可能性もあります。今回のJ中断期間に例えばテセが北朝鮮代表の強化試合に招集されていたら、国際的な問題になっていたかもしれません。試合が中断してその日に再開できなかった場合の対応が一般に「無効試合」か「途中までで成立したとみなして打ち切り」かの二択なのは、こういう事情があるからです。そういう意味でも、今回再開試合が実施できてしまったというのは、非常に危険な前例を作ったことになります。
 もう1つ、今回問題になった「原則無効試合」うんぬんの規定を含むリーグ戦のレギュレーションが、Jリーグの公式サイトなどで一般にアクセスできる範囲でどこにも見あたらないというのも、結構重大な問題です。サッカーのルールは、基本的にはFIFAがとりまとめているルールブックに規定されていますが、各大会毎に定めるべきルールというものは当然存在し、その両者を合わせたルールに則って各チームは優勝を目指すわけです。もちろん、(その内容がどこまできちんとしているかは別として)それらの規定は明文化された形で各チームにも周知されているとは思いますが、今回のように規定自体が問題になる場合、それが一般に公開されていないと、何が正しいのかさっぱりわかりません。規定自体が公開されず、その規定の超法規的運用が閉じられた会議で決まっていくような状態では、一般からの理解は到底得られないでしょう。(まあ、AFCとかの方がもっとぐちゃぐちゃですが。)

 この夏には、ガンバには恒例行事となってしまった「ブラジル選手の中東による引き抜き」がまたありました。このままいてくれればどれだけ頼りになったかわからないレアンドロを持って行かれ、他にも名古屋がダヴィをとられたのですが、去年までと違うのは、両チームともその移籍金を有効活用して、速攻で効果的な補強をしたこと。ガンバは新潟からペドロ・ジュニオールを変則的な2段階移籍で獲得し(レンタル中だったのを新潟に完全移籍させてもらった上でガンバに完全移籍)、名古屋は豪代表ケネディと浦和から三都主の獲得。PJはチームに完全になじむにはもう少し時間がかかりそうですが、名古屋はダヴィがさほどフィットしていなかった分、非常にいい補強になったようで。リーグ戦こそ前半の出遅れがあって中位にいますが、ACL決勝トーナメントの日本チーム同士のつぶし合いで勝ち抜けたチーム力はこの補強の効果によるところも大。中東からのオファーの額は、常識ではありえないほど高額なわけで、サッカーを生業としているプロである以上、断れるものではなく、移籍した選手を責めるつもりは毛頭ありません。(途中でいなくなるのは寂しいですが。)ACL決勝では、マグノアウベスとダヴィのいるウム・サラルと名古屋の対戦を観たいものです。本当は名古屋ではなくガンバに残って欲しかったのですが、ACLのRound16の理不尽な一発勝負で負けたおかげで、結果的に日程が楽になってリーグ戦で復調したのも事実。リーグ戦とACL両方というのは難しい...。

 あと、国内では、天皇杯でも先日Jチームの出番が始まりました。ピアノが趣味のGK林君が在籍していたことでも知られる学生の強豪流経大と対戦したガンバは、先制されるも後半突き放して順当に勝利したのですが、浦和が地域リーグの松本山雅FCに負ける波乱がありました。ここで注目は元レッズ社長の日本サッカー協会犬飼会長の発言。2回戦が始まる前には、JFLや地域リーグ、大学チームによるジャイアントキリングを期待すると言っていたのですが、浦和が負けると、松本山雅FCを讃えるのは忘れて、浦和のふがいなさを嘆くばかり...。もちろん「報道では」という注釈付きなので、実際の発言はわかりませんが。
 ガンバは今年はクラブWCもないので、是非Jと天皇杯の2冠を目指して欲しいものです。

 だらだらと長くなったので、代表の話や、世界のW杯予選の話はまたあらためて。ここのところ、仕事以外の時間はTVでのサッカー観戦でかなり占められてたから、ちょっと吐き出してリセットしないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんどこそW杯のピッチへ。

サッカー日本代表W杯出場決定おめでとう。
遠藤を応援している自分としては、これから1年間何もトラブルがなく今度こそ本当にW杯にピッチに立てるように祈るばかり。

それにしても、まず審判がシリアという時点で「?」なわけで。本当は、スポーツである以上、ホームだろうとアウェイだろうとだれが審判をしようと、判定がぶれてはいかんのだが、そこはサッカーの残念なところ。まあ、同じイスラム国だからダメといったら、あとは東アジアぐらいしかなく、実際のところもし東アジアの審判だとなぜかもっとアウェイになってしまうだろうというのが日本のポジションの微妙なところなのだが。同じグループのオーストラリアの審判を持ってくるわけにもいかないし。
長谷部が退場になったシーンは、実際のところ肘が本当に入ったのかどうかはよく見えなかったのだが、相手の倒れ方は演技力十分だったので、イエローぐらいは取られるかなと思ったら、線審の事後のアピール(?)でレッド...。流れの中ではなかったので、心証が悪かったのは事実だけど。ただ、自分としてはヤットのイエローのシーンが、あのアジアカップ準決勝のレッドを思い出して肝が冷えた。あのタイミングで1人減ってたらこの試合はヤバかった。なぜか巻き添えを喰らって退席になった監督のインタビューも、勝ったから笑い話。次の試合は大熊コーチが指揮を執るのか?(それはちょっとイヤ(笑))

結局、眠れずにリアルタイムで見てしまったので、録画してるBSの方ではなく、テレ朝で観戦したのだが、またまた松木氏が編集できないタイミングで致命的な言い間違いをしていて笑ってしまった。その後いろんなところで何度もリプレイされた岡崎によるゴールシーンで、「大久保!」って...。一連の流れの中で、その音声は編集できないっていう。ジョホールバルの「岡野〜」ほどではないが、バンコクの「大黒〜」ぐらいには重要なシーンで、今後何十年もリプレイされ続けるはずのシーンを、テレ朝はどう編集するのだろう。実況音声が別トラックになっていれば、あとで実況だけ差し替えるんだろうけど...。

そういえば、ここのところいろんなメディアでやたら遠藤のことを取り上げている。少年マガジンの「遠藤保仁物語」はついコンビニで立ち読みしてしまったが、たしかに今回のW杯には、遠藤の日本人好みのドラマが凝縮されているので、ようやくメディアもそれに気付いたか。取り上げられるのはうれしいが、何を今さらという思いと、ファンとしては北京の時のトラウマから、あまりメディアに期待されると逆に不安になる部分と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高の元日

久々にスポーツを見て泣いた。
いいものを見せてもらった。ありがとうガンバ大阪。
一番がんばったチームが報われた、年の初めのすばらしきフィナーレ。

ACLのディフェンディングチャンピオン枠が廃止され、限りなく重たい意味を持つ天皇杯の決勝に向け、故障を抱えた選手たち。解説もだれも指摘しなかったが明らかに左足でクロスを上げられないコンディションの安田もがんばった。遠藤の驚くべきセルフコントロール、120分で勝利を引き寄せた西野采配、そして幡戸...。

自分も、いいスタートを切らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二川と佐々木

 面白い試合だった。でも残念な試合でもあった。
 最近のガンバの試合を見ていたらわかるが、佐々木と二川がいなかったのは少なくとも西野監督にとっては痛過ぎたはずだ。今日の先発のFW2人は今年のガンバにとってはスーパーサブ。もちろん、出す順序だけが問題ではないのだが、次々に攻撃の選手を投入してフォーメーションを変えながら相手を翻弄する戦いができなかった。今日は変えようにも変える選手がいなかったのだ。二川はベンチには入っていたが、とても戦える状態ではなかっただろう。
 もちろん、フルメンバーで戦ってもマンUに勝てたとは思わないが、PKをもらう幸運がなくても3−5ではなく2−3の戦いはできたかもしれない。運動量が落ちてきたところにルーニーにかきまわされて連続失点しても打つ手がない監督の無念さは想像にあまりある。ロニーがもう少し使えればと思うが、現状はあえて先発で出して途中交代でペースを上げるための探り要員でしかないし。
 メンバー交代なしでも流動的にポジションチェンジをしながら攻め続けた遠藤ら選手たちは素晴らしい。でも、遠藤と二川のダブル司令塔に佐々木のアクセントとルーカスの献身的なプレーで効果的に攻める試合が見れなかったのがなんとも残念。本当はこんなノーガードの打ち合いとは違う、あと一歩も二歩も先の試合を西野監督はやりたかったはずだ。
 日曜の3位決定戦もあるが、それよりも次回も日本代表としてガンバに出てもらうためには、天皇杯をなんとか勝ち上がってほしい。

 C.ロナウドにユニフォームをおねだりしたのはやっぱり安田だった(笑)。PKは、日テレの思惑通りでうれしさ半減。ってゆーか、試合をちゃんと見たいファンを馬鹿にした無駄なリプレーが多過ぎるなあ>中継。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCなんてくそくらえ。

 ACL優勝や、W杯出場は、自らの手で勝ち取るもの。
 AFCのお偉いさんたちの綱引きで適当に決められたアジアMVPなんてどうでもいい。過去の受賞者には悪いが、賞の権威が地に落ちただけだ。(そもそも、去年小野がノミネートされた意味不明の賞でもある。)
 遠藤の今までの歩みを知っている者は、今回の経緯にはらわたが煮えくり返っているだろう。だが、こんなくだらない賞でツキを使わなかったからよしとすればいい。願いはただ1つ、W杯で中心選手としてピッチに立って、そして、1つでも多く勝利すること。その時に、全てが報われる。

 ケガと病気だけはせずに、戦え、われらがガチャピン。
 ヒマラヤで山に登ってる場合じゃない!(って、違うか。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧