さらば防音カーテン

 うちの南向きのリビングの窓には、不細工な防音カーテンが設置されている。一昨年の秋に引っ越しを決意した一番の理由が、隣家の犬の騒音であった。なので、当初は二重サッシの部屋を探したのだが、ご想像通り、わざわざ二重サッシにしている物件というのは、そもそも周囲の騒音があまりにも激しいため、やむなく二重サッシにしているのであって、静かな環境を求めて二重サッシの物件にするのは本末転倒であることが判明した。そこで、人の声や犬の声からはなるべく距離を取るように、少し高い階の部屋にしたのだが、可能な限りの手を打とうということで、スミノエの防音カーテンなるものを導入することにしたのである。
 お手軽な遮音カーテンとは違い、この防音カーテンはかなり分厚く重たいもので、ヒダもとれず、窓をすき間なくシールドしないといけないので、カーテンを閉じている時はなんだか雨戸を閉めて立てこもっているような感じである。オーダーメイドで、お値段も結構なものである。
 それで、肝心の効果であるが...結論から言うと、残念ながらほとんどないに等しかった。おそらく、もともと防音性の低い窓の場合には、防音カーテンをつけることで大幅な改善は得られるのだろうが、最近のマンションのサッシは、二重サッシでなくても、かなり防音はしっかりしているので、そこにこれをつけても、さらなる改善はほとんど得られなかったのである。どうやら、防音カーテンで効果のある帯域の音は、マンションのサッシでほとんどカットされており、サッシを通過してくる帯域の音は、防音カーテンでは止まらないということのようである。
 それでも、高い金を出して買ったものでもあり、効果が全くゼロではないに違いないと信じて、また、遮熱効果は結構有効で冷暖房の効率はよくなっているみたいなので、今まで使い続けてきたのであるが、ここにきていい加減自分をだませなくなってきた。ただでさえ、仕事が在宅ひきこもりWorkなのに、このカーテンのせいで、本当に閉塞した気分になるのである。遮光性が非常に高いので、カーテンを閉めていると、天気や季節感どころか、1日のサイクルもわからなくなる。そして、開けるのに結構手間がかかるので、ついつい閉めっぱなしにしていると、どんどん世間から乖離していくのである。
 そこで、今日、ようやく一念発起して、新しいカーテンを買いに出かけた。うちの窓は、柱の関係でサイズが非常に中途半端であり、普通のカーテンでもオーダーメイドになってしまう。1面はレール長が165cmであり、こちらは少々不格好に余るのを我慢すれば2m用で間に合うが、もう1面が222cmなので、これは既製品では無理。いずれにせよ、高さが190cmというのも半端なので、既製品でも丈の調整は必要なのだが。実は、レースのカーテンは以前の部屋で用いていた寸足らずの物を無理やり付けていたので、今回はドレープとレースの両方を新調することになり、これまた結構な散財である。
 せっかくなので雰囲気をがらっと変えるため、レースのカーテンは夏のイメージのものを選んで、サイズと値段の確認をしてオーダー票を書き終わった頃に「仕上がりまでに2週間程かかります」...って、オイ!! そういうことは先に言ってくれっての。こちとら、この夏を気分よく過ごそうと思ってこれを選んだのに、届くのは7月も半ばかよ...。なんだか非常に損をした気分。というよりも、もうお払い箱と決めたこの不細工な防音カーテンをあと2週間も吊しておかないとならないのが許し難い。やると決めたらすぐやらないと気が済まない私としては、こんなに気分の悪いことはないのである。といっても、カーテン取っ払って露出狂生活をするわけにもいかんし。はぁ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壁の装飾その後

060607_1060607_2 前に書いた、殺風景な賃貸マンションの白壁を装飾しよう計画のその後の進捗は、こんな感じ(未完成)になってます。もっとアーティスティックな絵画ないしポスターを探したのですが、まだこれというものが見つからなかったので、まずは安らぎのための緑の写真ポスターを導入。左側の額には、ハガキサイズの写真が3枚入る枠を入れてあるので、いずれ自前の写真と差し替える予定。そして、ネットの上部には何かちょっとしたオブジェをバランスよく設置できないかと検討中。今日は、ベッドでの読書灯として、スポットライトを買ってきてポールに取り付けました。これには、コンセントに挟むタイプのスイッチ兼調光器を取り付けて、枕元で操作できるようにしてあります。
060607_3 ちょっと残念なのは、横に渡しているポールが、額の荷重で少したわんでいること。これをたわまないアルミの一体成型ポールにでも差し替えれば文句ないのですが。それでも、何もないまっさらの白壁よりは、ずっといい感じ。ネットの部分や額に入れる写真とかでもいろいろ遊べそうだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賃貸マンションの壁の装飾

060512 先週、世間がGWの間の話だが、殺風景な部屋をなんとかしたいと思い立ち、北千住の東急ハンズに手頃なものはないか物色に出かけた。うちは賃貸マンションなので、基本的に壁にクギや画鋲等を刺すことができない。部屋のレイアウトの都合で、ベッドは頭の側が壁にくっつく形で置かれているのだが、そこの壁面が、引っ越して以来ずっと、真っ白な何もない空間になってしまっていたので、前からそこに絵でも掛けられればと思っていたのである。本当は、壁面は何もなく真っ白なまま、真ん中に額が掛かってるという状態が美しいのだが、額の荷重を支えるにはどうしてもネジ釘を刺さないといけないので、借家だとさすがにそれはまずい。そこで、次善の策として、壁のベッドの左右にいわゆる突っ張り棒を縦に2本かまして、その間にさらに横に棒を渡して、物をかけられるようにするという作戦をとることにした。とりあえずその枠だけを設置したのが写真である。今は、せっかくのシンプルな何もない壁面に、無粋なゴツゴツした工事中の足場が組まれているようでイヤなのだが、横に渡す棒と飾る額の配置などで、構成で遊ぶこともできそうなので、まずは1つ中心になる絵画(のポスター)+額を入手して、じっくりレイアウトを考えることにしよう。この枠があれば、たとえばカーテンをかけてがらっと部屋の雰囲気を変えることもできるだろうし。
 ちなみに、使用したのはハンズオリジナル商品の「ロックンポール」たて型。梁の下の高さが約195cmであり、取り付け最小高さが192cmなので、ちょうどびったりサイズである。横に渡す棒はそれなりに強度のあるシンプルな白い棒ならなんでもよかったのだが、ロックンポール専用のフックの形状の都合から径が15mm程度まででないとならず、そのサイズで150cmぐらいのものといえばハンズの工房ではシルバーのアルミパイプぐらいしかなかったので、結局、同じロックンポールの横型ミニタイプを適当な長さにして使うことにした。突っ張りの機能はいらないので無駄だし、途中接続がある分、見た目も悪く、荷重に対してどうしてもたわみが発生してしまうのがいやなのだが、まずは致し方ない。

 今回購入したのは、以下の通り。

・ロックンポール縦型TMセット/ホワイト(ブラケット1個付属) 4,179円×2
・ロックンポール横型ミニL/ホワイト 1,837円×2
・専用ブラケット 525円×2
・Sフック金具2個入り 514円×2

 しめて14,110円也。部屋の壁に穴を開けないというためだけにこれだけの投資をしてしまうという感覚は、賃貸マンション暮らしをしたことのない人にはピンとこないだろうけど、長年賃貸暮らしをしていると、絶対ルールを守ってやるというヘンな意地があったりもするのである。
 それにしても、世間の賃貸マンションに住んでいる人々は、壁面の装飾はどうやっているのだろう。まあ、子供のいる世帯で子供が壁に落書きすることなんかを考えると、意外とみなさん気にせずに平気で釘打ってるのかもしれないけど...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)